コケットの働き方改革 続編

今まで定休日はあっても、私たち店主夫婦は休みといえるような休みを一日もとっていないことに、周囲の人々から「もっと普通に働けないの?」というお言葉をもらうことがあります。
昨日のブログを読んだお客様から嬉しいお言葉を頂きました。
「コケットさんはお客さんも多いし、良いお店だからそこまで頑張らなくてもいいんじゃない?」
私たちもそれができたらどんなにいいかと思います。

国の統計では、全国の喫茶店数は平成8年の約10万店から平成26年には約7万店と、この18年間でおよそ30%減少しています。
個人経営だけで見ると、およそ45%も減少しています。
しかし、法人・団体つまりスターバックスやサンマルクなどのチェーン店の店舗数は、ほぼ横ばいか10%程度の減少に留まっています。
いずれにしても、喫茶店は全国的に減少傾向です。
それに反してコーヒー飲料の消費量は、平成8年の約35万トンから平成26年の約46万トンと増加しています。
コーヒーを飲む文化の裾野は広がったけれど、その場所は喫茶店でなくても良いという時代になったのでしょう。

コケットでは、開店当初からコーヒーはサブ的存在です。
ドリンクメニューのメインは、看板商品の自家製生姜シロップとサワードリンクです。
コケットはカフェですが、コーヒーのオーダーは本当に少ないです。
だからといって、コーヒーをどうでもいいなんて思っているわけではありません。
今まであえてアピールしたことはないのですが、コケットのコーヒー豆は湯布院塚原高原の珈琲焙煎所木馬さんの当店オリジナルブレンド豆を使用しています。
ご注文を受けてから豆を挽き、ハンドドリップで淹れています。

ありがたいことにお客様からワッフルが美味しい、ランチが美味しいと言っていただきます。
もちろん、そのための日々の努力は怠りません。
けれど、もっと大切なのは「美味しいプラス○○の部分」だと思うのです。
コケットのコンセプトは、「遠くからやってきた友人をおもてなしするようなそんな気持ちで、心と体に心地よい空間をご用意しています」です。
美味しいプラス心地よいおもてなしと心地よい空間を大切にしています。

味覚は十人十色です。
コケットのワッフルを美味しいと思って下さる方もあれば、そうでない方もあります。
心地よさも十人十色です。
コケットのカフェ空間を心地よいと思ってくださる方もあれば、そうでない方もいらっしゃるでしょう。
誰もが好む味や誰もが好む居心地を追及するのは、大手チェーン店にお任せしたいと思います。

私たちは個人店です。
すべての人に好きといってもらえなくても、ご来店くださったお客様に「来てよかった」と思っていただけたら、そのために精一杯頑張ります。

この20年間で、喫茶店の半分が消えてしまったこの時代に、それでもカフェコケットに行きたいと思っていただけるように。
やっぱり、定休日も働いてしまいます(笑)

これじゃあぜんぜん働き方改革になっていませんが(笑) これから!これからです!

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)

#カフェのこと

#暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。