コロナ禍で変わるもの変わらないもの。

今日は、お客様から頂いたあるご質問にお答えしたいと思います。

Q,お弁当のテイクアウトはしないんですか?

A,コケットは野菜づくしのおばんざいランチをやっています。
ランチをお弁当にしてもいいんじゃないかなあと思ったのだそうです。

コケットは、数年前からワッフルのテイクアウトをやっています。
コロナ禍の現在も、以前と同じスタイルでテイクアウトワッフルを提供しています。

なぜお弁当テイクアウトをやらないのかというと、
やっても意味がないからです。
いやむしろ逆効果だからです。
すでにお弁当販売をやっている飲食店の方々は、売っても売っても
「ぜんぜん儲からなーい!」
と、心の中で叫んでいるのではないでしょうか?

美味しいトンテキが名物のある居酒屋さんのおはなしです。

【よっしゃやるぞの闘魂期】
名物「トンテキ弁当」を販売しようとなった。
今までの業態での利幅を確保したいとなると1個1500円になる。
しかしそれでは売れないから、利益無視で1個1000円で売る。

【起死回生の改革期】
近くのお店が800円のテイクアウト弁当を始めた。
ならばうちは500円弁当だ~!と「から揚げ弁当」を売り始めた。
もはや「名物トンテキ」は消えている。

【やるしかないの競争期】
価格競争が始まった。
そもそもそんなにたくさん売れるものでもない。
ロスも出る。

【後悔の疲弊期】
たくさん仕入れたお弁当箱という在庫を抱えて途方に暮れる。

コケットも必ずこうなると思っていました。
なので、もともとあったテイクアウトワッフルを価格を変えることなく、内容も変えることなく販売しています。
おかげ様でコロナ禍以前よりたくさんのお客様にお買い上げいただいています。
が、もちろんそれだけでやっていけるレベルでにはぜーんぜん足りませんし、そもそもそんなにご来店が多いと逆に問題かもしれません。

コロナ禍は必ず終わります。
緊急事態宣言も東京・大阪など一部地域を除いてほぼ解除されました。
大切なのは、自分(店主やスタッフも含め)や自分のお店が変わり果てていないことです。
あなたのお店に行きたいと思っている人はきっとたくさんいます。
かならずまた来ていただける。
その時に、以前と変わらないあなたがいて以前と変わらない美味しい料理が食べられることです。

あ、すみません、いま完全に同業者さん向けに書いてましたね。
この町の飲食店全体がまた依然と同じように元気にそして町の皆さんのオアシスとして息を吹き返すように、心からの願いを込めて今日のブログを書きました。
また笑顔でお客様にお会いできる日々を、今は心から楽しみにしています。


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
TEL 0979-22-8234
駐車場あり(ご案内します)

駐車場はご案内しますのでスタッフにお声掛けください。
住所検索されますとまったく違う場所に案内されることがあります。
迷った場合はご遠慮なくお電話を。