嬉しい出来事

先日とても嬉しい出来事がありました。
いつもネットショップでお買い物してくださっているお客様がご来店くださいました。
熊本県からわざわざお越しくださり、スタッフ一同本当に嬉しかったです。
店内は休日なこともあって、大混雑。
お席にご案内するまでお時間を頂いたにもかかわらず快くお待ちくださり、お買い物も楽しんで頂けたようでした。
でも、せっかくお越しいただいたのに申し訳なくて、お帰りになった後も、もう少しお話ししたかったなあと色々後悔。

はじめはインターネットを通じてだけのお付き合いだったのが、実際にお会いすることができて、コミュニケーションの広がりが生まれる。
そのことがとても嬉しかったのです。

ネットショップを作るというのは、片思いのようなものです。
ページを見てくださるお客様が理解しやすいように意識して文章を書いたり、画像を工夫したりしています。
買っていただいたあとも、使い心地はどうかなあ?気に入っていただけたかなあ?と、思いは一方通行なのです。
それが、ご購入後に感想コメントをいただいたりすると、もうめちゃくちゃ嬉しい。
ラブレターの返事が来た!くらいの感動なのです。

リピート購入してくださる方々の中には、備考欄に一言添えてくださる方などが増えてきて、私もお返事をお返ししたり、少しずつコミュニケーションが進んできました。
お顔の見えないお付き合いではあるけれど、実店舗のカフェコケットでお会いするときと同じ思いでいます。
そして、いつしかコケットを旅先に選んでくださる日のためにカフェの運営も精一杯頑張っています。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

生き方に悩む大人は少なくない。

生き方に悩む大人は少なくない。
生き方とまで大げさに言わなくても、働き方とか暮らし方とか、ちょっと立ち止まって自分自身を見つめ直すことがあります。

私たちも、最近「ちょっと待てよ」と立ち止まって考えなおす機会がありました。
そして、生き方に悩んでいるのではない、居心地が悪いだけなんだということに気づいたのです。
人は、どこに身をおくかで生きやすさが大きく変わります。
良いコミュニティーに身をおくことで人生の質が向上する。
そのことに気づいたのです。

こちらは真摯な対応を心がけていても相手からはそうでない場合があります。
プライベートだけでなく、BtoBの場面でさえも、そういうことが時々あります。
そんなときはものすごく喪失感に襲われます。

ちょっと待てよと立ち止まって、なぜそうなのか考えてみましたが、答えは出ませんでした。
相手に対してなぜそうなのかなんて、考えても仕方がないことだから。

なので、私たちの今年のテーマを「良いコミュニティーに身をおく」にしました。
客商売なんだから八方美人でいいじゃないと言われればそうなんですが、それがどうもできない。
生真面目なのか不器用なのか。

昨年は、オリジナル商品の種類も増えて、Webサイトのインタビュー企画もVol.3まで進めることができました。
そうやって仕事の幅を少しずつ広げていったおかげで、多くの人々との出会いがありました。
様々な人々とコミュニケーションする中で見えてきたことがあります。
それは、価値観の近い人と繋がることでより良い未来へつなげることができるんじゃないかということです。

やりたいことはたくさんあります。
例えば、オリジナル紙袋も制作したい。
けれど、デザインも印刷も、ちゃんと作りたい。
B to C だけでなくB to Bの場面でも、関わってくださる方々にたいして真摯に向き合いたい。
創造性のある人間関係の中でものづくりをしたいのです。

結局、いまのところパッケージデザイン、Webサイト制作、インタビュー、ライティング、すべて自分でやっていますが、時間の捻出には本当に苦労しています。

もしかしたら、今年のテーマ「良いコミュニティーに身をおく」ことが上手くいけば、一緒にものづくりをしてくれる良い仲間に巡り会えるような気がしています。

私たちの活動に共感してくださったなら、どうぞ遠慮なくお声掛けください。
私たちはいつもCoquetteに居ますから。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

年末のご挨拶

本年もコケットをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
今年を振り返りますと、オリジナル商品の種類が増え、ウェブサイトのコンテンツも増えました。
やりたいと思っていたことが少しづつ形になり始めた年でした。

これもひとえにコケットにお越しくださる皆様のおかげであり心から感謝いたします。
またスタッフもだんだんと育ってきてくれて、とても心強い存在です。
本当にありがとう。

来年もますます皆様に楽しんでいただけるコケットとしてより充実するよう精一杯頑張ります。

さて、新年は元旦9時から、皆様のお越しをお待ちしております。
お盆や年末年始などの長期休暇シーズンは、遠方からわざわざお越しくださる方も多く、久しぶりにお会いするお顔を思い浮かべて、いまからワクワクしています。

どうぞ皆様良いお年をお迎えください。
そして、来店もコケットを何卒よろしくお願い申し上げます。

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット 高橋通泰・香

お正月の営業についてはこちら

 


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

磁今-JICONを訪ねて

ずっと念願だった愛用の食器の窯元へ、やっと訪問が叶いました。
このところ12月とは思えないような陽気が続き、急に寒くなった定休日。
この冬はじめてクローゼットから出したコートを羽織り、いつものカメラバッグを肩に、マスターと二人で有田へ向かいました。
コケットのお客様ならお馴染みの食器ブランド「磁今/JICON」を展開する 今村製陶さんは、古くからの町屋が立ち並ぶ有田の目抜き通りにあります。
有田陶器市が催されるときには、たくさんの出店が並び最も賑やかな場所になるメインストリートですが、催し以外の日常は、なんとも静かな田舎町です。

以前、東京でマスターが今村さんとお会いした時に訪問のお約束をして以来、久しぶりの再会。
私ははじめまして。
今村さんは、写真のとおり、気さくで可愛い印象の方なんですが、作品に対する情熱がものすごく溢れているのです。
作品への愛というか仕事への愛というか、そういったものがとめどなく溢れている。
正直とてもシンパシーを感じました。

いま取り組んでいる新しい作品のこと、「磁今/JICON」の器がどうやって出来上がるのか。
陶器ができる工程はなんとなく知っていたし、想像がつくのだけど、磁器となるとどうやって出来上がるのか、原料はどんなものかさえ、よく知りませんでした。
磁器ができるまでの工程を事細かに聞くことができて、いつも使っている食器が生まれる過程を知ってとても勉強になりました。
もちろん、そのあたりのことは詳しく後日またブログにてお知らせしますので、どうぞお楽しみに。

ともかく、とても良い出会いだったように思うのです。
作品にはずっと前に出会っているのですが、その作り手である今村さんには今やっとお会いしたわけで。
何かにまっすぐに取り組んでいる人のなんと清々しいことか。
潔さというか、混じりっけなさというか、単純明快というか。
まさに磁器のごとく白くすっきりとした透明感を感じ、ひさびさに信頼できる人に出会ったような喜びを感じたのでした。

奥様がそっと出してくださった深めの珈琲をいただきながら、今後の展開をお聞きするなかで、僭越ながらもマーケティングアイデアをご提案させて頂いたりして、でもそれがもしも実現したら、本当に素敵なんだがなあ、なんて思いながら帰路についたのでした。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
駐車場をご案内しますので、お声掛けください。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

AI・ドローン、小売業の未来

コケットはカフェですが、暮らしの道具も販売しているショップでもあります。
日々モノを売るという仕事もやっていて、そのうえで小売業のデジタル化とその未来について考えさせられることが多いです。
近年、労働力不足といわれて久しいのですが、たしかにコケットも年中労働力不足で、常に人員募集状態です。
今国会でもその労働力不足を外国からの人材で補おうと新たな法案審議が続いています。
一方、その足りない労働力をコンピューターの力で補おうという流れがあります。
顧客サービスはAI、流通はドローンにという方向へ大きく動いています。
コケットは通販事業もやっているので、コンピューターが舵をとる小売と流通の大きな変革にやはり影響を受けています。
常にデータを分析し、売れ筋商品は何か、どの商品をどの時期に販売するのが良いのか、そういったことをデータをもとに決めていかなければなりません。
コケットのような小さなショップでさえその影響は免れません。

そうすると何が起こるか。
ショップは、需要と供給のバランスから分析して”売れる”と見た商品、つまり安全な商品を選ぶことになります。
やりすぎると個性がないお店になってしまいます。
バランスをうまくとらねばなりませんが、いずれにしても個性にかけ、どこかで見たことあるようなお店になってしまいます。
自分のお店のつもりが、コンピューターが作ったお店になりかねません。

でも、バイヤーの選択は違うことがあります。
バイヤーは経験と勘とセンスで商品を選びます。
いまは全く売れてもないし、広く認知されている商品でもないけれど、その商品にキラリと光る何かを見つけるのです。
モノはすべて人が作り出しています。(今のところ)
それを作り出した人の魂が込められています。
商品になるまでには何度も試作を繰り返したり、アイデアを練り直したりしながら、多くの時間と労力をかけてひとつのモノが生まれます。
何気なく入ったお店で何気なく手に取った、ハサミ・ノート・タオル・お茶碗・お鍋・・・・・
すべては、誰かの魂の結晶です。
バイヤーの仕事は、商品に込められた魂の結晶をそれを使うことで輝かせてくれる誰かにバトンする、そんな仕事じゃないかなと思うのです。

コケットもまがりなりにも通販をやっているがゆえにデータ分析による経営は必須です。
けれど、私たちはもっとアナログでもいいかなと思っているのです。
今までいわゆる流行の商品を取り扱ったこともあります。
たしかにそれはよく売れましたし、お客様はよく知っている商品に出会って喜んで買ってくださいました。
でもその商品、今だから正直に言うのですが、使い心地は全く良くない、見た目重視のデザインと原材料を極限まで削減し、”売ること”を目的としたプロダクトだなと思っていました。
「本当に使って心から良いと思った商品を」というコンセプトから完全に逸脱していました。
この経験は本当に申し訳ないと思っているのです。
猛省しています。
けれど、お客様は大喜びでした。
複雑な心境です。

頑固ですみません。
やっぱり心から良いと思ったものしか売れない性分で、たとえ売れ筋商品だったとしても、嘘はつきたくないのです。

コケットにはよく知られる名の通った商品もたくさんありますが、これは本当にいい!と思った商品がたくさんあります。
作り手の魂の結晶が並んでいます。
誰かが心を込めて人生をかけて作り出したモノ、それが誰かの暮らしに小さな幸せをもたらしてくれる。
そんな素敵な循環が生まれるといいな。
そんなことを思いながら日々お店にたっています。

【実際に使って、心から良いと思うもの】

かご/Deep Baskeet with handle/ディープバスケット

東屋/ジューサー/レモン絞り器

(新入荷)ベレー帽/Le Beret Francais/ルベレーフランセ

(あとわずか)LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/ポケットショール/UNI

(あとわずか)LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/ポケットショール/MARIA

保存瓶/セラーメイト 日本製/密封瓶

ざる/アルマイトざる/松野屋

ケトル1.5L/OPA オパ/Mari マリ

お盆/東屋/あずまや/真鍮めっきトレー


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
駐車場をご案内しますので、お声掛けください。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

マイナスなことも目線をかえれば楽しくなる

11月12日から各テーブルにキャンドルを置くというサービスをはじめているのですが、昨年とはまったく違う現象が起きています。
昨年も冬期間は、お客様のテーブルにキャンドルを出していました。
カフェしかも昼間という意外性もあってか、「あら、素敵~!」なんていうプチ感動リアクションが必ずといってもいいくらいあったのですが、今年はそんな反応がほぼ見られないのです。
むしろ「はい、これこれ」なのか、「そうそう、これね」なのか、もうテーブルにキャンドルがやってくることを知っていたかのような反応。
はじめはこの昨年との差に戸惑ったのですが、よく考えてみれば、キャンドルを出すということはすでにSNSで告知してあることだし、それだけ皆さんがコケットのSNSを見てくださっているっていうことなんだなあと、だんだん嬉しくなってきました。
さすがに無反応だと、なんだかやってるこっちは「もん、なんか反応してよん」って言いたくなってしまうのですが(笑)
キャンドルの灯りに照らされたその笑顔を見て、こちらもお腹の中でムフフと喜びをかみしめているのです。

昼間っからキャンドル?
たしかにちょっと疑問ですよね。

コケットは中津城から歩いて1分という一見華やかな観光地のど真ん中にありそうですが、じつは路地裏にひっそり佇んでいるのです。
観光ルートとは逆方向ですし、観光客どころか生活道路としてもあまり人気のない通りに面しています。
そのうえ、木造平屋という条件も相まって、秋冬の時期はお天気がさほど良くない日はなんだか薄暗い。
このマイナス面をどうしたらいいだろう。
単純に思い浮かんだのがろうそくの灯りでした。
ろうそくの小さな小さな灯りなのですが、各テーブルに点々と照らされた光景は、ゆったりとした癒しの空間を生み出してくれます。
コケットの薄暗い冬をほっこりと温めてくれるキャンドルのある空間。

今度の連休は、金曜日も営業します。
月~木曜日限定のランチはお休みですが、焼きたてワッフルや自家製サワードリンクなどはいつもどおりご用意しています。
サワードリンクは、ホット(お湯割り)も美味しいです。
オープンは11:00~。
早めの時間がおすすめです。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

#カフェと暮らしの道具
https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
駐車場をご案内しますので、お声掛けください。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。