ヨーガンレールの社員食堂に行きました。

ヨーガンレールの社員食堂は、一般公開されていません。
年に数回ある展示会などの機会には、バイヤーやプレスなど、社員以外の訪問者も利用する事ができます。
今日は「ごはんとおやつと暮らしの道具店Coquette」の店長高橋通泰が、2018年秋、ヨーガンレール本社を訪れた際の社員食堂での様子をお知らせしたいと思います。

こちらのひときわ趣のある建物がヨーガンレール本社です。
近年、ブルーボトルコーヒーやおしゃれなカフェなどが次々に出店していることでも注目されている東京・清澄白河の閑静な住宅街にあります。

そしてこちらが、ババグーリのショップのエントランスです。
ここでもうすでに、ヨーガンレール・ババグーリの世界観にぐっと引き込まれてしまいます。
緑あふれる階段を上った先にヨーガンレールの社員食堂があります。

大きな窓から見える緑の木々が清々しく、ここが本当に社員食堂かと疑うくらいのおしゃれ空間が広がります。
高橋が訪問した日は、外部からの訪問者を受け入れる特別な日でしたので、それぞれがごはんやスープを好きなだけ盛り付けられるように前方に島が作られていました。

毎回、ヨーガンレール本社訪問で心から楽しみにしているのが、ヨーガンレールの社員食堂でのランチです。
ヨーガンレールの社員食堂は、オーガニックのベジタリアン料理として有名です。
コケットのランチも野菜ばかりのおばんざい料理ですから、よく似ているのですが、ヨーガンレールの社員食堂のメニューはもっと徹底しています。
その季節にできる旬の野菜で、ごはんは玄米、調味料も含めてすべてオーガニックのものを使用しています。

「土に還らないものはつくってはいけない、仕事でも生活のシーンでも環境を考えることが重要です」
これはヨーガン・レールさんのお言葉です。
自然との調和と共生を大切にされてきたヨーガン・レールさんのこだわりが食という場面で表現されているのが、ヨーガンレールの社員食堂なのです。

肉・魚・砂糖を使わずに満足する一皿を作る。
私たちも毎日苦心しているので、それがどんなに大変なことかよくわかります。
ましてや、コケットでは砂糖は使用しますから、砂糖さえ使わないなんてことがどんなにすごいことか。
ごはんは赤米入りの玄米ご飯、たかきびのズッキーニボード、トマトと小松菜のスープ、ラタトゥイユ、キャベツやなすびのぬか漬け、りんごとセロリのサラダ、きのことほうれん草の炒め物。
どれも、口に運んだ瞬間すぐ「美味しい!」とはなりません。
よく噛んで味わって、食べ終わった時には不思議なくらい満足感に満たされる。
じんわり染み込むような美味しさ、それがヨーガンレールの社員食堂なのです。

ヨーガン・レールさんの自然環境への畏敬の念がもっとも込められていて、もっとも表現されていると言ってもいいのが、ババグーリの暮らしの道具です。

環境を汚さない、土に還る素材で、ていねいな手仕事でつくられた服や暮らしの道具など、自分にとって必要不可欠なもの。
それがヨーガンレールのババグーリです。
ごはんとおやつと暮らしの道具店Coquetteにお越しの際は、ぜひババグーリを手に取ってみてください。

#ヨーガンレール #ババグーリ


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

【インタビュー】珈琲木馬 小野悦典さんに聞きました。第二話

小野さん:ところでさ、高橋君はなんでハンドドリップ珈琲にしたの?
いまどきのカフェって、マシーンが好きじゃない?
高橋:コケットをオープンするとき、マシーン、フレンチプレス、マキネッタ、いろいろ考えました。
でも日本人として、珈琲はやっぱりハンドドリップだなと。
小野さん:そうなんですよ、ハンドドリップなんです。
高橋:だってハンドドリップって面白いじゃないですが、じつはすごく奥が深い。
湯の落し方、スピード、それだけでも味がぜんぜん変わってくる。
丁寧に入れた珈琲の美味しさって、やっぱりハンドドリップが一番だなって。
小野さん:そう、ハンドドリップこそ日本の珈琲の象徴ですよ。
高橋:日本らしいですよね、茶道の野点にも似ている。
エンターテイメント性がありますよね。
小野さん:昔ね、亀の井別荘で国際的な建築学会があったんだけど、食事会の時にみんなの前でハリオの珈琲ドリッパーでハンドドリップで珈琲を淹れたら拍手が沸き起こってね。
ちょっと驚いたんだけど、日本人の僕からしたらハンドドリップって珍しくない。
けど、世界から見たらそうじゃないんだよね。
もう立派なエンターテイメントだった。

珈琲木馬,小野悦典,高橋通泰,コケット

高橋:小野さんの珈琲って、どこか懐かしいっていうか、いつかどこかで飲んだことがるような感じがするんですよね。
だからといって、古臭いとかそういうんじゃなくて、ノスタルジーっていう表現が一番しっくりくるかなあ。
小野さん:その辺ってすごく大事なんですよね。
たとえば、ローストにしても僕はいつもこのくらいまでは焼くので。

珈琲木馬,小野悦典,高橋通泰,コケット

小野さん:浅煎りで酸っぱい味をだすのも面白いかもしれないけど、普段の食事で酸っぱいものばかりだとちょっと辛いでしょ?
主食のごはんみたいな、毎日飲んでも飽きない珈琲っていうか。
高橋:要するにバランスが大事ってことですよね?
小野さん:そうだね。だからローストの位置なんかもそのへんやっぱりヨーロッパなんかはしっかりしていて、ミディアムローストの珈琲がやっぱり主流で、ミルクにも合うし砂糖との相性もいいしっていう。
が:結局今の時代はおかずだけでも生活できるっていうか、偏食傾向みたいなところがありますね。
小野さん:生活が豊かになって、味覚範囲も広がって、すっごい苦いのもあるし酸っぱいのもある。
それは自由だけど、毎日飲むんだったらどこなんだっていうことを僕は考えるんだよね。
高橋:流行に左右されない。
小野さん:うん。そうだね、流行りのものを追いかけたほうが、もっと売れるのかもしれないけど(笑)

小野さん:でも僕はやっぱり、中谷健太郎さんと出会って、亀の井別荘の珈琲を任せてもらうことになって。
中谷健太郎さんは、僕にとってみれば生きがいだったから、亀の井別荘の珈琲として恥ずかしくないものをって、そこをずっと追いかけてきた(笑)
高橋:中谷健太郎さんは、小野さんの道を切り開いた人、人生のきっかけを作った人なんですね。
小野さん:そう、僕はホント、ただの玖珠の田舎の焙煎師だったんだけど、中谷健太郎さんに出会って変わったんだよね。
草野球やってたところ、健太郎さんに「お前やってみろ」って言われて、まともな野球選手に変えてくれたんだから、それはもう僕は一流にならざるを得ないぞって一生懸命やってきました。
高橋:やっぱり小野さんもそうなんだなあ、芯がありますよね。
ブレない。
良い時も悪い時もあるんだろうけど、変わらない。
小野さん:流行っても流行らんでもしっかりした仕事は続けとかんと、芯がないとね。
ただ、僕の場合は特異ですよ。
健太郎さんがそれだけの負荷を俺に与えてくれた。
だからこれまでやってこれたわけで、本当に感謝ですよ。
高橋:僕もブレない男でいたいなあ(笑)
(おわり)

【インタビュー連載】第一話 珈琲木馬 小野悦典さんに聞きました。


【 profile 】

小野 悦典
湯布院・塚原高原「珈琲木馬」代表。
丁寧にローストされた自家焙煎珈琲と奥様の焼く素朴な焼き菓子は、多くの食通・珈琲通に定評がある。
珈琲木馬
大分県由布市湯布院町塚原奈良山4-35


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

【インタビュー】珈琲木馬 小野悦典さんに聞きました。第一話

珈琲木馬,小野悦典,コケット

高橋:小野さん、お久しぶりです。
僕は、毎日小野さんの珈琲をいれているから、毎日小野さんに会っているみたいなものなんだけど(笑)

小野さん:あはは、そっか。
今日はよろしく~!

珈琲木馬 コケット

高橋:今日はもう特にテーマはなく、小野さんのお仕事ぶりを中心に珈琲談議をしたいなと思っています。
テーマはないって言っておきながら、珈琲談議ってテーマを振っちゃってますけど(笑)
でも小野さんと話すのに珈琲抜きってのは野暮ですもんね。

小野さん:いやあ気づけば40年、珈琲に向き合って来てしまったよね~。
最初に居たところが湯布院の亀の井別荘でしょ?
それがね、いま思えば僕の人生には大きな出来事だった。
なにせ当時の亀の井別荘はすごかったから。

高橋:本当にそうですね、今と昔では湯布院のイメージもずいぶん変わってしまったんですけど。
僕は小野さんよりずっと後に亀の井別荘ににお世話になった世代なんですが、お客様がすごく良かったと思います。
お客様に育てて頂く、その感覚を初めて学んだのが亀の井別荘でしたね。

珈琲木馬 コケット

小野さん:旅館に泊まっているお客様も文化人が多かったでしょ?
だから目も舌もこえているお客様がとにかく多くてね。

高橋:そうですね、僕もよく当時の人気歌手や女優さん方をたくさん接客したのを思い出します。
その上めちゃくちゃ忙しかった。
お昼の湯の岳庵なんて待ち時間が2時間とか当たり前でしたもんね。

小野さん:亀の井別荘の天井桟敷っていう喫茶店が、当時日本でも5本の指に入るといわれている素晴らしいロケーションの喫茶室だったから。
その天井桟敷で提供する珈琲として恥ずかしくない珈琲を焼こうと。
だから、それだけでこの40年を使ってきたんですよ。
もっと商売が上手だったらもっと売れてたと思うんだけどね(笑)

高橋:亀の井別荘の珈琲は衝撃的でした。
深煎りローストのものすごくコクの深い珈琲で、とても印象的な珈琲でした。
それは、いまも続いてますよね。

小野さん:それはね、むかし林玄さんっていう方がコクテル堂っていうのを作ったんですよ。
一時期ね、もうそれはそれは、すごくよく売れまくってたところなんですよ。
昔の日本には深煎りの珈琲がなかったから。
ダークローストっていうのがなくて。

高橋:もともとは亀の井別荘の珈琲はコクテル堂さんのだったんですか?
エイジング珈琲といって熟成生豆を使ってしっかりっとした味わいの珈琲として有名ですよね。

小野さん:そうです。
で、あるとき僕が、亀の井別荘の当時社長だった中谷健太郎さんのところへ行って「珈琲の仕事させてください」っていったら、健太郎さんはもう何も言わんでコクテル堂さんをやめたんですよ。
もうそれはね~、当時コクテル堂っちゅうのは、マニアの間でも一番有名な珈琲屋やったんですよ。
それを止めて俺にやらせるちゅうことは、「お前それを命がけでやれ」っていうことやと。
それはもう、俺の中で何トンかのおもりが背中に乗った瞬間やったね。(笑)

高橋:そういういきさつがあったんですね。

小野さん:当初は、いっさい店も開けんで、納品する豆よりも捨てる豆のほうが圧倒的に多かった。

高橋:ええ~っ、それじゃあ儲けがないじゃないですかあ。

小野さん:でもそれだけ俺の責任っていうのは重かったんですよ。
健太郎さんがそれを俺に変えたんだったら、俺はもう命がけでしなきゃっていう。
それでもうここまでのめりこんじゃった。(笑)
だからいま、巷で起こっていることは僕にしてみれば異様なことですよ。

珈琲木馬 コケット

高橋:そうですね、今、ちょっと珈琲ってファッションになってるところありますよね。
雑貨店やアパレルショップで珈琲豆が売られているのも、近頃当たり前の光景で、こういう場面での珈琲って必ず、コンセプト重視でパッケージがいい。

小野さん:そう、だから俺にしてみれば、100gで千円も二千円もする珈琲なんて考えられないんだよね。
珈琲ってそういうもんじゃないんじゃないかなって、もっと暮らしに密着したものだと思うんだけど。
花の香りがするとかバニラの香りがするとか、フレーバー珈琲なんていうのもあったりしてさ。

高橋:小野さんの珈琲は、たしかに特徴的なんですけど、だからといって過ぎてないっていうかバランスがいい。
例えば映画祭ブレンドなんてめちゃめちゃ濃くて深くて特徴的なんですけど、毎日だって飲めますもんね。不思議に。

小野さん:そう、バランス。
珈琲ってバランスがすごく大事なんよね~。

高橋:小野さんの珈琲には、小野さんの人柄っていうか、魂が入っていると僕は思うんです。

(次回に続く)

【インタビュー連載】第二話 珈琲木馬 小野悦典さんに聞きました。


【 profile 】

小野 悦典
湯布院・塚原高原「珈琲木馬」代表。
丁寧にローストされた自家焙煎珈琲と奥様の焼く素朴な焼き菓子は、多くの食通・珈琲通に定評がある。
珈琲木馬
大分県由布市湯布院町塚原奈良山4-35


ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

ヨーガンレールの天然石鹸【体験リポート!】

皆さんこんにちは!

コケットの元スタッフでコケット専属モデルのえりかです。

今日は、あのヨーガンレールの天然石鹸を実際に使って、洗顔した感想をリポートしてみたいと思います。

\実際に洗顔してみた!/

100%天然素材の石鹸って、

泡立ち悪いんじゃない?

つっぱるんじゃない?

変な匂いがしそう・・・。

いろんな疑問がわいてきますよね?

そこで

(1)使用したのは、ジャタマンシ。

ババグーリの天然石鹸は、全身洗いに使えますが、化粧石鹸としてお使いいただくのなら、ジャタマンシが最もおすすめです。

まずは、泡立ち。

スポンジを使って泡立ててみました。

泡立ち方は、普通のミルク石鹸と同じような感じです。

特に良いとか悪いとか、気になるところは特にありませんでした。

モコモコ泡がお好きな方は、いつもお使いの泡立てネットやスポンジなどを使用していただけば良いかと思います。

(2)いざ、洗顔。

第一印象は、やっぱり素敵な香り

ヨーガンレールの石けんは、なにせ香りが良いのです。

洗っている間も心安らぐ香りに包まれて、癒される~。

手のひらでごしごしせず、泡で洗う感じにすると良いらしいので、そこを意識しながら。

ぷは~。

ふわモコの泡が、気持ちいい~。

特に気になる刺激もありません。

天然成分だけで作られているとは思えないほどの優しい肌触り。

いやいや、天然成分だけで出来ているからこそ、この優しさなんでしょうね!

では、洗い流しま~す。

ああ~気持ちよかった。

水道水で洗い流したあと、つっぱり感は、ほぼゼロ。

あれ?

前よりちょっと柔らかくなってる?

ジャタマンシは、肌を柔らかくしてくれるハーブといわれているだけあって、その効果でしょうか?

むしろ、お肌が少ししっとりと、柔らかくなった感じがします。

やったね!(笑)

ババグーリ 石鹸 天然石鹸 ヨーガンレール ジャタマンシ 洗顔石鹸

あ~、さっぱりした!

化粧石鹸としてお使いになるなら、ジャタマンシが最もおすすめです。

全身洗いにお使いになるなら、はちみつ・白檀とウコン・バジルもおすすめです。

ヨーガンレールの石鹸はとにかく香りがいいです。

香りの良さでいうと、店主のカオリさんは、はちみつのほんのり甘い香りが好きなんだとか。

マスターは、バジルなんですって。

私は白檀とウコンが好きかな。

みなさんも、ぜひ使ってみてくださいね~。

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

シリーズ:おもろいヒト

キッチハイク
wantedly.comより引用hitchhike

今日いち共感したストーリー。
人に道ありです。
株式会社キッチハイク代表の藤崎祥見さんをご紹介したいと思います。

私自身は、レストランを営む両親のもとに生まれました。
独身時代、両親とともに家業に従事するなか飲食業の過酷さをいやというほど味わい、結婚当初は夫に「ぜったいにやりたくない仕事」とさえ言っていました。
でも結局いろいろあって、今はやっぱり親と同じ飲食業の道を進み、カフェの経営者となりました。
それはきっと、飲食業の素晴らしさもたくさん経験したからだと思います。

時代が大きく変わろうとしている今、飲食業とか小売業とか、そういう概念すら書き換わろうとしている今、さらにこれからどう生業”ナリワイ”を持ち、どう生きていくか、ひとつのヒントになりました。
藤崎氏が運営しているKitchHikeのサービスは、一見外食サービスのように見えますが、それとはまったく異なるものです。
「食を通じて人が出会う仕組みを作り、出会った人たちが食卓を囲んで仲良くなる。」

私たちが運営するCoquetteは、カフェですが+雑貨店でもあります。
そして、カフェ+雑貨店にとどまらない概念のお店になっていきたいと思っています。
まだきちんとまとまりきってはいませんが、ビジョンはあります。
それはまた後日の投稿にて。

叩くべきは木魚ではなくエンターキー。お寺生まれのCTOが出家と家出の狭間で、ついに見つけた自分がやるべきこと。

https://www.wantedly.com/companies/kitchhike/employee_interviews/51265
より引用

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット

大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00
#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

この夏、旅はCoquetteへ

お盆は通常通り営業いたします。
営業時間は11:00~17:00。
野菜づくしのおばんざいランチ「本日のごはん~立秋~」は月~木曜日限定。
ランチタイムは11:30~14:00(無くなり次第終了)です。
数に限りがございますのでご予約がおすすめです。
焼きたてワッフルや自家製ドリンクなどは、毎日ございます。

今年の夏は本当に暑いですね~。
ここ大分県中津市もめちゃくちゃ暑いです。
こんな暑い日はCoquetteの自家製サワードリンクです!
Coquetteのサワードリンクは、お酢ベースの自家製ドリンク。
季節のサワードリンクは、ちょうど今旬真っ盛りの
「信州長野産生あんず」です。
おすすめは豆乳割り。
炭酸割りもすっきりして美味しいですよ~。
クエン酸の力で夏の疲れを吹っ飛ばそう!

毎日暑い日が続きますが、体調を崩されませんように。
今年もスタッフ一同、皆様の元気なお顔を拝見できるのを楽しみにお待ちしております。

 

#セラーメイトの保存瓶
漬ける系のお料理にはだんぜんおすすめの優れモノ、日本製密封瓶です。

今年の梅シロップは、ランチ「本日のごはん~立秋~」のデザートになりました。

 

ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット
大分県中津市京町1484-6
Tel. 0979-22-8234
(金曜定休+不定休)
営業時間 11:00~17:00

#カフェのこと・暮らしの道具のこと

※ 中津城から徒歩1分
周辺に市営駐車場(無料)が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。