ここ盲点だったかも。

ご飯は固めが好き?それともやわらかく炊いたご飯が好きですか?
おかずなら毎日いろんな料理を食べるけど、ごはんって毎食ですものね、それなりにこだわる人も多いと思います。
最近は、土鍋で炊くという人も多くて、あの「おこげ」がまた美味しいですよね~。
お米の種類にこだわったり、土鍋なのか炊飯器なのか、お茶碗の素材や形も重要です。
でも、案外見落としがちなのが「お米を洗う」道具じゃないでしょうか。
実家の母は昔からお米を洗うのはステンレス製のザルを使っていました。
いちおう米研ぎ専用にそのざるを使ってはいるものの、ステンレス製のザルって米ぬかがたまりやすく、またついついうどんの水切りに使ってみたり、野菜洗いに使ってみたりして、やっぱり時々スポンジに洗剤をつけて洗っています。
そうすると、洗剤はきれいに落としても、もともとスポンジに染みていた油分やに臭いがいつのまにかザルに移っていて、その次にお米を洗って炊いたとき、なんとなく味が落ちる。
炊いたお米がいかにもという臭いがするわけではないのだけど、やっぱり香りも落ちるし味も落ちる。
案外ここ盲点だったかもって思ったわけです。

竹は抗菌性に優れた自然素材です。
洗剤を使わず水洗いだけで使用したい、米研ぎざるにはうってつけだと思います。
お米を洗った後、ざっと水をくぐらせてはい終わり。
水切りかごの上に干しておくだけ。
朝昼晩とどうせまた何度も使います。

最近のお米は精米機の精度が上がったおかげもあって、昔のようにゴシゴシ洗わなくてよく、水の中でざざざっとかき混ぜる程度の洗い方でOK。

ズボラな私は「○○だけ」が大好きで、干しておくだけとかさっと拭くだけとか(笑)
そうなると作りも素材もシンプルなものが良いのです。
なかでも竹はお気に入り素材のひとつです。
丈夫で長持ちなところも良いです。
暮らしの道具は相棒のようなもので、気の合う仲間とはなるべく長く付き合いたいものです。

【米研ぎざる】
https://kurashi-coquette.jp/SHOP/fks-kmb.html


≪あたたかいコメントお待ちしています♪≫

↓ホームページ↓
https://kurashi-coquette.jp/

↓ブログ↓
https://kurashi-coquette.jp/blog/

↓Facebook↓
https://www.facebook.com/cafecoquette/

↓Twitter↓
https://twitter.com/cafecoquette

↓Instagram↓
https://www.instagram.com/cafecoquette/


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり(ご案内します)

駐車場はご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

ごかご 5月3日カートOPEN!!

お待たせいたしました。
ごかご、再入荷につきカートOPENします。

原材料の篠竹の減少や職人の減少など、昨今、竹かごは希少価値が高く再入荷には日数をいただいております。
とても多くのお客様が、再入荷を今か今かとお待ちくださり本当にありがとうございます。
たくさんのお客様にお待ちいただいていることもあり、今回作り手さんにはなんとか無理をきいて頂き、いつもより多めに入荷できることになりました。

カートのオープンは令和2年5月3日21時です。
店舗は休業中のため、オンラインショップのみのお取扱いとなります。
(カートはご決済ボタンを押していただいた時点で在庫減数となりますので、ご了承ください。)

竹水切りかご/岩手鳥越/ごかご/竹かご

https://kurashi-coquette.jp/SHOP/tg-gkg.html


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり(ご案内します)

駐車場はご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

すっかりトリコになってしまった。

宙吹きという言葉をご存知でしょうか?
ガラス食器を作るときの成形方法のひとつで、吹き竿のさきに巻き取ったガラス種を宙空で吹いて成形する方法です。
日常使いのグラスは型で作ったものがほとんどだったのだけど、一度宙吹きグラスを使ってみると、そのなんともいえない温かさにすっかり虜になってしまっています。

グラスの脚といいますか、カップの下の持ち手部分を「ステム」というのですが、このグラスの商品名にステムと名付けられたのには納得です。
水飴がとろんと流れ出たような透明なガラスの輝き、向こうの景色がゆらっと曲線になって見えている。
装飾的でなくあくまでも自然な佇まい。
一般的なグラスよりは太めなんだけど、そのぶん安定感を生んでいる。
カップを透かしてみると、ハケで掃いたような筋目が見えます。
これは「はし跡」と呼ばれるもので、火の中から取り出したガラスに息を吹き込んでガラスを成形する際にできる痕跡です。
一点一点、職人の手によって作り出されるため大きさや形も個体差がうまれる。
デザインの原型となったのは、18世紀から19世紀にかけてのイギリスの品。
産業革命前後の工業製品らしいタフさとそれまでの手工業製品の両方の個性を併せ持つ独特の雰囲気を今に蘇らせている。
そのためかアンティークな雰囲気もあって、日常にこそ使いたいグラスです。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり(ご案内します)

駐車場はご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

お日様に干す。

このところ雨続きで、なんだか気持ちもすっきりしないなあと思っていたら、今日は短い時間だったけど晴れ間が見えた。
ここぞとばかりにいつもの相棒たちを最近お気に入りのかごに入れて、干してみた。
久しぶりのお日さま消毒。
お箸やまな板などの木製のモノは、漂白剤に漬けるわけにもいかず、日々使い続けるうちになんとなくくすんでくる。
そんなとき、私はよくお日様に干す。
人間もそうだけど、モノたちも日差しを浴びるとなんだかちょっとスッキリしたような、まるで熱い風呂にぐっと浸かって上がってきたときのような、さっぱり感を感じるのです。
こういう作業にはやっぱり竹かごがいいな。
しかも風通しの良い、めの粗いやつ。
水切りかごにも使えるし、なんならお茶碗を入れたままキッチンの片隅に置いても、それはそれで、佇まいもよい。
まさしく、こんなカゴがほしかったというカゴです。
今年の春も、コケットの店頭にはいろんなカゴが並びます。
今年はどんなカゴにしようかな~。
いまからワクワクしています。

【竹かご/岩手鳥越】
https://kurashi-coquette.jp/SHOP/tg-gkg.html

【食器】
https://kurashi-coquette.jp/SHOP/bt-dsb-01.html

【カッティングボード/東屋】
https://kurashi-coquette.jp/SHOP/az-ktb-01.html

【竹の箸/ババグーリ】
https://kurashi-coquette.jp/SHOP/ba-kbh.html


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

白木の曲げわっぱ-柴田慶信商店

とても美しい白木のお弁当箱が入荷しました。
天然杉を使用した伝統工芸品「曲げわっぱ」です。
この度ご縁があり、秋田県大館市にある柴田慶信商店さんの曲げわっぱをお取扱いすることになりました。
柴田慶信商店さんの曲げわっぱは、ウレタン塗装せず白木のままで仕上げています。
天然の秋田杉は、ご飯の水分を程よく吸収し、冷めても美味しいごはんにしてくれます。
白木ならではの天然杉の香りが食欲をそそりますし、杉の抗菌効果でご飯が傷みにくくご飯を詰めてから常温で一昼夜も痛まず持つほどなんです。
こんなきれいなお弁当箱なら、昨夜の残り物のおかずでも立派なお弁当に演出してくれそうですね。

形状は3種類。
大きめの小判型は男性でも満足してくれそうな650mlサイズ。
小さめの小判型は400ml、丸型弁当箱は両方の中間くらいの500mlです。
小判型には仕切り板が入っています。

箱には、お手入れ方法など白木の取り扱い方が丁寧に解説された説明書も入っています。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

暮らしの道具(ヨーガンレール・ババグーリ)

日用品、雑貨、生活用品、暮らしの道具。
いくつかの言葉で表現されるこれらのモノたちは、取るに足らないものといえばそうかもしれない。
けれど、毎日のように目にし手に取る道具は、案外重要な存在だったりもする。
台所でいつも使うお鍋じゃなく、今日は違う鍋で作ってみたら、ぜんぜん味が変わっちゃったなんてこともある。
有名な食器ブランドだからとかそういう基準じゃなく、自分の手に馴染みしっくりくるという感覚こそ、暮らしを豊かにしてくれるものだと思う。
そういう意味でもつくづくいいなあと思うのが、ババグーリのカトラリー。
ちょっと大きめのスプーンとか、煮込み料理にちょうどいい柄の長いレードルとか。
紫檀という木材でできていて、紫檀は仏壇や楽器などにも重宝される希少価値の高い木材です。
それを蜜蝋で仕上げてあるこのしっとりとした輝きもまたいい。
キッチンやダイニングにさりげなく置いてある。
散らかしてるんじゃなく“置いてある”になるんだなあこれが。
とくに台所仕事なんて毎日のことだから、キッチン道具にこだわってみるのもいいかもしれない。

【コケットで買えます】
店頭のみのお取扱い品もあります。

ヨーガンレール・ババグーリ

https://kurashi-coquette.jp/SHOP/163003/list.html


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。