情報が溺れることってある。

ときどき、ちょっと困ったなってことがある。
今日も、初めてコケットにご来店してくださったお客様に言われたお言葉「なんか思ってたのと違う」という言葉。
「インターネットを見て来たんだけど、ネットの情報とお店がなんか違う」ということらしいのです。
そうなんです。
その方はどうやらだれかのブログか情報サイトを見てご来店になったらしいのですが、そこにあった情報が古く、リニューアル前のメニューや写真が載っていたみたい。
以前は店内の雰囲気やメニュー構成など、正直、 若い女性むけだったと思う。
今は、大人の方々にも満足していただけるよう幅を持たせている。(つもりです。)
今回のお客様はハタチ過ぎくらいの若い女性。
なんというか、もっと軽い感覚のお店かなあと思っていらしたようです。
ファストフード店のような感覚でしょうか?
でも実際に来てみると、店内に他のお客様も多数いらしたけれども、なんだか静がで落ち着いてるし、ちょっと大人な雰囲気。
ハタチ過ぎくらいの若い女の子にとっては、もしかしたら居心地よいとはいかなかったかなあ。
インターネットには、様々な情報・個人的感想が溢れています。
それらはあくまでも書き手の個人的感想だし、掲載されている情報が正しいとは限らない。
公式サイトを見て頂ければ、そこには正しい情報がちゃんとある。
でもね、なぜか公式サイトを見ないままご来店という方も結構多いんです。
それはやっぱり、私たちお店側の責任が全くないわけではないなあと、反省しました。
反省点
1.公式サイトにたどり着きにくい
SEO対策、頑張ります!
2.掲載内容が古いままの情報サイトを改善する。
食べログなど情報が掲載されているサイト全てに連絡し改善を依頼しました。
3.SNSを活用し、お客様との双方向のコミュニケーションを充実させます。
当店のSNSをフォローして下さっている方は、もうお気づきだと思うのですが、以前は、投稿もときどきで、新メニューのお知らせくらいしか情報らしい情報も出していませんでした。
なにせ私は、内気・シャイ・内向的・インドア派なもので、自分のことであれお店のことであれ、語る・話すのが大の苦手なのです。
本当ですよ(笑)カフェ店頭ではお客様と楽しくお話ししていますが、こう見えてとってもシャイなんですよ(笑)
けれど、どんなことでもいいから私たちコケットのことをまずは知ってもらうことが大切かなと考えを改めました。
↓「ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット」の正しい情報はこちらから↓

お盆の営業

 

お盆の期間中、少しだけど久しぶりにカフェの仕事ができた。
最近、お店に出ることがめっきり減ってしまっていたので、なんだか新鮮な気持ちだった。
去年のお盆と明らかに違うのは、遠方のお客様が増えたこと。
熊本、宮崎、広島、山口などから。
「サイトを見て来ました!」「ブログ読んでます!」
などのお声をたくさん聞かせて頂きました。
中には、ご実家は佐賀県でお住まいは山口県、里帰りの途中で寄りましたという方も。
「ちょっと遠回りだったけど(笑)」って、それって遠回りどころじゃないですよ~、完全にわざわざ来て下さったんですよね?
もう嬉しくて涙が出そうです。本当にありがとうございます!
お盆や連休などのレジャー期間には、遠方のお客様が増えます。
久しぶりに懐かしい関西弁を聞けるのも楽しみのひとつ。
ちなみに、ご報告です。
大分県にあるここカフェコケットでは、つねに関西弁が飛び交っております。
図々しい(私見)関西人の私は、どこへ行っても関西弁です。大分県移住後もそれは変らず。
なので、遠方からのお客様にその点では大分らしさを感じて頂けないかも。ごめんなさい。
スタッフ不足も慢性化しているので、いま仕事のやり方を整理しているところです。
これからはランチも再開することだし、もっとカフェの仕事が増えると思うと嬉しいな。
https://kurashi-coquette.jp/

はたらくとは

コケットのスタッフ募集要項はハードルが高いと感じるかもしれない。
だけど、どうだろう?
「楽しいですよ~。難しい仕事じゃないですよ~。誰でもできますよ~。」
初めてスタッフ募集をかけるとき、そんな募集要項で本当にいいのだろうか?と思った。
コケットのコンセプトのひとつ「うそのない暮らし」。
アルバイトの募集要項だって、それは同じであるべきだ。
だから、正直に私たちの思いをそのまま言葉にした。
一緒に働く仲間に向ける言葉だから、よく考えて言葉を選んではいるけれど、思いがそのまま伝わるように。
今日、アルバイト応募の連絡があった。
以前来店して頂いたことがあり、募集要項を理解して応募してくれたのだったけど、残念ながら条件に合わず今回は見送りとなった。
コケットで働くスタッフには、私たちの思いに共感してくれる人であることは絶対だ。
そうでなければ、おそらく働き続けることはできないと思う。
先日ご来店くださったお客様で、普段はスイスで働き、スイスで暮らしているという方に出会った。
「労働環境はとてもいい。残業もない。けれど働いていてあまり楽しくないんです。スイス人は休日のために働いています。
働くことは労働であり、楽しみは休日にあるんです。」
そんなお話を聞いた。
「はたらく」ってなんだろう?
私は思う。
働くとは、生きること。
生きることとは、活き活きと自分の人生を楽しんで暮らすこと。
私を含めてコケットで働く人にとって、「働くことが暮らすこと」であってほしい。
働くなかで、新しい自分の可能性を発見出来たり、新しい気づきがあったり、日々成長する自分を楽しむ暮らし。
私を含めコケットで働くスタッフは、そんなふうでありたいと思います。

変わるって悪いこと?

 

変わるって悪いこと?
いいや、変わるっていいことだ!
よりよくなろうとして変わることは、いいことだ。
コケットも開店してまだ2年もたたないけれど、いろいろ変わった。
それはもちろん、お客様にとってより良いと思うほうへ舵を切ったからだ。
けれど、大事な軸になる部分は変えていない。
「大人の女性がほっと安らげるオアシスのような優しい空間」
コケットは、空間を大事にしている。
そこは変えられないこだわり。
そして、「心と体に優しい」ということ。
それは、マクロビオティックだったり無添加無農薬だったり、と考えがちだけど、
そこもそんなにストイックではない。
そこをストイックにやるのは、必要な人が自分のためにやる分にはいいことだと思う。
けれど、コケットはカフェ。
多くの人々に楽しんでもらいたい場所だから、ストイックに体にいいものをというよりも、
心と体に悪いモノは取り入れない、ただそれだけ。
これからもコケットは変り続けます。
2015年秋、5種類のワッフルと数種類のドリンクだけのカフェからはじめました。
2017年、ワッフルは13種類、心と体に良い自家製ドリンクは18種類。
ランチもあります。(ランチは今ちょっとお休みしていますがもうすぐ再開します)
暮らしをちょっと楽しくしてくれる雑貨もあります。
雑貨はインターネットで購入もできます。
お客様により楽しんでいただけるお店へ。
変わっていく様を皆さんどうか楽しんでください。

OPA/オパのケトル

 

カフェコケットの愛用品で、オパのケトルというものがある。
マスター(夫)が「珈琲ドリップにも十分つかえるよ。」というのでやってみた。
たしかに、注ぎ口から出るお湯の分量を手元で調節しながら注ぐことで、ドリップポットとしても充分使える。
なにより、私がこのOPAのケトルを愛用している理由は、使い心地の良さ。
暮らしの道具って、毎日のように使うものだから、手なじみの良さだったり、使い勝手の良さが何より大切だと思う。
弘法大師ともなれば筆を選ばずでよいのだろうけど、凡人の私は道具に助けてもってやっと(笑)
このケトル、持ち手のところが四角くなっていて、握力の弱い私には滑りにくくて安心感がある。
持ち手もステンレスで出来ているのだけど、沸騰させたケトルでも素手で持てる。
それに、お湯を注いだときの注ぎ口から出るお湯の出方が、なんとも気持ちがいい。
言葉で表現するのは難しいけれど、お湯が可もなく不可もなくちょうどいい分量でストーンと出てくる様がなんとも気持ちがいい。
この「気持ちがいい」という感覚、私たちが暮らしの道具を選ぶときに大事にしている感覚です。
デザインの気持ちよさはもちろんだけど、道具だから使ってなんぼ。
使いごこちの良い道具って、使って行くうちに愛着もわくし、より大切に使うようになる。
良い道具に囲まれて暮らすと、暮らしそのものを大切に丁寧に暮らすようになる。
良い循環が生まれるのかなと思うのです。
丁寧な暮らし。
憧れでもあるし、心掛けているのだけど、ついつい流されたりもしちゃうんですよね。
そこを心地よい道具たちに支えられているかなあって、思います。

美容と健康のお手伝い

 

今日は、なぜかサワードリンクのことをよく聞かれる。
今日だけでなく、ここ最近とくにお問い合わせが多いです。
作り方とかいろいろ・・・。
なので今日はサワードリンクのことを少しだけ。
コケットでは、りんご酢に果実をたっぷり漬け込んで熟成させて、それをサワー酵素ドリンクとして提供しています。
この自家製サワードリンクのことを自家製サワー酵素ドリンクといっています。
なぜかっていうと、サワードリンクっていうと「お酒入ってるんですか?」って言葉か返ってくるから(笑)
焼酎割りとかのイメージが強いみたい。
この自家製ドリンク、ベースがりんご酢なので飲みやすいし、豆乳で割ると飲むヨーグルトみたいな感じで、逆に豆乳が苦手っていう人にも好評なんです。
おすすめは?ってよく聞かれるんですが、これが一番答えにくい質問。
ベタな答えなんだけど、ぜんぶおすすめです。
でもそれぞれに一応効果効能に違いはあるかなと思うので、効果効能で選ぶのが一番のおすすめかな。
それと、お通じが気になる人には特におすすめかもしれません。
西洋すもも&れもんの豆乳割りなんて、整腸作用とか美肌とか女性の気になるところにケアー満載ですから。
それに豆乳のおかげでりんご酢の酸味もまろやかになって、口当たりがいいんですよ~。
このドリンクはもともとお店をはじめる前から家族で作って飲んでいたドリンクなので、健康のベースを支えてもらっている我が家の食です。