“はたらく”のこれから

先日、友人が「働き方改革で夫の残業代が減って家計が苦しい」とこぼしていました。
働き方改革とはいうけれど、つまりこれ休み方改革だなというのが実感。
外国人労働者の受け入れ拡大も今後進んでいくかもしれない。
そんな中、私たちの“はたらく”について少し考えてみました。

前述の友人は、そんなこんなでパート先を探しています。
都市部ならいざ知らず、地方ではパート先が選べるほどあるかというとそうではないし、ずっと専業主婦だった彼女は未経験だと不利なのよね~とこぼしています。

最近では、パートアルバイトであっても専門性を求める時代です。
各社の募集要項では「あなたの専門性を活かした○○」とか「スペシャリストとして活躍してください」なんていう文言が躍っています。
こう見ると、経験知やスキルを問われているように見えますが、そればかりではないと思います。
つまり、プロ意識を持って仕事できるかどうかということなのです。

コケットもまったく同じです。
たとえパートアルバイトであっても、プロ意識を持っている人は働き方が違いますし、暮らしそのものが楽しそうです。
生き生きしています。
輝いています。
「コケットではたらくという人生」を楽しんでほしいと私たちは思っています。

CoCo壱番屋さんの企業理念に「ニコ・キビ・ハキ」というのがあります。
「いつもニコニコ笑顔で、キビキビと動き、ハキハキと受け答えする。
感謝の気持ち、前向きな意欲、最善を尽くす努力などをしっかり身につけ、常に当たり前のこととして実践するよう心がけています。」
というものです。

にこにこ・キビキビ・ハキハキしている人をみると、こちらも元気になってきますよね。
お金のために働くというのでは、なかなかこうはいかないかも知れません。
職業人としてのプロ意識とプライドをかけて働く。
はたらく人生を楽しむ。
そうすればお金は後から必ずついて来ます。
と私は信じています。


コケットの募集要項はこちら


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

祝4周年!

2019年 Coquette

令和元年9月24日コケットは4周年を迎えました。

ひとえに皆様のご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。

平成27年9月、中津市旧市街の路地裏に小さなカフェをオープンしました。
はじめた当初は、夫婦ふたりだけで営めるお店をという思いでしたが、やっているうちにだんだんと、自分たちらしくありたいと思うようになって行きました。
お客様にぜひこんな風に過ごしていただきたい、楽しんでいただきたいと思えば思うほど、あれをやってみよう、これをやってみようと仕事の幅をどんどん増やしてきたように思います。
夫婦で営む焼きたてワッフルと自家製ドリンクだけのお店でしたが、次第にメニューも増え、二十四節気のおばんざいランチや暮らしの道具の販売など、お店の幅も広がって行きました。
いまではスタッフも3人になり、オンラインコンテンツも増え独自イベントの開催などもさせていただけるようになりました。

本当に感謝の一言です。

ただ、シャイな私たちは(笑)4周年といっても特にイベントをするというわけでもなく、広告するわけでもなく、粛々と今日を迎えました。
明日から5年目に入ります。
これからも、地域の皆様に愛されるお店として、また遠くからお越しいただいたお客様に“来てよかった!”と言っていただけるお店として、スタッフ一同真摯に取り組んでまいります。

これからも、コケットをご贔屓の程なにとぞよろしくお願い申し上げます。

2015年 Coquette

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり 11:00-17:00

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。

インタビュー取材を受けました。

雑誌「暮らしの手帖」の元編集長でエッセイストの松浦弥太郎さん、ジャーナリストで作家の佐々木俊尚さんらが創設した「SUSONO」というコミュニティがあります。

私は、そのSUSONOコミュニティのメンバーなのですが、先日、SUSONOからインタビュー取材を受けました。

SUSONOには毎月テーマがあり、そのテーマに沿ってイベントが行われたり、Webコンテンツが展開されたりしています。

今回は、「決める」というテーマに基づいたインタビューでした。

神戸から大分県中津市へ移住し、カフェを経営する中での様々な決断についてお話しさせていただきました。

これまで、コケットのWebコンテンツ「Coquette Talk On」にて、誰かにインタビューすることは何度か行ってきたのですが、私自身がインタビューを受けることは初めてです。

とても緊張しましたが、とても新鮮な体験でもありました。

これまで無我夢中で走ってきて、正直言って後ろを振り返る余裕も無かったので、あらためてこれまでのことを思い返してみることが出来ました。

人生とは、様々な決断の連続です。

なにも経営者でなくとも、人は毎日多くの選択と決断を繰り返しています。

朝起きて朝食のパンに塗るジャムの種類や今日着る服を決めるのも“選択と決断”です。

過去の出来事を振り返って「あー、あの時あっちを選んでいれば、今もっと違う人生になってただろうなあ…」と思うこともありますよね。

私たちがカフェを開業することを決めたのは、どちらかといえばせざるを得ない状況で開業という選択に至ったのですが、ある意味それが良かったように思います。

それまで「いつかカフェをやりたいな」という思いはありましたが、いやもっと正確に言うと「いつかカフェをやるんだろうな」というぼんやりとしたイメージはありました。

積極的に「やるんだ。やりたい。」というイメージではなかったわけです。

今思えばそれで良かったと思います。

やりたいからやるのではなく、やらなきゃならないからやる。
自発的な「やる」はモチベーション次第で「やめる」の選択もできます。
でも、やるべくしてやっている場合、「やめる」の選択肢がありません。
あとは、どうやるかを考えるしかないのです。
つまり私たちはそういう思考の癖をもっているのでしょう。
これは、私たち夫婦の唯一(?)の共通点かもしれません(笑)

SUSONOでは、これからについても話題になりました。
これからも思考の癖は変わらないでしょう。
しかもダブルパワー(ふたりとも)ですから(笑)

今回の取材では、インタビューという作業スキルの勉強にもなりました。

これから、コケットのWebコンテンツ「Coquette Talk On」に活かしていきたいと思います。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり

駐車場をご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。