八田亨 三島手飯椀 茶碗

八田亨氏は、土の可能性を追求し、土味にこだわり、粉引き・三島を作る。

男気が香るような力のある三島は、風格がありきわめて個性的。

土肌の黒色は光を浴びて銀色にも見え、豊かな表情に盛り付けのイメージが尽きない。

DEAN&DELUCAうつわ企画に選出されるなど、今最も注目される陶芸作家のひとり。

八田亨 三島手飯椀 茶碗

三島手飯椀
【商品詳細】
サイズ (約)φ115mm×高70mm
重量  (約)190g
作家  八田亨
Made in Japan
※寸法・重量はおよそのサイズです。φ5mm前後の個体差があります。

【ご購入前にご確認ください】

八田亨氏の作品は、使用する粘土が原土に近く、その土に含まれる鉄分やマンガンが作用し、器の表面に小さな穴が入るものがございます。
また釉薬の飛び・剥がれ、亀裂のようなものが見られる場合がございます。
それらは土味、焼味にこだわる八田氏の表現方法で、ご使用には問題ございません。
作品到着後にそれらの存在の有無による返品・交換には対応致しかねます。
ご購入の際は予めご理解、ご了承下さいますようお願いもうしあげます。


【作家紹介】

八田亨

八田 亨 Toru Hatta

1977 石川県金沢市出身
2000 大阪産業大学工学部環境デザイン学科卒業
舞洲陶芸館研修生(~2001)
日本クラフト展 入選
2002 朝日現代クラフト展 入選
朝日陶芸展 入選
2003 大阪府堺市で独立
2004 穴窯築窯
2005 朝日現代クラフト展 入選
2008 クラフトフェア「灯しびとの集い」を
有志数名にて立ち上げる
2009 初個展(wad・大阪)
2015 村木雄児氏と三島二人展(うつわ祥見・鎌倉)
2018 台湾にて初個展(小器藝廊 xiaoqi+g)
灯しびとの集い実行委員会会長に就任
2019 CIBONE (東京・青山)にて、個展「ダイナミズム」開催
2020 桃居にて初個展

器/八田亨/三島手飯椀/茶碗

価格: ¥4,500 (税込 ¥4,950)
[ポイント還元 49ポイント~]
数量:
在庫購入
# 01
# 02×
# 03×
# 04×
# 05

返品についての詳細はこちら

twitter

この商品を買った人はこんな商品も買っています

日本の原風景のような農村にある暮らしの中で、実際に使って心から良いと思った暮らしの道具を全国へお届けしています。
きちんと作られたもので長く使えるもの、デザインの普遍的な美しさにもこだわっています。
築約100年の伝統的古民家のショップ&カフェにて皆様のお越しをお待ちしています。


新型コロナウイルス対策について


お客様の声
 
新入荷 
 
再入荷
 
かなる舎 インタビュー
 
かなる舎とは
 
サイドバナー コケットオリジナル
 
スタッフ募集暮らすように働く

カレンダー
  • 今日
  • 発送業務休み
  • 店舗定休日

Cafe Coquette ランチはご予約のみです。
前日までにお電話くださいませ。
Tel:079-678-1716

ページトップへ