磁今-JICONを訪ねて

ずっと念願だった愛用の食器の窯元へ、やっと訪問が叶いました。
このところ12月とは思えないような陽気が続き、急に寒くなった定休日。
この冬はじめてクローゼットから出したコートを羽織り、いつものカメラバッグを肩に、マスターと二人で有田へ向かいました。
コケットのお客様ならお馴染みの食器ブランド「磁今/JICON」を展開する 今村製陶さんは、古くからの町屋が立ち並ぶ有田の目抜き通りにあります。
有田陶器市が催されるときには、たくさんの出店が並び最も賑やかな場所になるメインストリートですが、催し以外の日常は、なんとも静かな田舎町です。

以前、東京でマスターが今村さんとお会いした時に訪問のお約束をして以来、久しぶりの再会。
私ははじめまして。
今村さんは、写真のとおり、気さくで可愛い印象の方なんですが、作品に対する情熱がものすごく溢れているのです。
作品への愛というか仕事への愛というか、そういったものがとめどなく溢れている。
正直とてもシンパシーを感じました。

いま取り組んでいる新しい作品のこと、「磁今/JICON」の器がどうやって出来上がるのか。
陶器ができる工程はなんとなく知っていたし、想像がつくのだけど、磁器となるとどうやって出来上がるのか、原料はどんなものかさえ、よく知りませんでした。
磁器ができるまでの工程を事細かに聞くことができて、いつも使っている食器が生まれる過程を知ってとても勉強になりました。
もちろん、そのあたりのことは詳しく後日またブログにてお知らせしますので、どうぞお楽しみに。

ともかく、とても良い出会いだったように思うのです。
作品にはずっと前に出会っているのですが、その作り手である今村さんには今やっとお会いしたわけで。
何かにまっすぐに取り組んでいる人のなんと清々しいことか。
潔さというか、混じりっけなさというか、単純明快というか。
まさに磁器のごとく白くすっきりとした透明感を感じ、ひさびさに信頼できる人に出会ったような喜びを感じたのでした。

奥様がそっと出してくださった深めの珈琲をいただきながら、今後の展開をお聞きするなかで、僭越ながらもマーケティングアイデアをご提案させて頂いたりして、でもそれがもしも実現したら、本当に素敵なんだがなあ、なんて思いながら帰路についたのでした。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

https://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
駐車場をご案内しますので、お声掛けください。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。