ヨーガンレールに学ぶブランディングとは。

今日また東京出張に来ています。

二日間の弾丸日程ですが、今回の出張でもやはり訪れたのはヨーガンレールです。

ヨーガンレールというブランドをご存知でしょうか?
有名なブランドですから、ご存知でしょうかなんて聞くのは野暮ですね、ごめんなさい(笑)
コケットにご来店くださる皆様には、ご愛用くださっている方も多いと思います。

天然石鹸やカトラリー、オーガニックコットンタオルやタッサーシルクなど、天然素材にこだわった生活道具や日用品などを多く取り扱うババグーリというブランドを展開しています。

こちらがヨーガンレール本社建物です。
おもむきありますね~!
ヨーガンレール本社は、清澄白河駅からほど近い閑静な住宅地にあります。

向かい側には深川図書館。
緑の林の中にたたずむ素敵な建物です。
東京は、意外かもしれませんが緑が多いので
す。
恩賜公園といって、上野公園や井之頭公園などのように広大な公園地がいくつもありますし、かつての武家屋敷跡などが公園として公開されているような場所もたくさんあります。

東京へ赴く際、いつも密かに楽しみにしているのが、ヨーガンレールの社員食堂なのです。
動物性たんぱく質は一切使用しないでつくられる料理。
そう、肉や魚は使用しない
砂糖すら使用しないで、このクオリティーを出すな
んて、ここにはもう何度も来ていますが、未だにまったく信じられない。

なんだこれ。
写真中央の棒状のものです。
いったいどこから食べればいいのやら、と一瞬ためらったのですが、なんとなく皮らしきものを剥いてみると

中からなんとヤングコーン!
そうなのね!丸焼きだったのね(笑)

素朴でシンプルな料理ですが、そこはかとない魅力にあふれているんですよ。
しかも、これらの料理はみな、故ヨーガン・レール氏の好みに合わせ、要望を聞きながら出来上がった料理なんだそうです。
忖度もここまでくればまさに芸術。
故ヨーガン・レール氏が、どれほど素晴らしい人物だったかが伺えます。
とりわけ彼がいかにスタッフたちに尊敬され愛されていかがよくわかります。
ヨーガンレールは、天然素材を用いて手仕事でつくることに一貫してこだわりものづくりをしてきたブランドです。

ブランディングとは、人材育成でも経営でも、どんな場面においても経営者の魂が染み渡るほど徹底してこそ、ブランドとしての付加価値が生まれるのだとあらためて実感しました。

この夏野菜のラタトゥイユがまた美味なんですよ。
肉を使わないのにこの美味しさって、どゆこと?

ご飯とスープは、各自でお椀に取るスタイルです。
ここでも「おひつ」愛用しているんですね~。
ちなみにおひつが黒ずんでいるでしょ?
これ、カビのようにみえるけどそうではないんです。
天然木のタンニン(鉄分)とごはんのデンプンが反応したものなんです。
体に害のあるものではありませんのでご安心を。

ヨーガン・レール氏の魂をまさに身をもって味わうことができるのがこの社員食堂なのですが、残念ながら、それが出来るのは社員の皆様とわれわれ関係業者のみ。
ここぞとばかりに思う存分楽しませていただきました。

ごちそうさまでした。(合掌)


コケットで買えます。

ヨーガンレール/ババグーリ

おひつ/東屋


 ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel:0979-22-8234
住所検索されますと全く違う場所に案内されてしまいます。
中津城を目安にお越しください。(中津城より徒歩1分)
お車で店頭までお越しください。
駐車場をご案内いたします。