日本初の個展 ルート・ブリュック

今回の東京出張は、いつもと少し違います。
楽しみにしていたアーティストの展覧会を観るため、今回は時間に余裕をもって日程を組んでみました。

楽しみにしていたアーティストとは、フィンランドを代表するセラミックアーティストのルート・ブリュックです。
ルート・ブリュックってだれ?
という方も多いかもしれません。

彼女は、戦後、アラビア製陶所を代表するアーティストとして活躍しました。
夫はイッタラでも有名なデザイナーのタピオ・ヴィルカラです。
旦那様のほうが日本ではご存知な方も多いでしょうね。
というくらいレアな美術展で、日本で初めて行われるルート・ブリュックの個展です。

セラミックアートという芸術は、日本ではあまりなじみがありませんが、北欧やヨーロッパなどキリスト教文化が濃い地域ではなじみ深い芸術のようです。
とくに北欧は、長い冬の季節を家の中で過ごす時間が多いため、インテリアに関する文化が発展しました。
セラミックパネルなどのウォールアートは、北欧では一般的です。

展覧会が開かれたのは東京駅にある東京ステーションギャラリーという美術館です。
駅に美術館があるなんてちょっと面白いですね。
東京駅にはホテルもあるし、郵便局もデパートもある。
東京駅だけで生活できそうなくらいなんでも揃っています。

美術館の中には、こんなレトロな場所もちらほら。
東京駅といえば赤レンガ。
赤レンガと北欧芸術のコラボが、とてもユニークな展示になっていました。

記念に一枚。
東京は、どこへ行っても外国人ばかりで、写真撮影を頼むにも人選に苦労するのですが、さすがにこちらの美術館は日本人が多くて頼みやすかったのでホッとしました。

北欧アートやセラミックアートにご興味のある方はぜひどうぞ。


フィンランドを代表するセラミック・アーティスト、日本初個展。
ルート・ブリュック 蝶の軌跡
会場 東京ステーションギャラリー
公式サイト https://rutbryk.jp/


マイナスなことも目線をかえれば楽しくなる

11月12日から各テーブルにキャンドルを置くというサービスをはじめているのですが、昨年とはまったく違う現象が起きています。
昨年も冬期間は、お客様のテーブルにキャンドルを出していました。
カフェしかも昼間という意外性もあってか、「あら、素敵~!」なんていうプチ感動リアクションが必ずといってもいいくらいあったのですが、今年はそんな反応がほぼ見られないのです。
むしろ「はい、これこれ」なのか、「そうそう、これね」なのか、もうテーブルにキャンドルがやってくることを知っていたかのような反応。
はじめはこの昨年との差に戸惑ったのですが、よく考えてみれば、キャンドルを出すということはすでにSNSで告知してあることだし、それだけ皆さんがコケットのSNSを見てくださっているっていうことなんだなあと、だんだん嬉しくなってきました。
さすがに無反応だと、なんだかやってるこっちは「もん、なんか反応してよん」って言いたくなってしまうのですが(笑)
キャンドルの灯りに照らされたその笑顔を見て、こちらもお腹の中でムフフと喜びをかみしめているのです。

昼間っからキャンドル?
たしかにちょっと疑問ですよね。

コケットは中津城から歩いて1分という一見華やかな観光地のど真ん中にありそうですが、じつは路地裏にひっそり佇んでいるのです。
観光ルートとは逆方向ですし、観光客どころか生活道路としてもあまり人気のない通りに面しています。
そのうえ、木造平屋という条件も相まって、秋冬の時期はお天気がさほど良くない日はなんだか薄暗い。
このマイナス面をどうしたらいいだろう。
単純に思い浮かんだのがろうそくの灯りでした。
ろうそくの小さな小さな灯りなのですが、各テーブルに点々と照らされた光景は、ゆったりとした癒しの空間を生み出してくれます。
コケットの薄暗い冬をほっこりと温めてくれるキャンドルのある空間。

今度の連休は、金曜日も営業します。
月~木曜日限定のランチはお休みですが、焼きたてワッフルや自家製サワードリンクなどはいつもどおりご用意しています。
サワードリンクは、ホット(お湯割り)も美味しいです。
オープンは11:00~。
早めの時間がおすすめです。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

#カフェと暮らしの道具
https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
駐車場をご案内しますので、お声掛けください。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。