オーガニック農園にて インタビュー【Coquette Talk On】第二話

防潮林のおかげであまりよく見えないが、林の向こうは海だ。
別府湾が広がっている。
温暖な気候、ほどよい潮風も気持ちいい。
「観光農園っていうかそういう商売されてもいいんじゃないですか?」
この土地のあまりの心地よさに思わずそんなことを聞いてしまった。
「そうやね、そういうのもええなあと思うけど、人が入ると畑が荒れるから、もしそういうことをやるならそれ専用にしないとね。」

この肥沃な畑は昨日今日で出来たようなものではない。
先代の持ち主からずっと、化学肥料は使わず無農薬農法を受け継いできた希少な土地だ。
ここで観光農園だなんて、私はなんて浅はかなことを言ったのだろう。
けれど、この農園には言葉では表現しがたいパワーのようなものを感じる。
たしかに、さっき頂いたカラーピーマンもトマトも驚くほど甘く美味しい。

「子供がピーマンを嫌いってよく言うのは、あれ苦いからやねんけど、本当はピーマンってそんなに苦くないねん。
化学肥料を使うから苦いねん。」
化学肥料を使わないのは、路地ものではたいへん難しい。
レタスとか葉物野菜を無農薬栽培するのは、工場型の農園で生産すれば比較的容易だ。
しかし、そうなると肥料は液肥になって、今度は美味しく作るのが難しくなる。
路地もので日の光りを浴びて育てる場合、きれいに並べてたくさん栽培すると、虫との戦いとなる。

岡井さんの畑は、失礼だが草ぼうぼうだ。
あえてそうしてある。
「こうやってほっとくねん。」
雑草も生えず、畑が絶えずきれいなのは、つまり栄養が足りないから。
すると肥料をたくさん入れ、虫もたくさん来る。

有機栽培といっても、実際のところ肥料はたいして使わない。
草が生えてもほったらかし。
伸びたらカットして、また土に入れる。
自然農法に近い。
虫をあんまり嫌いすぎると薬を使わざるを得ない。

岡井さんの葉物野菜は、虫食いだらけだ。
でもそれも一興、コケットではお客様に
「無農薬の野菜なので、虫食いだらけですが…」
と説明している。
お客様のほうもまったく気にしない。
むしろ「安心の証」と言ってくださる。

「作ってるものに愛情かけてとはいうけど、僕なんかが考えてるのは、自然に即してやって行くっていうかね、環境を壊さないこと。
ただし、自然農法がじゃあ究極に良いのかっていうと、それではみんなが食べられない。
ごく一部の人しか食べられない贅沢品になってしまう。」
自然農法のように究極的にこだわると収穫量が格段に少ない。
そこまで究極でなくても、収穫量もそこそこで、美味しくて、環境を汚さない。
そのへんがちょうどいい。
なにごともバランスが大事だということか。
しかし、バランスを保つことほど難しいことはない。
料理でも「いい塩梅」という言葉があるが、足らずでもなく過ぎているでもない、ちょうどいい塩梅というのが難しい。
岡井さんは、畑に手間をかけるというよりも、気を掛けているように感じた。

いつも気にかけている、心を向けている、それこそが愛情なのだ。
子育ても似たようなもので、遊びや旅行に連れて行くことや服や道具を買い与えるよりも、いつも気にかけてやることが大事だ。
そうすれば、子供のちょっとした心の変化にも気づいてやれるし、大事な時に手を差し伸べられる。
なによりも子供自身が、心を向けられていることへの安心感の上に伸び伸び育つ。

畑に初めて足を踏み入れた時に感じたパワーのようなものの正体が分かったかも知れない。
それは岡井さんの“気”だ。
“こころ”と言いかえてもいいだろう。

「何事も心がけ一つで何とでもなる」とか「心を込めて」なんて言葉をよく聞くし、口にもする。
しかし、その“心”とやらが一体どんなものか、正直よく分からないで使っていることも多い。
心って、パワーなんだな。
心というパワーは、付け焼刃で得られるようなものではないし、長い人生の中で自然と身に育つものだ。
岡井さんのパワー(心)あふれるあの農園にもう一度行きたくなった。

(完)
高橋香 文


お話をおうかがいしたのは、
オーガニック農園メープルファーム
岡井宏士さん八栄子さんご夫妻


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

オーガニック農園にて インタビュー【Coquette Talk On】第一話

「ちょっと食べてみ。」
そういって枝からちょんと切って差し出されたカラーピーマンを一口食べてみた。

あま~い!
なんだこれはってくらい甘い。
野菜をこんなに甘く感じたのは正直言って初めてだ。

なんでこの人の作る野菜は、どれもこれも美味しいのだろう。
ずっと前から抱いていた問いの答えを求めて、この日、コケットのある中津市から車で約1時間、大分県速見郡日出町にある「メープルファーム」さんに訪れた。

別府湾を望む高台にその農園はある。
この日は朝から急に冷え込んで、秋というより冬の気配を感じる肌寒い日だった。
農園は海風の気持ちいい高台にあると聞いていたので、厚めのシャツにパーカーを着込んで出かけたが、日出町に付いてみるとびっくり。
空は雲一つない晴天で、汗ばむ陽気。

約27年前、オーガニック農業のために大阪から日出町へ移住された岡井さんご一家。
当時は、オーガニック野菜はけして一般的ではなく、まだまだ特別な存在。
無農薬に取り組む農家さんは全国的にも少なく、それはつまりオーガニック農法に適した農地自体が少ないということだった。
そんな希少な農地を探し求めていたとき、ふとしたきっかけで日出町のこの高台の空き地に岡井さんはたどり着いた。
積極的に売りに出ていた土地というわけでもなく、あまり期待せずに訪れてみると、土地には草が茂り、ミカンの木は成るがままにたくさんの実をつけていた。
そのとき、地主の方が岡井さんのお子さんに「これあげよう。無農薬やで。」とミカンを一つもいでくれた。
岡井さんのお子さんは「へぇ~無農薬やって!」と目を輝かせ「めっちゃ美味しい!」と感激し、美味しそうにほおばった。

「それからやねん、あんたらやったら売ってもいいと言うてくれはってね。」
じつは地主の方は、これまでずっと有機無農薬で様々な作物を栽培してきた方だったので、この土地を引き継いでくれる人もオーガニック農家であってほしいという思いを強く持っていたのだった。
まさに運命の出会いだったのかもしれない。

ところで、私たちがこの農園に入って、まずはじめにとても驚いたことがある。
それは、地面がふかふかに柔らかいことだ。

まるで真新しい綿布団の上を歩いているかのように、土中に靴がめり込んだ。
「これはねえ、草を生やしては切り、切った草がそのまま土に還るを繰り返してるからなんや。つまりそれだけ有機物が多いんや。」
この農園は過度な除草はしない。
自然に生えた雑草はそのまま放置して、ある程度で切ってそれがまただんだん土に還って行く。
その循環が肥沃な農地を作っている。
畑全体が堆肥化した土に覆われているかのように畑の中のどこを歩いてもふわふわの柔らかい土。
前の所有者の時代から有機農法を続け、重機を一切入れたことのない証でもあり、化学肥料などを一切取り入れずとも十分に肥沃な畑が出来上がっている。

紫水菜、ハンダマ、トマト、パプリカなどの野菜があちこちに一畝二畝ずつくらい様々な種類の野菜たちが並んでいる。

何も植えず休ませている畝には野花が咲いている。
結局はこの野花たちもいずれは畑の肥となる。

落ちて食べきれなかった栗もいずれ畑の肥料になっていく。
科学の力も機械の力も借りずにこの農園だけで循環している。

「これカボスね。この木だけでコンテナ3杯くらい採れるねん。」
ともかく農園にはカボスだけでなくゆずや甘夏など果樹もたくさん栽培されている。

「柑橘はね、原則的に無農薬いうのがないねん。無農薬で作るのはすごく難しいんや。
作物いうのは、同じ種類のものをたくさん集めるとそれなりの虫が絶対につく。
せやからうちみたいにあちこち色んなものが植わってると虫が付きにくいねん。」
なるほど~!そういうことか。
「カボス農園いうて何百本もカボスの木を植えてたらものすごい虫が付く。それぞれの作物に害虫がいるんや。
たとえば畑全部にジャガイモを植えてジャガイモ農園にしてしもたら、テントウ虫だましという虫がつくねん。
その虫は茄子も好むから、たとえば近くに茄子を植えてたら茄子も同じようにやられるわ。」
作物それぞれに好む虫がいて、たくさん植えたらそれだけ虫を呼ぶことになる。
だから無農薬で作物を育てるには、大量作付けをせず、さらに先の例のようにジャガイモと茄子などの同じ虫がつきやすい作物は離れた畑で栽培するなどの、テクニックを要する。
そういえば、以前訪問した福岡県のオーガニック農家さんも小さな畑をあちこちにたくさん持っていて、それぞれに違う作物を栽培していた。
よくテレビなんかで見る、見渡す限りのレタス畑みたいな大規模農園っていうのは、オーガニックでは無理なんですね~。
「あはは、そんなんしたら見渡す限りに農薬まかなあかんわ。」
一見ごちゃごちゃした空き地のようにも見える畑だが、ごちゃごちゃにはちゃんとした意味があったんだ。
(次回へつづく)

高橋 香 文


お話をおうかがいしたのは、
オーガニック農園メープルファーム
岡井宏士さん八栄子さんご夫妻


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

インタビュー取材を受けました。

雑誌「暮らしの手帖」の元編集長でエッセイストの松浦弥太郎さん、ジャーナリストで作家の佐々木俊尚さんらが創設した「SUSONO」というコミュニティがあります。

私は、そのSUSONOコミュニティのメンバーなのですが、先日、SUSONOからインタビュー取材を受けました。

SUSONOには毎月テーマがあり、そのテーマに沿ってイベントが行われたり、Webコンテンツが展開されたりしています。

今回は、「決める」というテーマに基づいたインタビューでした。

神戸から大分県中津市へ移住し、カフェを経営する中での様々な決断についてお話しさせていただきました。

これまで、コケットのWebコンテンツ「Coquette Talk On」にて、誰かにインタビューすることは何度か行ってきたのですが、私自身がインタビューを受けることは初めてです。

とても緊張しましたが、とても新鮮な体験でもありました。

これまで無我夢中で走ってきて、正直言って後ろを振り返る余裕も無かったので、あらためてこれまでのことを思い返してみることが出来ました。

人生とは、様々な決断の連続です。

なにも経営者でなくとも、人は毎日多くの選択と決断を繰り返しています。

朝起きて朝食のパンに塗るジャムの種類や今日着る服を決めるのも“選択と決断”です。

過去の出来事を振り返って「あー、あの時あっちを選んでいれば、今もっと違う人生になってただろうなあ…」と思うこともありますよね。

私たちがカフェを開業することを決めたのは、どちらかといえばせざるを得ない状況で開業という選択に至ったのですが、ある意味それが良かったように思います。

それまで「いつかカフェをやりたいな」という思いはありましたが、いやもっと正確に言うと「いつかカフェをやるんだろうな」というぼんやりとしたイメージはありました。

積極的に「やるんだ。やりたい。」というイメージではなかったわけです。

今思えばそれで良かったと思います。

やりたいからやるのではなく、やらなきゃならないからやる。
自発的な「やる」はモチベーション次第で「やめる」の選択もできます。
でも、やるべくしてやっている場合、「やめる」の選択肢がありません。
あとは、どうやるかを考えるしかないのです。
つまり私たちはそういう思考の癖をもっているのでしょう。
これは、私たち夫婦の唯一(?)の共通点かもしれません(笑)

SUSONOでは、これからについても話題になりました。
これからも思考の癖は変わらないでしょう。
しかもダブルパワー(ふたりとも)ですから(笑)

今回の取材では、インタビューという作業スキルの勉強にもなりました。

これから、コケットのWebコンテンツ「Coquette Talk On」に活かしていきたいと思います。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

蚤の市、にぎやかな二日間

このたびの「こけっと蚤の市」には、たいへん多くのお客様にお越し頂き本当にありがとうございました。
せっかくの蚤の市だからと、とっておきのお品や日頃のコケット店頭にはない商品を盛りだくさんにご用意しました。

また今回はオーガニック農家さんの出店もありました。
オーガニックで育ったお野菜の数々、そして卵や小麦粉を使わずオーガニックの米粉などで作った焼菓子などもあっというまに無くなっていきました。

オーガニックの焼菓子とは思えない美味しさで有名な「手作り工房メープル」さんだけあって、わざわざ遠くから焼菓子を求めてお越しになる方も目立ちました。

ランチにはオーガニック農家さんのトマトや茄子・ジャガイモなどを使って、肉魚を使わない野菜のみのおばんざいランチをお出ししています。
ランチとワッフルを食べたあとは、ゆっくりとお買い物を楽しんでくださっていました。
お気に入りのお品は見つかりましたでしょうか?

当日は私もたくさんのお客様とふれあうことができて、とても有意義な二日間になりました。
皆さんとお話させて頂いて、みなさんこの日を楽しみに来てくださったことがよく分かって、とても嬉しい気持ちで一杯になりました。誠にありがとうございました。

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

もう一つの物語

兵庫県朝来市、兵庫県のちょうど真ん中あたりに位置する山間の村に小さなレストランがあります。

約100年前に建てられた古民家を改築し、レストランとして10年前にオープンしました。

山肌に沿うように二十数軒の家々がならぶ小さな山村で、周辺の景色は田んぼと畑と山だけ。

大阪からは、中国道・播但道を経て車で2時間ほどかかります。

メニューは、但馬牛のビーフシチューとハンバーグステーキのみ。

美味しいお肉としていわずと知れた但馬牛と、添えられる但馬地方の新鮮な野菜たっぷりの料理を求めてお客様が絶えません。

ここは私(コケット・高橋香)の両親が営むレストランです。

やさい厨房-邑居(ゆうきょ)といいます。

両親はそれまで35年以上、奈良県で洋食レストランを営んできましたが、約10年前「持続可能な働き方」を考え、先祖代々の家である朝来市の古民家に移住しました。

夏は、都市部よりも体感温度が3~4℃は低く感じられるくらい、涼しい風がゆったりと吹いています。

山の湧き水を集めて流れる小さなせせらぎがあり、国の天然記念物オオサンショウウオがひょっこり顔を出していたりします。
森林からはひぐらしの声が聞こえ、ほんの少し歩いて山に入るだけで神聖な空気に包まれます。

絵にかいたような田舎暮らしがここにはあります。

先ほど移住と書きましたが、両親は完全に移住したわけではなく、正確には奈良県との二拠点生活をしています。

朝来市の生活は、スーパーまで5km、ちょっと大きな病院へとなると1時間近く車を走らせなければなりません。

高齢になるとある程度の都市型生活が必要になります。

環境は良いのですが、正直いって不便です。

二拠点生活とか多拠点生活という言葉が世の中に出回るずっと前に、両親は二拠点生活を選んでいたわけです。

学生時代から人生の大半を過ごした奈良県には友人知人も多く、心地よいコミュニティがあります。

先祖代々からの住居がある朝来市にも、村のメンバーとして伝統と伝承の一種の役割のようなものを担うコミュニティがあります。

どちらも大切なコミュニティーです。

両親は近い将来、いずれはどちらかの家に定住することになるだろうと思いますが、ゆるやかに生活を変化させてゆくのだと思います。

何かを決めてしまうとちょっと無理してでも目的を果たそうとしてしまいがちです。

決めてしまうわけではなく、人生のそれぞれの場面でしなやかに状況に合わせて暮らす。

このとき、忘れてはならないことは「自分にとって大切なものは何か」その軸だけはぶれないようにいつも気を付けていること。

そうすれば、時代がどう変わっても、世情がどう変わっても、柔軟に合わせつつ大切なものを守って生きて行けるような気がします。

私たちもしなやかに状況に合わせて暮らしてゆこうと思います。

これから私たちが朝来市へ通う回数は増えるでしょう。

大切にするものや生き方の姿勢がぶれないかぎり、朝来市でも世界を広げることが出来るかもしれません。

もう一つの物語がはじまる予感がします。

やさい厨房-邑居(ゆうきょ)についてはこちら


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり


駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

生き方に悩む大人は少なくない。

生き方に悩む大人は少なくない。
生き方とまで大げさに言わなくても、働き方とか暮らし方とか、ちょっと立ち止まって自分自身を見つめ直すことがあります。

私たちも、最近「ちょっと待てよ」と立ち止まって考えなおす機会がありました。
そして、生き方に悩んでいるのではない、居心地が悪いだけなんだということに気づいたのです。
人は、どこに身をおくかで生きやすさが大きく変わります。
良いコミュニティーに身をおくことで人生の質が向上する。
そのことに気づいたのです。

こちらは真摯な対応を心がけていても相手からはそうでない場合があります。
プライベートだけでなく、BtoBの場面でさえも、そういうことが時々あります。
そんなときはものすごく喪失感に襲われます。

ちょっと待てよと立ち止まって、なぜそうなのか考えてみましたが、答えは出ませんでした。
相手に対してなぜそうなのかなんて、考えても仕方がないことだから。

なので、私たちの今年のテーマを「良いコミュニティーに身をおく」にしました。
客商売なんだから八方美人でいいじゃないと言われればそうなんですが、それがどうもできない。
生真面目なのか不器用なのか。

昨年は、オリジナル商品の種類も増えて、Webサイトのインタビュー企画もVol.3まで進めることができました。
そうやって仕事の幅を少しずつ広げていったおかげで、多くの人々との出会いがありました。
様々な人々とコミュニケーションする中で見えてきたことがあります。
それは、価値観の近い人と繋がることでより良い未来へつなげることができるんじゃないかということです。

やりたいことはたくさんあります。
例えば、オリジナル紙袋も制作したい。
けれど、デザインも印刷も、ちゃんと作りたい。
B to C だけでなくB to Bの場面でも、関わってくださる方々にたいして真摯に向き合いたい。
創造性のある人間関係の中でものづくりをしたいのです。

結局、いまのところパッケージデザイン、Webサイト制作、インタビュー、ライティング、すべて自分でやっていますが、時間の捻出には本当に苦労しています。

もしかしたら、今年のテーマ「良いコミュニティーに身をおく」ことが上手くいけば、一緒にものづくりをしてくれる良い仲間に巡り会えるような気がしています。

私たちの活動に共感してくださったなら、どうぞ遠慮なくお声掛けください。
私たちはいつもCoquetteに居ますから。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。