【インタビュー】秘密の舞台裏を大公開!

【Coquette Talk On】インタビュー連載 Vol.2

今回は、フードコーディネーター古賀順一さんのアトリエにお邪魔しました。
古賀順一さんの料理が生まれる秘密の舞台裏を大公開!

コケットマスター高橋:古賀さんって本当にアクティブですよね。
どこでも仕事できる人っていうイメージです。
料理のプロデュースだけでなく、レストランなどから声がかかれば実際に料理人として現場にも立つ。
活躍の場も湯布院だけにとどまらない。

古賀順一さん:ただ湯布院に居ても頭が固まってしまうからね。
僕は湯布院で長く仕事をさせてもらったんで、やっぱり湯布院には“恩”も“縁”もあるから、仕事量としては多いんだけど、湯布院だけにはあまりこだわってないんだよね。
それは、亀の井別荘時代の影響が大きいかもね。
当時、中谷健太郎さんには、日本中いろんなところへ連れて行ってもらった。
やっぱり東京が一番多かったかな。
他にも京都の料亭や神戸のレストラン、近江の熟れ寿司とか珍しい料理も食べ歩いたね。

高橋:わかります。
健太郎さんってそういう人なんですよね。
その“勉強旅行”の中で一番記憶に残っているものってありますか?

古賀:印象深かったのは神戸の「ジャンムーラン」やね。

高橋:美木剛さんですね。

古賀:あそこは料理もサービスも何もかもにパワーが満ち溢れているというか、バイタリティーがすごいよね。
本当に良い勉強をさせていただいたよ。

高橋:日本全国いろんな土地の料理を勉強に行くってすごいことですよね。
それだけ古賀さんが期待されていたってことですよね。

古賀:いやいや、でもおかげで貴重な経験もたくさんさせていただいた。
ある時は、道場六三郎さんとジビエ料理対決なんていう企画があって、イノシシを一頭まるまる使って料理を作るんだよ。
猪肉の内臓シチューとかね(笑)
すきやばし次郎の次郎さんもいらっしゃったね。
懐かしいな。

高橋:けっこうなハードルを飛び越えてきたんですねえ!
俺だったらそんな課題を与えられたら、ストレスできっと剥げるな(笑)

古賀:いやあ、むしろ楽しかったよ。
高橋君も知っての通り、中谷健太郎さんはすごい人でね。
アイデアや発想が常人じゃない。
文化人の友人知人も多くて、本当に魅力的な人。

高橋:はい。よく知っています。

古賀:普通じゃなかなかできない体験をさせてもらったよ。
湯布院だけ亀の井別荘だけでは、頭も固くなるし知らず知らずのうちに錆びついてくるからね。

高橋:僕らもカフェ経営がもちろん主軸ではあるんですが、カフェだけで終わらないように、心の中の三割くらいは常に新しい何かを求めているように心がけているんです。
時代の流れが早いのでおちおちしていられない、気が気じゃない感じは常にあるんです。

古賀:やっぱり外に発信していかんとね。

高橋:でもコレよくあることなんですけど、ネット上ではすごく良くみえているんだけど、実際に体験してみるとちょっと違うなっていうことありますよね。

古賀:ああ、あるね。
グルメサイトで評判のお店に行ってみると正直美味しくないとかね。
前評判が良すぎるとハードルが上がるせいかもしれないけど(笑)

高橋:そうなんですよね。
僕らもその辺はいつも気を付けているところです。
ネット上であまりにも期待して来られちゃうと困るんで(笑)
情報はそこそこに、あとはお客様ご自身の目で耳で舌で五感で、体感してくださいって。

古賀:だからなんかな、コケットのサイトには、カフェ以外のことを書いたブログや記事が多いよね?

高橋:ははは、そうですね。
今日もこうして来てますね。
カフェは、お客様ご自身に体験していただきたくて。
その時にその体験が、10倍楽しくなるとしたら面白くないですか?
今日の古賀さんとのトークを読んでいただくと、コケットオリジナル商品の作り手の顔が見えるのはもちろんのこと、商品への想いとかその商品が生まれる背景みたいなことも情報として知っていただける。
それからご来店いただいて、実際に商品を手に取っていただく、あるいはご購入いただく。
自宅に帰って実際に食した時、その情報も味に含めて楽しんでいただける。
たった一つの商品なんだけど、その楽しみ方がすごく膨らむじゃないですか?

古賀:ああ、なるほど確かにそう考えると面白いね。
情報発信の時代だね。

高橋:古賀さんは、SNSはやらないんですか?

古賀:いやあ、なかなか難しいよね。
俺なんかスマホも使いきらんもんね(笑)

高橋:もったいないですよ。
古賀さんのお仕事ぶりをもっと公表して良いと思うんですよね。
昔の同僚が言ってましたよ「古賀さんは断れない人だから」って。
「なんでも、うん分かったって言う性格やからね」って。(笑)

古賀:あはは、うちのかみさんには「NPOしてる」って叱られてばっかりだよ。

高橋:でもそれが古賀さんらしいなって。
人と人を繋ぐ才能があるんですよ。

古賀:まあ、料理を作るのも同じなんだけど、人に喜ばれるのが嬉しい、そういう気持ちがないとなかなか美味しものは作れんと思うんだよね。

高橋:古賀さんは元々どこから料理の世界に入られたんですか?

古賀:もとは地元の久留米の料亭で修業してたんだけど、24歳のときに亀の井別荘に入って、26歳の時に料理長になってね。
それから約20年間勤めて独立したんやけどね。

高橋:なぜ独立しようと思ったんですか?

古賀:うん、それはね、ずっと若い時から思ってたんだよね。
50歳くらいになったら独立しようって。
自由に仕事がしたいっていう想いがあってさ。
自分の力でどれだけやれるか、挑戦してみたいって思ったんだよね。

高橋:ジャンムーランの美木剛さんみたいじゃないですか。

古賀:いやいや、そんな立派なもんじゃないよ。
ただ、人に使われるんじゃなく自分の力でやりたいって思ったんだよね。

高橋:職人ってそういうものですよね。
独立してこそっていう、情熱を持った人が職人の道を歩いている気がします。
でも、最近はそういう人が少なくなりましたよね。
サラリーマン職人が多くなった。

古賀:たしかに雇われてるほうが気は楽だよね。

高橋:そうですね。
僕もカフェをやってからサラリーマンのほうがどれだけいいかって思いますもん。
でも、自分の店だったら自分の自由に出来るんです。
自分のやったことが来客数や売り上げやお客様の声で、ちゃんと評価として返ってくる。
失敗しても自分のやったことだから、失敗を糧にして、今度はもっと良いものにしてお客様に届けようって、バイタリティーに変化させられるんですよね。

古賀:そう、やり甲斐っていうかね、自分がやっただけのことが自分に返ってくるっていう面白みがあるよね。

高橋:僕は、僕に関わってくれる人が喜んでくれたらそれが一番嬉しいっていうか、儲けたいとか稼ぎたいとかっていう気持ちがあんまりないんです。
じつは。

古賀:そのへんは俺も同じやね。
周りの人間がどれだけ幸せか、そればっかり考えてしまうよね。

(おわり)


【 profile 】

古賀順一(フードコーディネーター)
湯布院亀の井別荘元料理長。
26歳の若さで料理長に抜擢され、その後18年間料理長に就任。
独立後は、DEAN&DELUCA等にて多数のフード商品を展開する傍ら、玉の湯などのフードギフトをコーディネート。その他ウエディング料理のコーディネートなど多くの場で活躍中。
九州を代表するフードコーディネーターとして注目されている。


コケットと古賀順一さんとのコラボで生まれた新商品。
ただ純粋に“食べたいもの・美味しいもの”にこだわってみました。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

野菜のぬか漬け

ランチでぬか漬けをお出ししているので、ときどきランチ用のぬか漬けと一緒に自分の好きな野菜をぬか漬けにしたりしています。
野菜だけでなく果物なんかも意外な発見があっておもしろいんですよ。
この前もリンゴを漬けてみたのですが、これがすごく美味しいんです!
しょっぱくて甘くて不思議な味。
思いついて、冷蔵庫から子供のおやつに買っておいたプロセスチーズを取り出して、スライスしたぬか漬けりんごでサンドしてみたら、これまた美味!
「白ワインに合うなあ~、日本酒もいける」
なんてお酒は飲めない私ですが、いろいろ想像だけは巡らせて楽しんでます(笑)
今度ランチに出してみようかな。
野菜のぬか漬けは、塩漬けに比べてミネラルは2倍に、ビタミンB1・ナイアシンは10倍になるものもあるのだそうです。
す・す・すごい!

ぬか漬けだけでなく、私はどうやら”漬ける系料理”が好きみたいです。
コケットのメニューにもなっているサワードリンクも”漬ける系”ですね。
”漬ける系”は出来上がるまでの待ってる時間が楽しい料理です。
サワードリンクなどは漬けている瓶の姿もまた素敵。
それだけでインテリアにもなります。
これからの季節は、温度的にも失敗しにくい涼しい(寒い)シーズン。
初めての方にもおすすめの季節です。

滅菌性・抗菌性に優れたパーツのすべてが日本製
(はじめてさんには2Lタイプがおすすめ)
#セラーメイトの保存瓶/ガラス製密封瓶


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

#カフェと暮らしの道具
https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
駐車場をご案内しますので、お声掛けください。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

トマトソース(Coquetteオリジナル)

コケットのオリジナル商品は、生姜シロップ、生姜ペースト、ジンジャースライスがあります。
すべて自家製のオリジナルレシピです。
どれもコケットのカフェメニューを持ち帰りたいというお客様の声から生まれた商品たち。
でも今度は、純粋に「食べたいもの・美味しもの」をつくろうと思ったのです。
大分県中津市にUターン移住して、いちばんに感じたのは、食べ物の美味しさでした。
九州の野菜のみずみずしさ、素朴な滋味深い味わい。
その感動は、カフェを始めるきっかけのひとつでもありました。
コケットの野菜づくしのランチも、九州の野菜を思う存分楽しめるランチが食べたい、純粋に自分が食べたいランチをという発想で「本日のごはん~二十四節気~」をはじめました。
今回の新商品も純粋に自分が食べたいものをという発想で作ろうと思い立ち、旧知の仲であるフードコーディネーターの古賀さんにお声掛けして、一緒にコケットのオリジナル商品を作ることにしました。
古賀さんに初めてお声掛けしたときからおよそ半年。
あの古賀さんですから、試作品を食べるたびにどれも本当に美味しい!
すぐにでも商品化したい。
けれど、コケットのオリジナルとして、コケットらしい美味しさってなんだろう。
コケットらしいねとお客様に納得していただける商品にしたい。
コケットらしい商品をつくるために、時間をかけて練り上げました。
練って練って、結局、一周回ってシンプルで素朴な味に落ち着いた感じです(笑)
トマトの美味しさを素直に味わえる。
そんな素朴なトマトソースになりました。
九州を代表するフードコーディネーター古賀順一氏とコケットとのコラボレーションで生まれたコケットのオリジナルトマトソースです。
Hot&Spicyは、ちょっと辛口の大人味。
Sweet&Smoothは、ほんのり甘口でお子様にもおすすめです。
すでに店頭に並んでいます。
下記の公式サイトから通販でもお買い求めいただけます。

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

#カフェと暮らしの道具
https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
駐車場をご案内しますので、お声掛けください。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

ヨーガンレールの社員食堂に来ました。

ヨーガンレールの社員食堂は、一般公開されていません。
年に数回ある展示会などの機会には、バイヤーやプレスなど、社員以外の訪問者も利用する事ができます。
今日は「ごはんとおやつと暮らしの道具店Coquette」の店長高橋通泰が、2018年秋、ヨーガンレール本社を訪れた際の社員食堂での様子をお知らせしたいと思います。

こちらのひときわ趣のある建物がヨーガンレール本社です。
近年、ブルーボトルコーヒーやおしゃれなカフェなどが次々に出店していることでも注目されている東京・清澄白河の閑静な住宅街にあります。

そしてこちらが、ババグーリのショップのエントランスです。
ここでもうすでに、ヨーガンレール・ババグーリの世界観にぐっと引き込まれてしまいます。
緑あふれる階段を上った先にヨーガンレールの社員食堂があります。

大きな窓から見える緑の木々が清々しく、ここが本当に社員食堂かと疑うくらいのおしゃれ空間が広がります。
高橋が訪問した日は、外部からの訪問者を受け入れる特別な日でしたので、それぞれがごはんやスープを好きなだけ盛り付けられるように前方に島が作られていました。

毎回、ヨーガンレール本社訪問で心から楽しみにしているのが、ヨーガンレールの社員食堂でのランチです。
ヨーガンレールの社員食堂は、オーガニックのベジタリアン料理として有名です。
コケットのランチも野菜ばかりのおばんざい料理ですから、よく似ているのですが、ヨーガンレールの社員食堂のメニューはもっと徹底しています。
その季節にできる旬の野菜で、ごはんは玄米、調味料も含めてすべてオーガニックのものを使用しています。

「土に還らないものはつくってはいけない、仕事でも生活のシーンでも環境を考えることが重要です」
これはヨーガン・レールさんのお言葉です。
自然との調和と共生を大切にされてきたヨーガン・レールさんのこだわりが食という場面で表現されているのが、ヨーガンレールの社員食堂なのです。

肉・魚・砂糖を使わずに満足する一皿を作る。
私たちも毎日苦心しているので、それがどんなに大変なことかよくわかります。
ましてや、コケットでは砂糖は使用しますから、砂糖さえ使わないなんてことがどんなにすごいことか。
ごはんは赤米入りの玄米ご飯、たかきびのズッキーニボード、トマトと小松菜のスープ、ラタトゥイユ、キャベツやなすびのぬか漬け、りんごとセロリのサラダ、きのことほうれん草の炒め物。
どれも、口に運んだ瞬間すぐ「美味しい!」とはなりません。
よく噛んで味わって、食べ終わった時には不思議なくらい満足感に満たされる。
じんわり染み込むような美味しさ、それがヨーガンレールの社員食堂なのです。

ヨーガン・レールさんの自然環境への畏敬の念がもっとも込められていて、もっとも表現されていると言ってもいいのが、ババグーリの暮らしの道具です。

環境を汚さない、土に還る素材で、ていねいな手仕事でつくられた服や暮らしの道具など、自分にとって必要不可欠なもの。
それがヨーガンレールのババグーリです。
ごはんとおやつと暮らしの道具店Coquetteにお越しの際は、ぜひババグーリを手に取ってみてください。

#ヨーガンレール #ババグーリ

コケットでは、店主が実際に使って心から良いと思ったものを取り扱っています。


ヨーガンレールの銅鍋

オーガニックコットンタオル

トラベルセット巾着つき

ヨーガンレールの天然石鹸

竹かご燻製仕上げの薄茶色

エレファントグラスのかご

木のスプーン手違い紫檀

木のバターナイフ手違い紫檀


他のヨーガンレール/ババグーリの商品はこちらから



ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
公式サイト https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

ヨーガンレールの社員食堂へ行ったときのこと。

ヨーガンレール,ババグーリ,ヨーガンレールの社員食堂

ヨーガンレールの社員食堂は、一般公開されていません。
しかし、展示会など年に数回ある機会には、バイヤーなど、社員以外の訪問者も利用する事ができます。
この展示会でも、毎回楽しみにしているヨーガンレールの社員食堂へ行ってきました。

ヨーガンレール,ババグーリ,ヨーガンレールの社員食堂

らせん状にぐるりと回る階段を上がったところに社員食堂はあります。
とにかく緑が多くて、これが都会の真ん中とはけして思えない、まるで別世界です。
木製の楕円形のテーブルやコロンとしたフォルムの丸い椅子が点在していて、その間に点々と置かれた観葉植物の緑の葉が静かに揺れている。
まるで、どこかのリゾート地のカフェやホテルのラウンジのようなリラックスできる空間。

ヨーガンレール,ババグーリ,ヨーガンレールの社員食堂

天井は高く、白い壁と大きな窓。
その窓には木々の青々とした緑の葉が風にゆれて、部屋全体がとても清々しく気持ちよい空間です。
ヨーガンレールの本社ビルの中で、最も気持ちがいいこの場所に社員食堂を置かれたのも、自然との共生を意識されているヨーガン・レールさんらしいなと感じました。

ヨーガンレール,ババグーリ,ヨーガンレールの社員食堂

年に数回の展示会のときには、大皿料理がバイキング形式で提供されます。
おいしそうでしょう?
そして、体に良さそうなものばかり。
この日は、お酢を使ったものが多かった印象があります。
そして味は濃くもなく薄くもなく、丁度いい感じ。
おそらく、糖分・塩分は極限まで控えている。そんなお味でした。
味付けは、和風もあれば、タイやベトナムを意識されているようなものもあり、全体的に和食ベースの東洋多国籍料理といった感じです。

ヨーガンレール,ババグーリ,ヨーガンレールの社員食堂

お米や野菜などの食材の一部は石垣島の畑で作られていて、野菜がふんだんに使用されたベジタリアン料理。
それは、ヨーガン・レールさんがベジタリアンだったから。

今回頂いたのは、もずくや舞茸など、てんぷらが数種類となすびのおひたし、胡瓜の酢漬けなど。
ごはんは赤米でした。
定番のぬか漬けが、これまた最高!

ヨーガンレール,ババグーリ,ヨーガンレールの社員食堂

お菓子は、砂糖さえ使用しないという徹底ぶり。
お菓子なのに砂糖なしだなんて!
それもヨーガン・レールさんの食に対するこだわりに沿って作られたもの。

ヨーガンレールの社員食堂で提供される料理のお米や野菜など食材の一部は、石垣島にあるヨーガン・レールさんの畑で作られています。
自然の中での人間のあり方を地球規模で考えて行動されてきたヨーガン・レールさん。
ババグーリのお茶など、ヨーガンレール農場で自然栽培された植物を使用した商品も展開されています。

ヨーガン・レールさんの自然環境への畏敬の念がもっとも込められていて、もっとも表現されていると言ってもいいのが、ババグーリの暮らしの道具です。

環境を汚さない、土に還る素材で、ていねいな手仕事をされた服や暮らしの道具など、自分にとって必要不可欠なもの。
それがヨーガンレールのババグーリです。
コケットにお越しの際は、ぜひババグーリを手に取ってみてください。

#ヨーガンレール #ババグーリ

コケットでは、店主が実際に使って心から良いと思ったものを取り扱っています。


ヨーガンレールの銅鍋

オーガニックコットンタオル

トラベルセット巾着つき

ヨーガンレールの天然石鹸

竹かご燻製仕上げの薄茶色

エレファントグラスのかご

木のスプーン手違い紫檀

木のバターナイフ手違い紫檀


他のヨーガンレール/ババグーリの商品はこちらから



2018年夏、ヨーガンレールの社員食堂へ再訪問した際のブログはこちら


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
0979-22-8234
(金曜定休+不定休)

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。