【LINE 友だち追加】人気アイテムの入荷告知を最速で。

News RSS



奥会津金山町特産ってマタタビ細工だけじゃなくこんなに美味しいの

コケットでも人気のマタタビ細工の産地、奥会津金山町。作り手さんから思いがけないプレゼントが届いた。奥会津金山町の伝統野菜 赤かぼちゃ。さっそくお礼の電話をかけた。福島訛りの優しい声で栽培の様子やおすすめの料理法などいろいろ教わった。伝統工芸の作り手さんは農家さんであることが多い。夏の時期は農繁期で、マタタビ細工だけでなく竹かごなどの手作りのものは、製作が止まってしまう。今は旬の赤かぼちゃの出荷シーズンで大忙しなのだそう。 さて、いただいた伝統野菜の赤かぼちゃ。さっそく、最もおすすめだと聞いた「煮物」にしてみることにした。切ってみると、驚いた。切った途端に断面から水分が溢れだした。断面についた露を舐めてみたら、渋柿に似た少し渋さを含んだ味がした。甘いよ~とは聞いていたけど、うん、まさに、きっと相当甘いに違いない。さらに包丁を入れながら、水分量は多いのかもしれないけど果肉はしっかりしているからきっと煮崩れはそんなに心配いらないかもしれない。それでも、面取りはしっかりしておこうかな。一個まるまるカットしてしまったら、かなりの分量。食べきれるかな。まあいい、冷蔵庫にあったモロッコインゲンとベーコンも少し、お出汁をしっかり効かせて、おもいきって砂糖なしで煮てみた。やっぱり、お鍋から甘くいい香りが立ち上る。そんなに煮崩れることもなくいい感じだ。ひとつ鍋から取り出して味見してみる。すごい!本当にしっかり甘い。しかも、砂糖を使っていない自然の甘さだから、エグみもなくなんてすっきりした甘さなの。しかもホクホク感がすごくて、まるで栗?!もう、嬉しくなって、お気に入りの尾形アツシさんの器に盛ってみた。ちょっと盛りすぎたかな。こぼれ落ちそうなくらい乗せきれるだけ乗せてしまったけど、たくさん作ったし、ようし豪快に食べよう。せっかくなので、ちょっと調べてみた。福島県奥会津金山町特産の赤かぼちゃ。糖度はなんと18度。メロンより甘い。甘さの秘密は、吊り下げて栽培されることなんだとか。吊り下げることで太陽光がかぼちゃ全体に当たり、カロテンの含有量が増えて甘くなる。糖度が高く日持ちしないことや生産者が少ないことなどもあって、流通量も少なく幻のかぼちゃと言われているのだそうです。よくある赤かぼちゃは、正直甘くないうえ水っぽいものが多く、味は正直どうかなって思う物が多い。けれど、この奥会津金山町の赤かぼちゃは普通のかぼちゃに比べてかなり甘くてホクホクしている。なにせ一番いいのは、砂糖ゼロでもいいというところ。砂糖をカットしたいためにカボチャやサツマイモを活用することはよくある。けど、実際にはあまり効果的でなかったりする。でもこの赤かぼちゃならバッチリだ。お菓子だって充分甘く美味しいものになりそう。いやいや、正直すっかりハマってしまった。まだもう一つあるし、今度は何を作ろうかな。久しぶりに料理にワクワクさせてくれた赤かぼちゃとマタタビ細工の作り手さんに感謝です! 暮らしの道具 Coquette兵庫県朝来市岩津186TEL:079-677-1168Cafe Coquette兵庫県朝来市岩津186TEL:079-678-1716

続きを読む



マスターひとり旅

  久しぶりに大分県へ。マスターのひとり旅。はじめはお墓参りを兼ねた完全なプライベート旅行のつもりが、いい竹細工作家に出会ったり、大分県中津市のコケットではおなじみのオーガニック野菜農園にもおじゃまして、やはりコケットのお客様にご報告したいことができてしまった。   大分県竹細工作家大分県中津市コケットオーガニック野菜農園メープルファーム日出町へ向かった。 以前、岡井さんご夫妻を訪問したのは、ブログで皆さんにご紹介した2019年秋のこと。 あれからずいぶん経ったが、岡井さんご夫妻はお元気そうで何よりだった。オーガニックで農園を続けて来られたのは本当すごいことで、今では岡井さんの技術を学びたいと学生や若者がやってくるのだそう。 しかし若い人たちの就農定着は、なかなか難しいらしく、そのうえ有機農業となると手間がかかることもあってもっと難しい。それでも有機農法に興味のある若い世代は後を絶たない。あとは制度の問題かなとこれからの若い世代に期待されていた。 余談だが、この時ごちそうになった手作りの梅シロップが感動的な美味しさだった。さすがはメープルファームさんだと感心しつつ、コケットで商品化できないかなあ…?と一人模索しながら帰路に就いた。 途中、湯布院の竹工芸家高見八州洋さんを訪ねた。大分県の竹細工といえば白竹が主で、白く輝く美しい竹細工をたくさん見せて頂いた。網目も均等でとてもひとつひとつ手で編んでいるなんて信じられないくらい均等に編まれた網目は本当に見事だ。奥様も同じく竹工芸家でいらっしゃって、夫婦で切磋琢磨し、伝統を重んじつつも伝統にとらわれない新作もたくさん生み出されている。今回の旅行は思い立って急に向かったわりには、得るものも大きかった。このブログには書ききれなかったが、他にもいくつかの出会いもあった。その出会いの種がいつか実を結び、皆さんにご紹介できる日がくればと期待に胸を躍らせている。   暮らしの道具 Coquette兵庫県朝来市岩津186TEL:079-677-1168Cafe Coquette兵庫県朝来市岩津186TEL:079-678-1716

続きを読む



面白い現象が起きている。

  兵庫県朝来市に移転してから、じつは少し以前に比べて、仕事は確実にネット中心になっている。なのに、お客様とのリアルな交流が圧倒的に増えている。店舗の営業は週三日しかない。しかも、予約制。そのハードルを越えて、多くのお客様が来てくださるのは本当にありがたいことで、むしろネット中心になった今のほうがより一層お客様とのリアル交流が増えつつあるという面白い現象を生んでいる。先日、岡山県からわざわざ来てくださったお客様がいた。この方は数年前から、ときどき当店のオンラインショップでお買い物して下さる方で、昨年、まだ大分県にあったCoquetteを目指して、九州旅行を計画してくださっていたけれど、コロナで断念。兵庫県朝来市に移転したと知り、さっそくご来店くださった。Coquetteのためだけに時間と労力を惜しまず、私たちに会いに来てくださる。なんて素敵なことでしょう。他にも、大阪、神戸、京都から、オンラインだけでは飽き足らず、朝来市の店舗へご来店くださる、というより、私たちに会いに来てくださる。本当に嬉しい。そして、逆に遠くなってしまったにもかかわらず、今度は九州から追いかけるようにご来店くださるパターンも。この連休は、博多、小倉、飯塚、別府、中津、熊本などからのご来店もあった。ネットショップは、お客様の顔が見えないぶん、コミュニケーションの取り方に苦慮してしまいがち。そんな中でもこうして逆にリアル交流が増えるなんて、おもしろいことになってきた。しかも、最近とくに目立つのが移住に関する質問や問い合わせが多くなったこと。私たちが古民家をリノベーションしていることやそこでの暮らしなど、SNSなどで発信している内容を見て、「移住」に関連した問い合わせが増えた。そのことは私たちにとっては想定外だったけど、ありのままの私たちの古民家ライフを見て興味を持って下さる方がたくさんいるということに驚きつつ、嬉しくもある。そんな皆様がCoquetteの大黒柱を珍しそうに触ったり、古箪笥に目を輝かせたりしている姿に、私たちも気持ちを新たにさせられる。しかも、これから結婚・子育てをこの但馬でと想定している方も少なくなく、そうなると断然応援したくなってしまって、仕事そっちのけで長話になってしまったりしている。今日もまた、お客様が持って来てくださった特大の大分すいかにかぶりつきながら、またどんな出会いがあるかしらと心を躍らせている。   暮らしの道具 Coquette兵庫県朝来市岩津186 TEL:079-677-1168

続きを読む



ふたりでドライブ、久しぶり。

Coquetteから車で10分ほどのところに青倉山という山がある。その山の中腹に青倉神社というそれはそれは霊験あらたかな神社がある。神社まではさらに車で30分ほど、山道を登っていく。 朝来市に引っ越してからというもの、お店のオープンに向けて忙しくする毎日だった。但馬を知ることもなく、観光どころかドライブすら行ったこともなかったので、今回はじめて、夫婦でドライブに出かけてみた。青倉神社は、昔から目の神様として信仰されていて、その昔はたくさんの参拝者で賑わっていた。いまでは参拝者をほとんど見かけることはないけれど、はるか昔から人々の信仰を集めていた神社だけあって、神聖な空気に包まれた神社だ。 山の巨岩をご神体としていて、神社はそのご神体の岩肌に張り付くように建っている。ご神体の巨岩の岩肌を流れる湧き水をそっと両手にすくってみる。その冷たさに一瞬ぞくっとして、清らかに澄んだ聖水をそっと口にふくんだ。この湧き水で目を洗うと眼病が治るといわれ、昔から目の病に苦しむ多くの人々の信仰を集めて来た。   水を持ち帰る人のために、水を汲みやすい蛇口が設けてある。ここを訪れた時、麓の村の人々が掃除に訪れていた。この神社の神様を大切にお守りしてきた人々の感謝の歴史。神聖な空気と包み込むようなあたたかさをもった雰囲気の理由がわかった。 子供の頃から感じていたけれど、この山は、山全体が荘厳な雰囲気につつまれている。山の麓に入った瞬間、さーっと空気が変わるのを感じる。神聖な領域に入ったんだなと感覚でわかる。軽々しい気持ちでやって来てはいけないような、心をしゃんと正してくれるような独特の雰囲気を持っている。 昔のように多くの人々でにぎわう神社になるといいのにと、一瞬思ったのだけど、いやいや、むしろ今のままのほうが良いかもしれない。きっとこんな山の上まで参拝に来ようという人は、それ相当のモチベーションだろうし、神様もその思いをきっと受け取ってくださる。誠真実の思いをもった人だけが、神様とそっと対話するための場所。青倉神社はそういう場所に違いない。軽々しい気持ちでやって来てはいけないような、心をしゃんと正してくれるような独特の雰囲気を持っている。

続きを読む



公式サイトをリニュールしました。

  このたび、暮らしの道具Coquette公式サイトをリニュールしました。より分かりやすい見やすいサイトになったかと思います。また海外からのお問い合わせが多く、外国のお客様にもご覧いただけるサイトにリニューアルいたしました。これからも「暮らしの道具Coquette」をご愛顧くださいますよう何卒よろしくお願いいたします。暮らしの道具Coquette 鴨谷 通泰

続きを読む