竹の花

竹の花って見たことありますか?
そういえば、竹に花が咲いている姿って、もちろん見たこともなければ想像すらできません。
じつは、コケットで取り扱っている竹製品に「市場かご」と「弁当かご」があるのですが、その製造元のもみじ交遊舎さんから「しばらく出荷困難になるかもしれません。」と連絡がありました。
理由を聞いてみると「いやあ、竹の花が咲いちゃったんで…」とのお答え。
なぜ花が咲くと竹細工が作れなくなるのでしょう?
竹は花が咲くと枯れてしまい、次の竹が成長するのに最低でも1年、材料として使用できる竹になるまでにはさらに数年かかるというのです。
「竹は60年に一度しか花を咲かせないんです。それが今年咲いちゃって…。」
なんと、竹は60年に一度だけ花を咲かせる植物なのだそうです。
種類によっては、120年に一度だけ花を咲かせるものもあるそうです。
花が咲いたら枯れてしまう竹。
つまり、いつそうなるか分からないので、常に材料の竹を備蓄するわけにもいかず、この度そのレアな瞬間に出会ってしまったというわけです。
そう聞いて、竹について少し調べてみました。

竹は日本中どこにでも自生していて、農家の裏山といえば竹林が思い浮かぶくらい、日本人にはとてもなじみ深い植物です。
私も春になるとタケノコを楽しみによく食べますし、市場かごなどの竹製品は暮らしのなかの大切な道具です。
けれどその生態は、じつはよく知りません。
60年に一度しか咲かない花なら、生涯のうちに竹の花を見られるかどうかさえわかりませんね。

竹は地下茎で繋がってどんどん増えてゆく植物です。
一本の地下茎からまるで毛細血管のように縦横無尽に伸びてゆき、地域一体を竹林にしてしまいます。

伸び盛りのタケノコの1日24時間の伸長量は、マダケが121cm、モウソウチクが119cmと発表されています。
ものすごい勢いですよね。
このものすごい勢いで成長する竹は、ほぼ一年で成長してしまい、ひたすら地下で伸びては芽を出し一年で竹になる。
そしておよそ60年たったある日、花が咲いて枯れてしまう。
60年というのも確かではなくて、67年という説もあって、科学的な解明はされていないのです。

馴染みのある関係だけど、じつはよく知らないなんてことはありますね。
竹は私たちの生活にとても馴染み深い存在ですが、そんな植物だなんて初めて知りました。

そんな竹製品、コケットでは「市場かご」と「弁当かご」があります。

”市場かご もみじ交遊舎”

”弁当かご もみじ交遊舎”


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

コケットとゆかいな仲間たち

コケットは、夫婦ふたりだけではじめたお店ですが、いまでは心強い仲間が増えました。
今お店で頑張ってくれているスタッフは、主にふたり。
おっとり系の優しい面持ちのKさん。
スタイル抜群しっかり者のMさん。
コケットのWebサイトの写真にもときどき登場します。
私も含めですが、みんな子育て真っ最中のママたちです。
カフェは、たいていマスターとスタッフの計2人で運営しますが、連休などの忙しい日は、スタッフが二人ともお店に出ることもあります。
私はというと、頼もしい二人のスタッフのおかげで、事務所での作業が中心です。
もっぱら通販部の仕事が主で、カフェには忙しい時の助っ人として時々顔を見せるくらいです。
撮影した画像を編集したり、記事を書いたり、お客様のお問合せメールに対応したりというのが、私の最近の主な仕事になっています。
そんな状態なので、今のコケットはオープン当初のような夫婦二人だけのこじんまりしたお店ではなくなっているかもしれません。
それでも“こじんまりした小さな古小屋”の雰囲気は保つように心がけています。

そして、今日も撮影でした。
モデルは、スタッフのMさん。
今日が初モデルとは思えない堂々としたウォーキング!(笑)
春から秋にかけて、行楽や日常使いにも大活躍してくれそうなかごバッグの撮影です。
ここ最近は暖かかったのに、今日に限って妙に寒い。
気温は6℃!
冷蔵庫のような寒さの中、薄着に耐えて頑張ってくれました。

今年もかごバッグがたくさん入荷しています。
どうぞ店頭で、そして当店の公式サイトでご覧になってみてください。

写真でMさんが持っているかごバッグはこちらです。
ストローかご革手横長


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

再入荷!

今日はめずらしく、再入荷のお知らせというベタなブログを書いてみることにしました。
商品が入荷したらそのことをお知らせするのが本来なのかもしれないのですが、私はどうもそういうお知らせブログがあまり好きではなくて、いままで再入荷があっても特にお知らせすることもなく、というのが当店の常でございまして、反省をこめて今日は再入荷のお知らせをさせて頂きます。

お知らせしないとお叱りをうけるかなと思うくらい、じつはとても重要な商品が入荷しました!
なんて、ちょっと大げさでしたが、たしかに「入荷待ってます」というお声が多いNo.1商品がこちら↓

【再入荷】保存瓶 ガラス製 セラーメイト 日本製 密封瓶
https://kurashi-coquette.jp/SHOP/sm-tmb-01.html

な~んだあれか、という声が今聞こえましたが、コケットにご来店くださっているお客様にはおなじみのあれ、そう、コケットのカウンターにいつも並んでいるサワードリンクが入っているあの瓶です。
このセラーメイトの保存瓶をお買い上げいただいたお客様には、サワードリンクのレシピをお教えしていますので、おうちでもサワードリンクを楽しみたい!という方にもおすすめしています。
サワードリンクを自分で作りたいとまでは思わないし、特段こういったものに興味もないしという方には、ただの瓶に見えます。
たしかにただの瓶です、はい。
梅干し付けたり、果実酒つくったりするあれね、はいはい、スーパーなんかで見るよね、赤いフタのとかさ。
って思ったとおもうのですが、いやいやそれが、これは全然ちがうんですよ。
私はもともと“漬け込みもの”が好きで、昔からいろんな種類の瓶を愛用してきましたが、いまはセラーメイト一途になりました。
というのも、まず失敗知らずになりました。
“漬け込みもの”というのは、数週間・数か月かけて料理するもので、雑菌が入ってしまうと繁殖して失敗となってしまいます。
その点、このセラーメイトは、すべて分解できて滅菌消毒が可能です。
しかも少ないパーツで単純な構造というのも面倒くさがりな私には本当にありがたい。
金具は、プロが使う厨房機器ではおなじみの18-8ステンレス製で、耐食性・耐熱性に優れ、サビにくく清潔に使いやすい特性を持っています。
パーツのすべてが日本製です。

梅干しやサワードリンクだけでなく、粉類の保存にもおすすめです。
一人暮らしの方ならお米を入れるのも良いですね。
パン作りが好きなら、強力粉やデコレーションシュガーとか。
お好み焼き粉なども密閉力の高いセラーメイトなら安心ですね。

もしもご興味を持ったという方は、コケットへ。
4リットルと2リットルの2サイズあります。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

【インタビュー】秘密の舞台裏を大公開!

【Coquette Talk On】インタビュー連載 Vol.2

今回は、フードコーディネーター古賀順一さんのアトリエにお邪魔しました。
古賀順一さんの料理が生まれる秘密の舞台裏を大公開!

コケットマスター高橋:古賀さんって本当にアクティブですよね。
どこでも仕事できる人っていうイメージです。
料理のプロデュースだけでなく、レストランなどから声がかかれば実際に料理人として現場にも立つ。
活躍の場も湯布院だけにとどまらない。

古賀順一さん:ただ湯布院に居ても頭が固まってしまうからね。
僕は湯布院で長く仕事をさせてもらったんで、やっぱり湯布院には“恩”も“縁”もあるから、仕事量としては多いんだけど、湯布院だけにはあまりこだわってないんだよね。
それは、亀の井別荘時代の影響が大きいかもね。
当時、中谷健太郎さんには、日本中いろんなところへ連れて行ってもらった。
やっぱり東京が一番多かったかな。
他にも京都の料亭や神戸のレストラン、近江の熟れ寿司とか珍しい料理も食べ歩いたね。

高橋:わかります。
健太郎さんってそういう人なんですよね。
その“勉強旅行”の中で一番記憶に残っているものってありますか?

古賀:印象深かったのは神戸の「ジャンムーラン」やね。

高橋:美木剛さんですね。

古賀:あそこは料理もサービスも何もかもにパワーが満ち溢れているというか、バイタリティーがすごいよね。
本当に良い勉強をさせていただいたよ。

高橋:日本全国いろんな土地の料理を勉強に行くってすごいことですよね。
それだけ古賀さんが期待されていたってことですよね。

古賀:いやいや、でもおかげで貴重な経験もたくさんさせていただいた。
ある時は、道場六三郎さんとジビエ料理対決なんていう企画があって、イノシシを一頭まるまる使って料理を作るんだよ。
猪肉の内臓シチューとかね(笑)
すきやばし次郎の次郎さんもいらっしゃったね。
懐かしいな。

高橋:けっこうなハードルを飛び越えてきたんですねえ!
俺だったらそんな課題を与えられたら、ストレスできっと剥げるな(笑)

古賀:いやあ、むしろ楽しかったよ。
高橋君も知っての通り、中谷健太郎さんはすごい人でね。
アイデアや発想が常人じゃない。
文化人の友人知人も多くて、本当に魅力的な人。

高橋:はい。よく知っています。

古賀:普通じゃなかなかできない体験をさせてもらったよ。
湯布院だけ亀の井別荘だけでは、頭も固くなるし知らず知らずのうちに錆びついてくるからね。

高橋:僕らもカフェ経営がもちろん主軸ではあるんですが、カフェだけで終わらないように、心の中の三割くらいは常に新しい何かを求めているように心がけているんです。
時代の流れが早いのでおちおちしていられない、気が気じゃない感じは常にあるんです。

古賀:やっぱり外に発信していかんとね。

高橋:でもコレよくあることなんですけど、ネット上ではすごく良くみえているんだけど、実際に体験してみるとちょっと違うなっていうことありますよね。

古賀:ああ、あるね。
グルメサイトで評判のお店に行ってみると正直美味しくないとかね。
前評判が良すぎるとハードルが上がるせいかもしれないけど(笑)

高橋:そうなんですよね。
僕らもその辺はいつも気を付けているところです。
ネット上であまりにも期待して来られちゃうと困るんで(笑)
情報はそこそこに、あとはお客様ご自身の目で耳で舌で五感で、体感してくださいって。

古賀:だからなんかな、コケットのサイトには、カフェ以外のことを書いたブログや記事が多いよね?

高橋:ははは、そうですね。
今日もこうして来てますね。
カフェは、お客様ご自身に体験していただきたくて。
その時にその体験が、10倍楽しくなるとしたら面白くないですか?
今日の古賀さんとのトークを読んでいただくと、コケットオリジナル商品の作り手の顔が見えるのはもちろんのこと、商品への想いとかその商品が生まれる背景みたいなことも情報として知っていただける。
それからご来店いただいて、実際に商品を手に取っていただく、あるいはご購入いただく。
自宅に帰って実際に食した時、その情報も味に含めて楽しんでいただける。
たった一つの商品なんだけど、その楽しみ方がすごく膨らむじゃないですか?

古賀:ああ、なるほど確かにそう考えると面白いね。
情報発信の時代だね。

高橋:古賀さんは、SNSはやらないんですか?

古賀:いやあ、なかなか難しいよね。
俺なんかスマホも使いきらんもんね(笑)

高橋:もったいないですよ。
古賀さんのお仕事ぶりをもっと公表して良いと思うんですよね。
昔の同僚が言ってましたよ「古賀さんは断れない人だから」って。
「なんでも、うん分かったって言う性格やからね」って。(笑)

古賀:あはは、うちのかみさんには「NPOしてる」って叱られてばっかりだよ。

高橋:でもそれが古賀さんらしいなって。
人と人を繋ぐ才能があるんですよ。

古賀:まあ、料理を作るのも同じなんだけど、人に喜ばれるのが嬉しい、そういう気持ちがないとなかなか美味しものは作れんと思うんだよね。

高橋:古賀さんは元々どこから料理の世界に入られたんですか?

古賀:もとは地元の久留米の料亭で修業してたんだけど、24歳のときに亀の井別荘に入って、26歳の時に料理長になってね。
それから約20年間勤めて独立したんやけどね。

高橋:なぜ独立しようと思ったんですか?

古賀:うん、それはね、ずっと若い時から思ってたんだよね。
50歳くらいになったら独立しようって。
自由に仕事がしたいっていう想いがあってさ。
自分の力でどれだけやれるか、挑戦してみたいって思ったんだよね。

高橋:ジャンムーランの美木剛さんみたいじゃないですか。

古賀:いやいや、そんな立派なもんじゃないよ。
ただ、人に使われるんじゃなく自分の力でやりたいって思ったんだよね。

高橋:職人ってそういうものですよね。
独立してこそっていう、情熱を持った人が職人の道を歩いている気がします。
でも、最近はそういう人が少なくなりましたよね。
サラリーマン職人が多くなった。

古賀:たしかに雇われてるほうが気は楽だよね。

高橋:そうですね。
僕もカフェをやってからサラリーマンのほうがどれだけいいかって思いますもん。
でも、自分の店だったら自分の自由に出来るんです。
自分のやったことが来客数や売り上げやお客様の声で、ちゃんと評価として返ってくる。
失敗しても自分のやったことだから、失敗を糧にして、今度はもっと良いものにしてお客様に届けようって、バイタリティーに変化させられるんですよね。

古賀:そう、やり甲斐っていうかね、自分がやっただけのことが自分に返ってくるっていう面白みがあるよね。

高橋:僕は、僕に関わってくれる人が喜んでくれたらそれが一番嬉しいっていうか、儲けたいとか稼ぎたいとかっていう気持ちがあんまりないんです。
じつは。

古賀:そのへんは俺も同じやね。
周りの人間がどれだけ幸せか、そればっかり考えてしまうよね。

(おわり)


【 profile 】

古賀順一(フードコーディネーター)
湯布院亀の井別荘元料理長。
26歳の若さで料理長に抜擢され、その後18年間料理長に就任。
独立後は、DEAN&DELUCA等にて多数のフード商品を展開する傍ら、玉の湯などのフードギフトをコーディネート。その他ウエディング料理のコーディネートなど多くの場で活躍中。
九州を代表するフードコーディネーターとして注目されている。


コケットと古賀順一さんとのコラボで生まれた新商品。
ただ純粋に“食べたいもの・美味しいもの”にこだわってみました。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

トマトソース(Coquetteオリジナル)

コケットのオリジナル商品は、生姜シロップ、生姜ペースト、ジンジャースライスがあります。
すべて自家製のオリジナルレシピです。
どれもコケットのカフェメニューを持ち帰りたいというお客様の声から生まれた商品たち。
でも今度は、純粋に「食べたいもの・美味しもの」をつくろうと思ったのです。
大分県中津市にUターン移住して、いちばんに感じたのは、食べ物の美味しさでした。
九州の野菜のみずみずしさ、素朴な滋味深い味わい。
その感動は、カフェを始めるきっかけのひとつでもありました。
コケットの野菜づくしのランチも、九州の野菜を思う存分楽しめるランチが食べたい、純粋に自分が食べたいランチをという発想で「本日のごはん~二十四節気~」をはじめました。
今回の新商品も純粋に自分が食べたいものをという発想で作ろうと思い立ち、旧知の仲であるフードコーディネーターの古賀さんにお声掛けして、一緒にコケットのオリジナル商品を作ることにしました。
古賀さんに初めてお声掛けしたときからおよそ半年。
あの古賀さんですから、試作品を食べるたびにどれも本当に美味しい!
すぐにでも商品化したい。
けれど、コケットのオリジナルとして、コケットらしい美味しさってなんだろう。
コケットらしいねとお客様に納得していただける商品にしたい。
コケットらしい商品をつくるために、時間をかけて練り上げました。
練って練って、結局、一周回ってシンプルで素朴な味に落ち着いた感じです(笑)
トマトの美味しさを素直に味わえる。
そんな素朴なトマトソースになりました。
九州を代表するフードコーディネーター古賀順一氏とコケットとのコラボレーションで生まれたコケットのオリジナルトマトソースです。
Hot&Spicyは、ちょっと辛口の大人味。
Sweet&Smoothは、ほんのり甘口でお子様にもおすすめです。
すでに店頭に並んでいます。
下記の公式サイトから通販でもお買い求めいただけます。

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

#カフェと暮らしの道具
https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
駐車場をご案内しますので、お声掛けください。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

感動のレモン絞り器

我が家の台所にまた新しいメンツが加わりました。

これがもう、ちょっとした感動ものなのです。

レモン絞り器にハンドル付きのポットが付いた。

ただそれだけのことなのに、このジューサーのおかげで我が家の食卓がぐ~んとレベルアップしました。

お鍋のポン酢がしぼりたての手作りになったし、サラダのドレッシングもその場で出来立てを楽しめる。

買い置きの心配もなくなって、一石二鳥とはまさにこのこと。

もう革命といっても良いくらいの素敵な道具だと私は思うのです。

磁器だから電子レンジもOK。

ポットに白ワインやバター、塩コショウなどを入れて絞り器でオレンジをぎゅうっと搾り、電子レンジでチン。

チキンステーキやポークソテーのオリジナルソースも簡単に作れちゃう。

あとはポットのまま食卓へ。

ポットのまま食卓に出せちゃうってところが、私はお気に入りです。

温かい料理を温かいうちに食べたいのはやまやまですが、いくつかの料理を一度に出すってなかなか大変。

もたもたやって少し冷めたチキンステーキでも温かい出来立てのソースをかければもうご馳走です。

朝、搾りたてのジュースを飲むのも最高。

溝はしっかりシャープなので、最後の一滴までストレスなく絞り切れます。

種は受け皿に残るので、果汁だけをきれいに漉しとれます。

この使い心地の良さもこのジューサーの魅力のひとつです。

このジューサーがひとつ我が家のキッチン道具に加わっただけで、こんなにも食生活を豊かにしてくれるなんて。

ころんと丸い形状に白一色。

無駄のないシンプルな機能美にあふれた形は、和食、洋食、中華、エスニック、あらゆる食卓にしっくりきます。

ポットの注ぎ口は、本体の他の部分より釉薬を薄く仕上げることで、切れが良く、液だれしにくい構造なっています。

絞り器とポットとの噛み合わせもストレスゼロ。

だから果汁を絞るときも不安なくしっかり力を込めて、これでもかってくらいに絞ることができます。

もう本当に気持ちいいくらいに絞れるので、お手元に届いた方はぜひやってみてください。

新鮮な搾りたてジュースを楽しむようになってから、果物の直売所にも足しげく通うようになりました。

どれを絞って飲もうかなと考えながら買い物するのが楽しくて。

感動のレモン絞り器!
#東屋/ジューサー

搾りたてジュースを飲むならこのグラスで!
#東屋/コップ

グラスといえばやっぱこれ!
#iittala/カルティオ


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。