Coquetteオリジナルアプリ できました!

 

このたび「ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット」のオリジナルアプリができました!
いえ正確に言いますと、昨年ご利用いただいていたアプリを今年はさらに楽しく使いやすくして復活させました。
昨年は初めてアプリを導入した初年度にもかかわらず、なんと約7000人もの方々にダウンロードしていただきました。
じつは、昨年のアプリ制作は一年間限定でのコケットの試みでした。
アプリというツールは、私たちにしてみれば、コケットをお楽しみいただくための方法のひとつ。
シェフの気まぐれランチ的な試みだったのですが、ECサイトとしてはたいそう多いダウンロード数だったということで、じつはインターネット関連の各方面の方々から「なんでやめるの?!」とお声かけ頂いた次第なのです。
アプリ広告もせず、これといった告知もせず、地道に運営していたアプリでした。
たしかに、九州の端っこの小さなカフェではありますが、アプリを通して7000人もの方々にお楽しみいただいたということが、後からじわじわ染みてきまして(笑)
やっぱりこれってすごいことなんじゃない?いやすごいよこれ!
ってことで、数か月間のタイムラグ=充電期間と考察期間を経て、オリジナルアプリを復活することにしました。

もうなんせ、走り始めたらまっしぐらな性格で、7000ダウンロードがすごいのかどうかとか、そういうことはあまり気にしなかったのです。
それよりも、インターネットであれ実店舗であれ、コケットにご来店くださったお客様にいかに楽しんでいただくか、楽しんでいただけているかどうかということばかり考えてしまいます。
たぶんこれからも。

スマホで検索してみてください。

iPhoneの方は、アプリストアから。

androidの方は、Google Playから。

#暮らしの道具 や #北欧雑貨 や #おしゃれカフェ のキーワードで。

 

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)

#カフェのこと

#暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

コケットの働き方改革 続編

 

今まで定休日はあっても、私たち自身は休みといえるような休みを一日もとっていないことに、周囲の人々から「もっと普通に働けないの?」というお言葉をもらうことがあります。
昨日のブログを読んだお客様から嬉しいお言葉を頂きました。
「コケットさんはお客さんも多いし、良いお店だからそこまで頑張らなくてもいいんじゃない?」
私たちもそれができたらどんなにいいかと思います。

国の統計では、全国の喫茶店数は平成8年の約10万店から平成26年には約7万店と、この18年間でおよそ30%減少しています。
個人経営だけで見ると、およそ45%も減少しています。
しかし、法人・団体つまりスターバックスやサンマルクなどのチェーン店の店舗数は、ほぼ横ばいか10%程度の減少に留まっています。
いずれにしても、喫茶店は全国的に減少傾向です。
それに反してコーヒー飲料の消費量は、平成8年の約35万トンから平成26年の約46万トンと増加しています。
コーヒーを飲む文化の裾野は広がったけれど、その場所は喫茶店でなくても良いという時代になったのでしょう。

コケットでは、開店当初からコーヒーはサブ的存在です。
ドリンクメニューのメインは、看板商品の自家製生姜シロップとサワードリンクです。
コケットはカフェですが、コーヒーのオーダーは本当に少ないです。
だからといって、コーヒーをどうでもいいなんて思っているわけではありません。
今まであえてアピールしたことはないのですが、コケットのコーヒー豆は湯布院塚原高原の珈琲焙煎所木馬さんの当店オリジナルブレンド豆を使用しています。
ご注文を受けてから豆を挽き、ハンドドリップで淹れています。

ありがたいことにお客様からワッフルが美味しい、ランチが美味しいと言っていただきます。
もちろん、そのための日々の努力は怠りません。
けれど、もっと大切なのは「美味しいプラス○○の部分」だと思うのです。
コケットのコンセプトは、「遠くからやってきた友人をおもてなしするようなそんな気持ちで、心と体に心地よい空間をご用意しています」です。
美味しいプラス心地よいおもてなしと心地よい空間を大切にしています。

味覚は十人十色です。
コケットのワッフルを美味しいと思って下さる方もあれば、そうでない方もあります。
心地よさも十人十色です。
コケットのカフェ空間を心地よいと思ってくださる方もあれば、そうでない方もいらっしゃるでしょう。
誰もが好む味や誰もが好む居心地を追及するのは、大手チェーン店にお任せしたいと思います。

私たちは個人店です。
すべての人に好きといってもらえなくても、ご来店くださったお客様に「来てよかった」と思っていただけたら、そのために精一杯頑張ります。

この20年間で、喫茶店の半分が消えてしまったこの時代に、それでもカフェコケットに行きたいと思っていただけるように。
やっぱり、定休日も働いてしまいます(笑)

これじゃあぜんぜん働き方改革になっていませんが(笑) これから!これからです!

 

 

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)

#カフェのこと

#暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

コケットの働き方改革

 

コケットの働き方改革について考えてみました。
そもそも、40歳を過ぎてこの仕事を選んだ理由も私たち家族の働き方改革でした。

働き方改革には、経営の安定と成長が不可欠です。
売り上げが増えれば働き方だって変えられる。
とはいえ売り上げ倍増なんてそう簡単なことではないから、まずは何かを減らしたり我慢したりして経営を安定化させるほかありません。
飲食店としては、原材料の質を落とすわけにはいきません。
最も近道で経費削減できるのは人件費。
そのため経営者の長時間労働は常態化し、そのしわ寄せは家族に向かう。
「飲食店はブラック」なんて表現される悪循環が作られてしまいます。
家族との幸せな暮らしのために、家族との幸せな時間を犠牲にして働く。
次第になんのために働いているか分からない無力感に包まれていく。
そうなってしまっては、まったく本末転倒です。

カフェやレストランは、愛する家族や仲の良い友人とともに食卓を囲む、幸せの場所です。
幸せのカフェでは、働くスタッフも幸せでなくてはと私は思います。
そして初めて、お客様の幸せのために働くことができるのだろうと思います。

正直いって、昨年までのコケットは本末転倒の状態でした。
なかなか思うようにスタッフを育てることができず、二人だけで続けていける形を模索して、試行錯誤の連続でした。
やむを得ずランチをお休みした時期もありました。
定休日も今のような週一日ではなく、時には週三日も定休日をいただいた月もありました。
そんな営業形態ですが、経営者の私たち夫婦は休みを一日もとっていませんでした。
カフェを閉めてでもやらねばならないことが山のようにあったのです。

そんな中でも私たちが続けて来れたのは、コケットにお越しくださるお客様が、日々増え続けたことでした。
年々お客様が増えていくこと、そして遠方からわざわざお越しくださるお客様も増えていることに、心から感謝しています。

今年に入って、少しずつですが新しいスタッフが育ってきて、カフェとネットショップの経営を両立させていける見通しがついてきました。
カフェでは、おもに夫とスタッフが、ネットショップの運営は私が行っています。
いまのところ、この形がもっともスムーズかなと思います。
いずれは、カフェとネットショップがもっと一体化したサイトに、そしてサイトを通じてカフェコケットそのものをお客様にもっと楽しんでいただけるように、成長していきたいと思っています。

コケットの働き方改革は、いま始まったばかりです。
スタッフもお客様も幸せでいられるそんなお店でいられるように、すべては皆の笑顔のために。

 

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)

#カフェのこと

#暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

花の役割

ありがたいことに、コケットはご近所の方々やお客様などからお花をいただくことが多いのです。
なので、店内のあちこちにお花を活けています。
花を飾ると暮らしそのものが生き生きとしてくるから不思議。
普段の生活で頻繁に季節の花々を活けるのは、実際にはちょっとハードルが高いですよね。
お店をやっているからこそ楽しめることなのかもしれないと、思う存分店内を花いっぱいにしています。
せっかく頂いたお花を枯らせるのはもったいないので、ドライフラワーにしたり。
そんな中で思うのが「花のパワーってすごい!」
その空間に花があるだけで、疲れた心を和らげてくれたり、ちょっと緊張する相手との会話も穏やかにしてくれたり。
花には花の役割っていうものがあるような気がします。

カフェにも役割があると思います。
おなかを満たすためなら他にもたくさん良いお店があります。
美味しい珈琲が飲みたい時は、きっとコーヒー専門店のほうがもっといいです。
花に役割があるように、コケットが誰かの役に立つ存在になっていればいいな。
そう思いながらお花を活けています。

今は、やっぱり紫陽花。
紫陽花はいろんな色が楽しめるのがまた魅力的。
天井には、スモークツリーのドライフラワーがたっぷり、まるでお花畑みたいに賑やかで楽しいですよ。

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
0979-22-8234
(金曜定休+不定休)

カフェのこと https://peraichi.com/landing_pages/view/cafecoquette
暮らしの道具のこと https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

太宰府でフィンランド

今日は、biotopeさんの企画プロデュース展をマスター高橋通泰によるレポートでお届けしたいと思います。

いま太宰府天満宮で行われている「太宰府、フィンランド、夏の気配。”石本藤雄 陶展 実のかたち”」に行ってきました。
コケットが日頃からお付き合いのあるbiotopeさんの企画プロデュースということで以前から楽しみにしていた展示でした。

石本藤雄氏といえば、70年代からマリメッコでテキスタイルデザイナーとして活躍され、その後90年代からはフィンランドを代表する陶器メーカーARABIA社のアート部門にアトリエを構え、僕の生まれる前からテキスタイルそして陶芸の世界で大活躍されてきた”北欧アート界”の巨匠です。
そんな石本氏の作品にふれられる機会はそうそうないので、とても貴重な体験でした。

太宰府天満宮という古風で和風な舞台に広がる北欧の夏。
シュールでアーティスティックな不思議な感覚を覚えつつ、会場の中へ。
写真OKということだったので、せっかくなので一枚ぱちり。

そのうえなんと!展示作品に直に触れてもいいのだそう。
と言われても、そんな作品展示は初めてで、恐る恐るちょこっと触ってみたりして。

冬瓜や太宰府天満宮のシンボル梅の実などをモチーフにした作品がごろんごろん、あっ、あちらこちらに。
陶というアート表現は、東洋人の得意分野だとばかり思っていたのですが、北欧の日用品とりわけ北欧食器を知って以来、これほどまでに東洋と北欧の文化が融合する世界はないと感じてきました。
今回の石本藤雄氏の作品展はそのことを心底感じさせられるものでした。

北欧食器や北欧文化にご興味のあるかたはぜひ足を運んでみてください。
今回のレポートでは触れていませんでしたが「津田直写真展辺つ方の休息」同時開催中です。

「太宰府、フィンランド、夏の気配。”石本藤雄 陶展 実のかたち”」
会期:2018年5月12日(土)~7月1日(日)9:00~16:00
会場:太宰府天満宮 宝物殿企画展示室・文書館
〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4-7-1

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
カフェのこと https://peraichi.com/landing_pages/view/cafecoquette

暮らしの道具のこと https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

小さな種をみつけてください。

お花見シーズンの大忙しが終わり、最近のコケットは少し落ち着きを取り戻した感じです。
「ここに来ることが楽しみなのよ」
「日常のストレスをここへ来て開放してリセットするの」
そんなお言葉を頂くことが増えました。
コケットには、大パノラマの雄大な景色もありません。
マイナスイオンを浴びる森林の中にあるわけでもありません。
けれどお客様は「ここへ来ると癒される」と言ってくださいます。
それは、まさに店主冥利に尽きるお言葉で、このお店をやってて良かったなあと実感する瞬間です。
Coquetteとは、フランス語で「女性らしい」という意味合いをもつ言葉です。
Cafe Coquetteは、女性達が自分を解放して心から癒されるそんな空間を作りたい、そしてそんな女性達を暖かく見守ってくれる男性たちに楽しんでいただきたいと思いオープンしました。
仕事のこと、子育てのこと、親や祖父母の介護、ご近所やコミュニティの人間関係、エトセトラ。
女の仕事って幅広くて終わりがないうえに、公と私の境目もあいまい。
だからついつい「私」をないがしろにしてしまいがち。
女は損だわとか、なんで女だけこんな思いをするんだろうとか、ネガティブになってしまう前に、ストレスをリセットすることがとても大切だなあと思うのです。
家事も仕事も子育ても、なんでも楽しめるんだから、女に生まれて得したなって思えたら、人生は楽しい。
コケットには、人生を楽しくしてくれる小さな種を散りばめています。
お客様は、その種を見つけてはちょっと嬉しくなったり、癒されたりしてくださっているのかなと思います。
これからも、小さな幸せの種をいっぱい蒔こう。
「人生いろいろあるけど、結果オーライ。」
「最後ににっこり笑えたらそれでいいよね。」
今日も店頭で、お客様とそんな会話を楽しみました。

 

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
0979-22-8234
(金曜定休+不定休)

カフェのこと https://peraichi.com/landing_pages/view/cafecoquette

暮らしの道具のこと https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分 Pあり
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。