私たちのフィーカ

大分県に移住して感じたカルチャーショックの一つですが、ご近所さんは男女問わずお酒好きが多い。
九州だから?大分県だから?(いい焼酎がありますね)
夫婦で晩酌っていうのもよく聞きます。
いいですよね~、憧れます。
私たち夫婦は、お互いまったくお酒が飲めない下戸どおし。
ケンカしてもお酒のチカラで仲直り~なんていう魔法も効かないので、ちょっとやっかい。(笑)
けれど、最近見つけた小さな魔法。
朝、仕事をはじめる前のほんのひと時、ふたりで温かい珈琲を飲むのです。
仕事前ですから、ゆっくりドリップしている時間もないので、もっぱらインスタントなのですが、このちょっとした珈琲タイムが私たちのリレーションによいバランスをもたらしてくれています。
これこそ、スウェーデンの人々がいう「フィーカ」でしょうか。
いわゆる珈琲ブレイクのように、ちょっと疲れたから珈琲でも飲んで休もうか、ではなく、珈琲を飲むことでより良い関係性やつながりを作りましょうというのが、フィーカなのだそうです。
たんなる場の切り替えや休憩ではなく、関係性を重んじる。
スウェーデンの人々にとって誰かと珈琲を飲むことは、暮らしの中の大切なことの一つなのだそうです。
私たちにとっても、朝、珈琲を飲むことは大切な暮らしの一部になりました。
時には、しっかりドリップしてお店の珈琲の味を確かめたり、そのまま新メニューの話題になったりして、喧々諤々の大議論に発展することもあるのですが、それもまた私たちらしいフィーカなのかなと思ったりもするのです。

#北欧のケトル OPA/Mari

「ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット」
大分県中津市京町1484-6
0979-22-8234
(金曜定休+不定休)

カフェのこと https://peraichi.com/landing_pages/view/cafecoquette

暮らしの道具のこと http://kurashi-coquette.jp/

※ 中津城から徒歩1分
周辺に無料市営駐車場が多数あります。
カーナビで表示されない場合は、中津城を目安にお越しください。
迷った場合は、遠慮なくお電話を。

人生はクローズアップで見ると悲劇だが、ロングショットでは喜劇だ。

人生はクローズアップで見ると悲劇だが、ロングショットでは喜劇だ
~チャーリー・チャップリン~

昨日、とうとう夫に言ってしまった。
「あなたのことがストレスです。」
コケット名物の夫婦喧嘩ぼっ発の瞬間!
かと思いきや、もうそれはそれは穏やかに話し合った。
いつもなら売り言葉に買い言葉で、
「なんだと~!〇%☆#&!!」
「あんたこそ〇%☆#&!!」
となるのだが、こんなところで言うのもなんだが、夫はとても優しい人なのだ。
私の本気の訴えにひたすら紳士的に聞いてくれた。

夫はこだわりが強い、だからこそお店のことも細部にまで神経を配ってこだわり抜いて作り込める。
家事も育児も積極的どころか主導的に関わってくれる。
本当にありがたい。
けれど、いつしかそれが私のストレスになってしまっていた。

昨日は、落ち着いて穏やかに話し合って、最後はお互いに笑いあっていた。
夫婦はもともと他人なのだから、生い立ちも違えば考え方や物事のとらえ方も違う。
違うことがいいところだったのが、いつの間にか違うことが苦痛になってしまう。
そして、だんだん相手がモンスターのように見えてくる。
そうなってしまうともう悲劇です。
違うことはいいことなんだから、お互いにこんなにも違うよねって笑って話そう。
お互いの変てこさを笑おう。
「あんたってめっちゃ変やわあ(笑)」
「お前こそめっちゃ変やぞ~(笑)」
こっちのほうがなんか楽しい。
どうせこの世はへんてこりんの集まりなんやから。

こんなオモロイ夫婦がやっとります。
カフェコケットを今後ともどうぞよろしく。