オーガニック農園にて インタビュー【Coquette Talk On】第一話

「ちょっと食べてみ。」
そういって枝からちょんと切って差し出されたカラーピーマンを一口食べてみた。

あま~い!
なんだこれはってくらい甘い。
野菜をこんなに甘く感じたのは正直言って初めてだ。

なんでこの人の作る野菜は、どれもこれも美味しいのだろう。
ずっと前から抱いていた問いの答えを求めて、この日、コケットのある中津市から車で約1時間、大分県速見郡日出町にある「メープルファーム」さんに訪れた。

別府湾を望む高台にその農園はある。
この日は朝から急に冷え込んで、秋というより冬の気配を感じる肌寒い日だった。
農園は海風の気持ちいい高台にあると聞いていたので、厚めのシャツにパーカーを着込んで出かけたが、日出町に付いてみるとびっくり。
空は雲一つない晴天で、汗ばむ陽気。

約27年前、オーガニック農業のために大阪から日出町へ移住された岡井さんご一家。
当時は、オーガニック野菜はけして一般的ではなく、まだまだ特別な存在。
無農薬に取り組む農家さんは全国的にも少なく、それはつまりオーガニック農法に適した農地自体が少ないということだった。
そんな希少な農地を探し求めていたとき、ふとしたきっかけで日出町のこの高台の空き地に岡井さんはたどり着いた。
積極的に売りに出ていた土地というわけでもなく、あまり期待せずに訪れてみると、土地には草が茂り、ミカンの木は成るがままにたくさんの実をつけていた。
そのとき、地主の方が岡井さんのお子さんに「これあげよう。無農薬やで。」とミカンを一つもいでくれた。
岡井さんのお子さんは「へぇ~無農薬やって!」と目を輝かせ「めっちゃ美味しい!」と感激し、美味しそうにほおばった。

「それからやねん、あんたらやったら売ってもいいと言うてくれはってね。」
じつは地主の方は、これまでずっと有機無農薬で様々な作物を栽培してきた方だったので、この土地を引き継いでくれる人もオーガニック農家であってほしいという思いを強く持っていたのだった。
まさに運命の出会いだったのかもしれない。

ところで、私たちがこの農園に入って、まずはじめにとても驚いたことがある。
それは、地面がふかふかに柔らかいことだ。

まるで真新しい綿布団の上を歩いているかのように、土中に靴がめり込んだ。
「これはねえ、草を生やしては切り、切った草がそのまま土に還るを繰り返してるからなんや。つまりそれだけ有機物が多いんや。」
この農園は過度な除草はしない。
自然に生えた雑草はそのまま放置して、ある程度で切ってそれがまただんだん土に還って行く。
その循環が肥沃な農地を作っている。
畑全体が堆肥化した土に覆われているかのように畑の中のどこを歩いてもふわふわの柔らかい土。
前の所有者の時代から有機農法を続け、重機を一切入れたことのない証でもあり、化学肥料などを一切取り入れずとも十分に肥沃な畑が出来上がっている。

紫水菜、ハンダマ、トマト、パプリカなどの野菜があちこちに一畝二畝ずつくらい様々な種類の野菜たちが並んでいる。

何も植えず休ませている畝には野花が咲いている。
結局はこの野花たちもいずれは畑の肥となる。

落ちて食べきれなかった栗もいずれ畑の肥料になっていく。
科学の力も機械の力も借りずにこの農園だけで循環している。

「これカボスね。この木だけでコンテナ3杯くらい採れるねん。」
ともかく農園にはカボスだけでなくゆずや甘夏など果樹もたくさん栽培されている。

「柑橘はね、原則的に無農薬いうのがないねん。無農薬で作るのはすごく難しいんや。
作物いうのは、同じ種類のものをたくさん集めるとそれなりの虫が絶対につく。
せやからうちみたいにあちこち色んなものが植わってると虫が付きにくいねん。」
なるほど~!そういうことか。
「カボス農園いうて何百本もカボスの木を植えてたらものすごい虫が付く。それぞれの作物に害虫がいるんや。
たとえば畑全部にジャガイモを植えてジャガイモ農園にしてしもたら、テントウ虫だましという虫がつくねん。
その虫は茄子も好むから、たとえば近くに茄子を植えてたら茄子も同じようにやられるわ。」
作物それぞれに好む虫がいて、たくさん植えたらそれだけ虫を呼ぶことになる。
だから無農薬で作物を育てるには、大量作付けをせず、さらに先の例のようにジャガイモと茄子などの同じ虫がつきやすい作物は離れた畑で栽培するなどの、テクニックを要する。
そういえば、以前訪問した福岡県のオーガニック農家さんも小さな畑をあちこちにたくさん持っていて、それぞれに違う作物を栽培していた。
よくテレビなんかで見る、見渡す限りのレタス畑みたいな大規模農園っていうのは、オーガニックでは無理なんですね~。
「あはは、そんなんしたら見渡す限りに農薬まかなあかんわ。」
一見ごちゃごちゃした空き地のようにも見える畑だが、ごちゃごちゃにはちゃんとした意味があったんだ。
(次回へつづく)

高橋 香 文


お話をおうかがいしたのは、
オーガニック農園メープルファーム
岡井宏士さん八栄子さんご夫妻


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

森の中の小さなお店

仕事の打ち合わせを兼ねて塚原高原へ出かけました。
緑あふれる森の中に珈琲焙煎所木馬はあります。

コケットがある中津市から車で1時間と少し。
そのほとんどの道のりを金色に輝く麦畑を眺めながら新緑がまぶしい木漏れ日の中、車を走らせる。
木馬さんへ続く道は、小旅行気分を味わえるのでいつも楽しみにしているのです。
とはいえ、昨年のマスターとの情熱トークの取材以来はや10か月。
まったく月日の経つのは早いものです。
もう少し頻繁に来られたらなあと思うのですが。

木馬さんのお店は、いつもお客さんでいっぱいです。
しかも、そのお客さんがちょっと普通じゃない。
珈琲を愛する人々、通の集まる店とでも言いましょうか、私の経験では、なんとなく珈琲屋があるから入ったという感じの人には会ったことがありません。
目的意識をもってわざわざ珈琲木馬に来ている人々だなということが、見るからに分かるのです。

入店して席に着きます。
すると店主の小野さんが「どっちがいいですか?深いものか、少しあっさりしたほうか。」と聞かれます。
夫が「深いほうで。」
私が「じゃあ、私はあっさりのほうで。」

いいですね~。
好きです、私、こういうの。
昭和のラーメン屋みたいで(笑)
って、木馬さんはなんていうかもっと上品ですよ。(笑)
いいですねえ、通の店って感じがめちゃくちゃします。
じっさい珈琲通が通う店なのであります。

奥様の焼かれる焼き菓子がこれまた美味なのですが、お客さんが「何か焼き菓子を」と言うと、「じゃあこれいかがです?」と、瞬時にその人の好みを察知して薦めてくれる。
それがまたちゃんとドンピシャなのです。

メニューはあります。
けれど、だれもメニューを見ません。
ということは、だれも値段を気にしません。
焼き菓子についても同じです。
ショーケースのお菓子をじろじろ見て迷うような人はいません。
値札は…あったかなあ?(笑)

これは、この店がいかに信頼されているかの証なのだと思います。
小野さんの珈琲に、そして奥様の焼き菓子に、全幅の信頼があるからこその風景です。
ふと気づけば、こういうお店がずいぶん少なくなりました。
飲食店の神髄を見た気がします。
ありがとうございました。
ご馳走様でした。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

日本初の個展 ルート・ブリュック

今回の東京出張は、いつもと少し違います。
楽しみにしていたアーティストの展覧会を観るため、今回は時間に余裕をもって日程を組んでみました。

楽しみにしていたアーティストとは、フィンランドを代表するセラミックアーティストのルート・ブリュックです。
ルート・ブリュックってだれ?
という方も多いかもしれません。

彼女は、戦後、アラビア製陶所を代表するアーティストとして活躍しました。
夫はイッタラでも有名なデザイナーのタピオ・ヴィルカラです。
旦那様のほうが日本ではご存知な方も多いでしょうね。
というくらいレアな美術展で、日本で初めて行われるルート・ブリュックの個展です。

セラミックアートという芸術は、日本ではあまりなじみがありませんが、北欧やヨーロッパなどキリスト教文化が濃い地域ではなじみ深い芸術のようです。
とくに北欧は、長い冬の季節を家の中で過ごす時間が多いため、インテリアに関する文化が発展しました。
セラミックパネルなどのウォールアートは、北欧では一般的です。

展覧会が開かれたのは東京駅にある東京ステーションギャラリーという美術館です。
駅に美術館があるなんてちょっと面白いですね。
東京駅にはホテルもあるし、郵便局もデパートもある。
東京駅だけで生活できそうなくらいなんでも揃っています。

美術館の中には、こんなレトロな場所もちらほら。
東京駅といえば赤レンガ。
赤レンガと北欧芸術のコラボが、とてもユニークな展示になっていました。

記念に一枚。
東京は、どこへ行っても外国人ばかりで、写真撮影を頼むにも人選に苦労するのですが、さすがにこちらの美術館は日本人が多くて頼みやすかったのでホッとしました。

北欧アートやセラミックアートにご興味のある方はぜひどうぞ。


フィンランドを代表するセラミック・アーティスト、日本初個展。
ルート・ブリュック 蝶の軌跡
会場 東京ステーションギャラリー
公式サイト https://rutbryk.jp/


ヨーガンレールに学ぶブランディングとは。

今日また東京出張に来ています。

二日間の弾丸日程ですが、今回の出張でもやはり訪れたのはヨーガンレールです。

ヨーガンレールというブランドをご存知でしょうか?
有名なブランドですから、ご存知でしょうかなんて聞くのは野暮ですね、ごめんなさい(笑)
コケットにご来店くださる皆様には、ご愛用くださっている方も多いと思います。

天然石鹸やカトラリー、オーガニックコットンタオルやタッサーシルクなど、天然素材にこだわった生活道具や日用品などを多く取り扱うババグーリというブランドを展開しています。

こちらがヨーガンレール本社建物です。
おもむきありますね~!
ヨーガンレール本社は、清澄白河駅からほど近い閑静な住宅地にあります。

向かい側には深川図書館。
緑の林の中にたたずむ素敵な建物です。
東京は、意外かもしれませんが緑が多いので
す。
恩賜公園といって、上野公園や井之頭公園などのように広大な公園地がいくつもありますし、かつての武家屋敷跡などが公園として公開されているような場所もたくさんあります。

東京へ赴く際、いつも密かに楽しみにしているのが、ヨーガンレールの社員食堂なのです。
動物性たんぱく質は一切使用しないでつくられる料理。
そう、肉や魚は使用しない
砂糖すら使用しないで、このクオリティーを出すな
んて、ここにはもう何度も来ていますが、未だにまったく信じられない。

なんだこれ。
写真中央の棒状のものです。
いったいどこから食べればいいのやら、と一瞬ためらったのですが、なんとなく皮らしきものを剥いてみると

中からなんとヤングコーン!
そうなのね!丸焼きだったのね(笑)

素朴でシンプルな料理ですが、そこはかとない魅力にあふれているんですよ。
しかも、これらの料理はみな、故ヨーガン・レール氏の好みに合わせ、要望を聞きながら出来上がった料理なんだそうです。
忖度もここまでくればまさに芸術。
故ヨーガン・レール氏が、どれほど素晴らしい人物だったかが伺えます。
とりわけ彼がいかにスタッフたちに尊敬され愛されていかがよくわかります。
ヨーガンレールは、天然素材を用いて手仕事でつくることに一貫してこだわりものづくりをしてきたブランドです。

ブランディングとは、人材育成でも経営でも、どんな場面においても経営者の魂が染み渡るほど徹底してこそ、ブランドとしての付加価値が生まれるのだとあらためて実感しました。

この夏野菜のラタトゥイユがまた美味なんですよ。
肉を使わないのにこの美味しさって、どゆこと?

ご飯とスープは、各自でお椀に取るスタイルです。
ここでも「おひつ」愛用しているんですね~。
ちなみにおひつが黒ずんでいるでしょ?
これ、カビのようにみえるけどそうではないんです。
天然木のタンニン(鉄分)とごはんのデンプンが反応したものなんです。
体に害のあるものではありませんのでご安心を。

ヨーガン・レール氏の魂をまさに身をもって味わうことができるのがこの社員食堂なのですが、残念ながら、それが出来るのは社員の皆様とわれわれ関係業者のみ。
ここぞとばかりに思う存分楽しませていただきました。

ごちそうさまでした。(合掌)


コケットで買えます。

ヨーガンレール/ババグーリ

おひつ/東屋


 ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel:0979-22-8234
住所検索されますと全く違う場所に案内されてしまいます。
中津城を目安にお越しください。(中津城より徒歩1分)
お車で店頭までお越しください。
駐車場をご案内いたします。

「磁今 JICON」今村製陶さん 第二話【Coquette Talk On】

陶磁器の原料は石だ。
山から陶石を採掘し、それを粉にして水に混ぜる。
すると沈殿した部分と、粉が溶け込んだ上澄み液とに分かれる。
その上澄み液をろ過して、残った粉を粘土にする。

もともとの有田焼の原料は、有田市にある泉山という山で採掘される白い石だ。
1616年、この泉山を 朝鮮人陶工・李参平が発見し、日本で初めて陶磁器が誕生したといわれいる。

(記事中の表記、今村肇氏=今村、コケットのマスター高橋通泰=髙橋、筆者コケット高橋香=香、敬称略)

今村:でも僕の仮説はちょっと違ってて。
白い石は先に見つかってたんじゃないかと思うんです。
それで秀吉が朝鮮から技術者を連れてきたと思っています。

泉山は国指定史跡・泉山磁石場として保存されている。
この有田で、日本で初めて陶磁器が誕生して以来400年以上経つ。
”山”とはいうが、400年間掘り続けられた山は、もはや山の姿を留めていない。
現在、陶石の採掘は、ほとんど行われていない。
今の有田焼の原料となる陶石は、熊本県の天草陶石を使用している。
熊本の天草陶石は、有田泉山のものより白いという特徴がある。

今村:磁今ももちろん天草の陶石を使っています。
天草の山から採掘された石は、おもに4つの等級にわけられています。
作家さんは「特上(とくじょう)」、多くの有田焼の窯元は「撰上(えりじょう)」、大量生産品は「撰中(えりちゅう)」「撰下(えりげ)」を使います。
しかし、磁今は全くオリジナルの石を使っています。
昔から有田は高温の1300度で焼くことで「丈夫な割れない有田焼」を武器に器を作ってきました。
それが有田の職人のこだわりと自信です。
しかし僕は、石から変えて温度や釉薬もオリジナルのやり方をすることで「磁今」を生み出しました。

天草の山から採掘された石を、いわゆる良い石(耐火度の高い白い石)と良くない石(耐火度の低い茶色の石)の何種類かの等級にわけ分類された磁土をつくる。
良い石は昔から簡単に取れる所から採っていたため、現在の採掘場は良い石をとるために良くない石が大量にとれる。
しかし、たくさんと採れる良くない石によって採掘コストが上がる一方、良い石の価格はほぼ変わらないままで、事業の継続が危うくなっているのが現状だ。

良くない石と表現しているが、使い方によっては、これがとても良い石になるのだ。
今村氏は、ここに着目し、この「良くない石と呼ばれている良い石」が有田・波佐見地区でも多く使われるようになれば、無駄に陶石の山を掘る必要もなくなり、陶石を採掘する人たちも助かるのでは?と考えた。

そこで、低火度(1200度前後)で磁器化する磁土=「良くない石」を使い、それにあった釉薬を独自で開発し、あの磁今が生まれた。
素材感のある優しい風合いを持った「生成りの白」の誕生だ。

今村:有田焼はもともと1300℃で焼くんですが、僕はこれを1240℃で磁器化する磁土をあえて使うことで、独特の風合いを作っています。

:1240℃で焼くっていうのは、難しい技術なんですか?

今村:いや、焼くことそのものはそんなに難しいことではないです。
ただ、この有田では1300℃で焼くっていうことを当たり前としてきたので、それを変えるということがもしかしたら難しいことかもしれないですね。
1240℃で焼くためには絵具も釉薬もすべて変えなくちゃいけない。
僕はたまたま、磁今というブランドをゼロから立ち上げたので、それが可能だったんです。
有田焼の陶石の採掘現場では、わずかな良い石を掘るために多くの他の石を捨てている、というか放置している。
採掘コストがかさんで、このままでは廃業もあり得るという現状を前にして、やっぱり、この石を使うことには意味があるなと思ったんです。

:そのことでより持続可能なものになりますよね。
放置されているものに新たな使命が生まれるというか。

今村:でもだからといって、原料代が安いってわけじゃないんですよ。

高橋:えっ?!そうなんですか?

今村:誰も使わないもの、流通していないものなので、むしろコストがかかるんです。
原料代は「撰上」と同じなんです。

磁今の磁器は、いくつかの作り方で作られる。
デザインによって、それぞれの形状にあった作り方で作られている。

圧力鋳込み(あつりょくいこみ)
上下雄雌がある型に粘土を流し込み成形するやり方。
型に空いた小さな穴から粘土が入っていく。
いくつも重ねられた石膏型の中に、空気圧で粘土を注入する。
空気圧で押し出すから圧力鋳込み。
圧をかけるので土がすごく締まる。

今村:磁器は、このように石膏型を使った作り方が合っているんですね。
陶器はロクロで成形するのだが、陶器の土をこの石膏型のやり方で作ると粒子が荒く、鉄の分量が乱れる。
陶器の荒い土を石膏型に入れて作ることはできない。
陶器はむしろ手作りで作った方が素材感が引き立つ。
しかし、磁器はもともと素材感がないのが素材なので。

排泥鋳込み(はいでいいこみ)
石膏型にドロドロの水のような粘土を流し込む。

時間が経つと石膏が水分を吸って、約3ミリくらいの厚み部分が固まる。
中のドロドロ粘土を排出し、よく乾燥させると形になる。
この時点では、形になっているとはいえ大変やわらかい。

これを800℃で焼く。
すると写真のピンク色のようになる。

これに釉薬をかけて1200℃で焼くと写真の白いものになる。
はじめの石膏型に比べ、出来上がり品は15%ほど小さくなる。

:なるほどこんなふうにシステマティックに作られているとは思いませんでした。
しかも、何度も焼くんですね。

今村:作り方からみると磁器は本来大量生産に向いているんですね。
個性がないといえば個性がないんだけど、でも僕はそれはたんに磁器の特性だと思っていて、それを無理して手作りで作る必要はないと思うんです。
手作りは手作りの良さがある。
でも、お客さんに安くて良いものを買ってもらいたい。
そこをあえて手作りにして高いものにして買っていただくよりは、安く大量につくれるという磁器の特性を活かして、より広く楽しんでいただくほうがいいと思っています。
けして手作りの作家物も悪くはないんだけど、磁今としてはこの磁器の素材の特性を活かして作りたいんです。

今村:これは機械轆轤(ろくろ)っていう作り方です。
波佐見焼きは、轆轤(ろくろ)でもオートメーション化してもっと大量生産型にしているところもありますが、いわゆる窯業(ようぎょう)、器を作っているところは轆轤(ろくろ)で手作りしているところが多いですね。

左と右で微妙に形が変わっているのが分かるだろうか。
左が轆轤(ろくろ)を回してできたもの。
右が削りを施したもの。
アウトラインをよく見比べて頂きたい。
わずかに削って、シルエットに微妙な反りを加えているのだ。

今村:一歩間違えればふにゃふにゃしたものになってしまうんです。
キリッとさせたまま柔らかさを出す。
たぶん、うちにしか出来ないことだと思います。

磁今を磁今たらしてめているのは、この削りと釉薬だ。
型から出したものに丁寧な削り作業を施すことで、手作りのぬくもりと微妙な個体差が生まれる。
半ばオートメーションで作られているようで、しかし、しっかりと人の手を入れ、命を吹き込むのだ。

この方法は、たしかに効率的ではないかもしれない。
効率的に生産できる磁器ゆえにもっと企業的な窯元になることは可能なのだが、今村氏はそれを選ばないだろう。

磁今は、とてもデザイン性が高い。
それゆえ時に作家っぽく扱われることも多いらしい。
しかし、そんなとき、この半オートメーションの作り方から「作家じゃないじゃん、なに作家ヅラしてんの」的な評価を受けることもあるという。
これは今村氏にしてみれば、とんだとばっちりだ。
彼は純粋に、実直なものづくり人なのだ。
素材をよく知り、素材を活かしたものづくりをすることは、作り手として絶対不可欠な要素だ。
今村氏はいう。
「僕は社長業は得意じゃないんで、できればずっと作っていたいです。」

ものは人が作る。
まさに作り手の魂の結晶なのだ。

インタビュー第一話【Coquette Talk On】「磁今 JICON」今村製陶さん


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

「磁今 JICON」今村製陶さん 第一話【Coquette Talk On】

コケットのお客様にはお馴染みの食器ブランド「磁今/JICON」を展開する今村製陶さんは、古くからの町屋が立ち並ぶ有田の目抜き通りにある。
有田陶器市が催されるときには、たくさんの出店が並び最も賑やかな場所になるメインストリートですが、催し以外の日常は、なんとも静かな田舎町だ。

こちらが、代表の今村肇氏。
やんちゃ坊主のような笑顔が印象的。

そして上品で美しい奥様の支えがあって、今村氏の情熱が素敵な作品となって羽ばたいているんだなあ。

(記事中の表記、今村肇氏=今村、コケットのマスター高橋通泰=髙橋、筆者コケット高橋香=香、敬称略)

高橋:磁今は、作品にドラマを感じるんです。
佇まいのその向こうにストーリーが見えるっていうか。
和にも洋にもテイストが合う、そして現代にもアンティークにも合う。
何も盛り付けられていなくても、ドラマがある器なんですよねえ。
それはやっぱり生成りの白が所以なのかなあ。

香:「ストーリー性がある」っていうのは、コケットのモノ選びの基準にしていて、それだけで完結しない。
他のものと掛け合わせたときにいい役者になる。
モノの向こうにある物語を大切にしているんです。

今村:まあ、うちのはそんなに主張が強くないんで、馴染みやすいっていうか。

高橋:逆にそれがいいんですよ。
出すぎず引きすぎず。そしてすごく温かみがありますよね。

今村:前からあったかのような?(笑)
これ出来た時もみんなで言ったんですよ。あれ、前からあったかなって(笑)

香:ああ、そうですね。分かります、その感じ。
そのままでアンティークのようでもあるし、アンティークと一緒に使っても違和感がない。

今村:ひと昔前だと、伝統を否定して新しいものをっていう考え方があったんだけど、僕らは伝統を引き継いで肯定して、今必要とされている部分はどこなんだっていう考えの上でモノづくりをして来たし、これからもしようねっていうふうには考えています。

なるほど、モノづくりに対するとても真摯な姿勢が見て取れた。
そうか、今村氏が語った“自己主張しない”という磁今の個性は、そのまま今村さんのものづくりの姿勢でもあるのだ。
伝統工芸の世界にいると、伝統という長い流れの中に立って、自分という個のあり方とのジレンマに苦しむこともあるだろう。
しかし、彼はその流れに掉さすことはせず、流れの一部として個性をうまく表現している気がする。
伝統を引き継ぐ者のその真摯な生きる姿勢に共感を覚えつつ、私たちは工房へと向かった。

その時、奥様が「全工程をしている有田焼の窯元ってなかなかないので、どうぞご覧ください。」とおっしゃった。
全工程?そのファクトリーな響きに、そもそも有田焼つまり磁器ってどうやって作られるのだ?という疑問が、いまさらながらに沸いた。
焼き物って、土をこねてロクロで成形して窯で焼く。
高校の美術の授業で作ったことがあったから、何となくだがそんなものだろうと思っていた。
しかし、このあと磁器と陶器ではこんな違いがあるのかと驚くことになる。

今村:有田焼っていうのは、基本的には分業制なんです。
原型は自分で作って、石膏型を作って、そこから窯元で焼いて、上絵付けはまた別の業者がする。
それぞれの専門職があって外注するんです。

高橋:分業制なんですね。知らなかった。

今村:400年やっているので、分業のほうが生産効率もいいし、そのほうがクオリティも高く保てるんです。
大量生産大量消費の時代は、それが良かったんだけど、今はそんなにめちゃくちゃ売れる時代でもないし。
やっぱり分業制のデメリットもあって、自分は大量生産するつもりはないし、かといって個人の作家さんが一個二個っていう作り方もしたくない。
自分は程よい量を安い値段で、しかも味わいあるものを作りたいと思ったんです。
なのでうちは、外注に出さず全部うちでやっています。

そうか、先ほど奥様がおっしゃった全工程をやっているというのはそういうことか。
工房の一角では職人さんが、湯のみのひとつひとつに釉薬をかける作業を行っていた。
陶磁器は、いくつかの作り方があるが、基本的には原料の粘土を石膏型で形どり、乾燥と幾たびかの窯焼きを重ねて作られる。

高橋:僕は磁今のイメージは、どちらかというと使うというよりは飾っておきたい感じなんですよね。

今村:えっ、使ってください!(笑)

香:あら?私は使いたいけどなあ。
実際コケットのランチでも使ってるしね。(笑)

今村:あ、でも分かります。
食器棚に置いて絵になるっていうのは、みんなで意識して作ってます。
これを見てもらったらわかるんですけど、これがなま生地っていうもので、型から抜いただけの押したらポコって折れるような生地なんですけど、型の切れ目のフチなんかがやっぱり残っているんですね。
それを一個一個キレイにフチを削りなおして、フォルムをはっきりさせる。
大量生産だとこのまま次の工程に行ったちゃうんだけど、うちはここでいったん形を決めなおして、形をはっきりさせるんです。

香:こまかい作業に手間がかかってるんですね~。

今村:手間っていうより、地味(笑)
地味なんだけど、これがけっこう重要でここで磁今の思う形を作るんです。

高橋:受注生産でもないし、大量生産でもない、程よい量って感じですか?

今村:そうですね、自分たちはそれぐらいのほうが気持ちがいいですね。
最初の石膏型を使ってできる形以外は、ほぼ作家ものと変わらないんですよね。

高橋:やっぱりこの菊のデザインっていうのは、大事なラインなんでしょうか?

今村:そうですね、ただ菊のデザインっていうのは一番手間がかかるので、生産率としてはなかなか上がらないんですが。

高橋:有田焼=菊っていう伝統的な形ですよね。

今村:そうですね、昔からある形なので、でもそれをあえてやりたいというか。
あるとき東京のディレクターさんが「あらためて、磁今が菊皿っていうものをいいなと思わせてくれた」とは言ってくれましたね。

高橋:ほかにも有田焼の菊皿ってありますが、僕は磁今は他とは違うものを感じているんですね。
フォルムの丸さに温かみと優しさを感じるんです。

今村:それは、じつは意識していて、他はコンピューターで作るんですね。
デザイナーさんからコンピューターでデザインが上がってきて、作るのもコンピューターで作ってます。
でもうちは、もちろんデザイナーさんからはコンピューターで作ったデザインが来るんですが、そこから先はぜんぶ手でやる。
それによって、あえてちょっとゆるい仕上がりなるんです。

高橋:ああ、それがこの独特のぬくもりを生むんだなあ。

この後、実際に磁器を作る工程を見せて頂いた。
単純に「土をこねて焼く」のではないことを改めて知った。
磁器は、本来機械的に作ることができるものだ。
それゆえに、大量生産品のように海外に多く輸出されていた歴史がある。
磁今も機械を使って作るのだが、それは大量に作るためではなく、原料の特性によるものだ。
原料の粘土を型にはめて形作るのだが、それをあえて手ごねで作るのはナンセンスだ。
原料の特性に合わせた作り方をし、そこに出来る限り人の手を加えて、手作りの良さを加えるのだ。

次回は、工房のさらに奥へ。
磁今らしい温もりが生まれる工程をご覧いただきます。
お楽しみに。

(第二話へつづく)

インタビュー第二話【Coquette Talk On Vol.3】「磁今 JICON」今村製陶さん


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。