よみものコンテンツ

リネン製品の特徴と洗濯方法について

リネン バナー


リネン製品(麻素材)の特徴と洗濯方法についてまとめました。

お買い求めいただいたリネン製品を長く大切にお使いいただくための参考にしていただけたらと思います。





リネンは天然素材の中でも特に丈夫で水にぬれると強さを増す特徴をもつ繊維です。

吸水性、発散性は綿素材のおよそ4倍。

水にぬれると、さらに強度は約60%ほど高くなるといわれています。

繊維の中が中空になっていて、吸水性、発散性に優れ、乾きが早いのが特徴です。

また繊維のなかに雑菌をためにくいので、清潔にお使い頂けます。

はじめはパリッとしてハリのある感触ですが、何度か洗ううちに柔らかくなってきて、そして次第にくたっとした感じに変化します。

リネン100%のものは、材質的に5%~10%ほど縮みます。



リネンは繊維自体が丈夫という利点があるのですが、シワになりやすく毛羽が立ちやすいという欠点があります。

とくに刺繍地のキッチンクロス

「fog linen work/リネンガーゼクロス 刺繍地 ナチュラル」

などは、毛羽が立ちやすい商品です。

「LAPUAN KANKURIT/ラプアンカンクリ/KASTE/リネンタオル/grey-white」

などのウォッシュドリネン製品は、初めから柔らかくさらっとした風合いです。

おろしたてのリネンも使い込んで柔らかくなったリネンも、どちらもそれぞれの風合いがあって素敵です。






【1】洗濯機 OK です。

リネン製品は洗濯機で普段通りにお洗濯できます。

中性洗剤で洗って頂けます。

市販の中性洗剤のおしゃれ着洗いもおすすめです。

ただし蛍光増白剤入りの洗剤をご使用になりますと色ムラの原因になりますのでご注意ください。





【2】乾燥機 NG です。

乾燥機をご使用になったり、お湯でお洗濯されますと生地が縮んでしましますのでお控え下さい。


【3】脱水ナシでも OK です。

シワがつく一番の原因は「絞りジワ」です。

リネンは速乾性に優れていますので、脱水機にかけるほど絞らなくてもしっかり乾かせます。

「濡れ干し」がおすすめですが、ぼたぼたと水滴が落ちるのも厄介ですので、その際は、できれば脱水は、軽めのコースをお選びいただくのがおすすめです。

脱水の後、生地をパンパンと引っ張って伸ばしてから干してください。

自然な風合いがお好みの場合は、ノーアイロンで。

洗い上がりの濡れた生地にアイロンをかけると、ピシッと決まります。


【4】材質的に、色落ち・縮みがあります。

濃い色の生地は色落ちしますので、なるべく最初の数回は白いものと分けて洗って下さい。

初めて水を通すと5%~10%ほど縮みます。



関連商品


リンクバナー フォグリネンへ
フォグリネンワーク リトアニアリネンが人気の日本のブランド。生地から縫製までリトアニアでオリジナル製品を制作している。


リンクバナー ラプアンカンクリへ
ラプアンカンクリ マスターオブリネンの称号を持つ上質なリネン製品を多く取り扱うフィンランドの老舗テキスタイルメーカー


九州のはしっこで。
カフェと日用品。

焼きたてワッフルとおばんざいランチ、家族の健康を支えた自家製サワードリンク。
そして、実際に使って心から良いと思った暮らしの道具を。


 
サイドバナー ブランド一覧

正規販売店 バナー
正規販売店 バナー

スタッフ募集 メディア紹介コケット 中津市 カフェ 雑貨 

カレンダー
  • 今日
  • 発送業務のお休み

【発送業務のお休み】

2/26午後~3/3のご購入は、3/4の発送となります。

【カフェのお休み】

2/27~3/2の期間、機器メンテナンスのためお休みいたします。

※定休日は毎週金曜日です。営業時間/11:00~17:00



カフェの臨時休業は、Facebook、Twitterでお知らせします。



バナー Facebook
バナー インスタグラム
バナー Twitter
モバイルサイト

ページトップへ