リノベーション継続中

建築家さんはどなたですか?
どこの建築会社に頼まれたのですか?
お客様によく聞かれるのですが、じつは建物のデザインは自分たちで考えました。
建築のスキルは全くないので、もちろん建てるのは大工さんにお願いしました。
とにかく予算もないので、私たちの思いを大工さんに伝えて、それをその都度その場で大工さんが形にしてくれる。
ちょっと不思議といえば不思議な作り方だったかもしれません。
そんなふうだから図面もありません。
予定とか工程とかも特になし(笑)
大工「洗面所どうする?明日から手つけるけど?」
高橋「じゃあ、ここをこうしてほしいんですけど…」
そんな具合ですべてが進む。
私たちはちょっとシャビーな感じにしたくて、雑誌の切り抜きとかを見せてこんな感じにして欲しいですと頼む。
こっちはイメージ先行なので、古民家だったり海外のリノベーション系の写真がほとんど。
すると、大工さんは
「こんな仕事は職人の仕事じゃねえ。俺はこんな仕事はしねえ。」
なんてことになる。
あちゃ~、そうなのね、私たち素人にはそれが素人仕事なのかどうかさえさっぱり。
そうかあ、この写真はDIYだったのね…。
「こんな仕事して、ほかの職人に俺の仕事だと思われたくねえからさ。俺はやらねえ。」
う~ん、ごもっとも。
そんなことを言いながらでも、結局は私たちの想いをちゃんと形に仕上げてくれる。
しかも、雑誌の写真よりもはるかにちゃんとしたものに。
カウンターのタイルも洗面台の鏡も蛇口もドアノブも、大工さんが作れるもの以外はなんでも自分で調達した。
すごく大変だったけど、何かを作るっておもしろい。
あれから2年。
建物を作るというわけではないけど、これからもコケットはどんどん変わり続けると思います。
よりコケットらしさにこだわったお店にリノベーションしていきます。
どうぞ変わるコケットを楽しんでください。

人生はクローズアップで見ると悲劇だが、ロングショットでは喜劇だ。

人生はクローズアップで見ると悲劇だが、ロングショットでは喜劇だ
~チャーリー・チャップリン~

昨日、とうとう夫に言ってしまった。
「あなたのことがストレスです。」
コケット名物の夫婦喧嘩ぼっ発の瞬間!
かと思いきや、もうそれはそれは穏やかに話し合った。
いつもなら売り言葉に買い言葉で、
「なんだと~!〇%☆#&!!」
「あんたこそ〇%☆#&!!」
となるのだが、こんなところで言うのもなんだが、夫はとても優しい人なのだ。
私の本気の訴えにひたすら紳士的に聞いてくれた。

夫はこだわりが強い、だからこそお店のことも細部にまで神経を配ってこだわり抜いて作り込める。
家事も育児も積極的どころか主導的に関わってくれる。
本当にありがたい。
けれど、いつしかそれが私のストレスになってしまっていた。

昨日は、落ち着いて穏やかに話し合って、最後はお互いに笑いあっていた。
夫婦はもともと他人なのだから、生い立ちも違えば考え方や物事のとらえ方も違う。
違うことがいいところだったのが、いつの間にか違うことが苦痛になってしまう。
そして、だんだん相手がモンスターのように見えてくる。
そうなってしまうともう悲劇です。
違うことはいいことなんだから、お互いにこんなにも違うよねって笑って話そう。
お互いの変てこさを笑おう。
「あんたってめっちゃ変やわあ(笑)」
「お前こそめっちゃ変やぞ~(笑)」
こっちのほうがなんか楽しい。
どうせこの世はへんてこりんの集まりなんやから。

こんなオモロイ夫婦がやっとります。
カフェコケットを今後ともどうぞよろしく。

水が美味しくなる、銅の薬缶ってどうよ?

昔、近所に住んでいて、料理とお酒が大好きで台所道具なども何かとこだわって揃えているおばさんがいました。
そのおばさんは、いつも銅製の薬缶を愛用していました。
「この薬缶に水を入れて一晩寝かせて置いて、翌朝この薬缶から注いだお水でお茶を飲んだり料理したりするのよ。
カルキが抜けてとってもまろやかに味になるの。」
そういって飲ませてくれた薬缶のお水は、うちと同じ水道から出て来たとは思えないほど、まろやかで美味しいお水でした。

ただ薬缶に水を入れて置いておくだけで、水がこんなにおいしくなるなんて!

あれ以来、ずっと銅の薬缶には憧れがありました。
銅は、除菌・抗菌作用に優れ、塩素分解の効果があります。
つまり、体にやさしく美味しい湯を沸かすやかんにはもってこいなのです。
銅は、はじめは赤金色でぴかぴかに輝いているのですが、使い込むうちに飴色に深みが増してくる。
その経年変化がまたいいのです。

暮らしの道具は、いっしょに生活を紡ぐ家族のような存在。
日々、愛用の道具たちに暮らしが刻まれてゆく。
なんて素敵なことだろうと思うのです。

#東屋/銅之薬缶

 

おひつ生活、はじめました。

おひつ生活はじめました。
えぇ~おひつぅ?!いまどき、おひつぅ~?
はいはい、聞こえます。聞こえない声がいっぱい聞こえます。
それが案外、やってみたら簡単で、そして体にもいい!

なにやら、冷やご飯になると、温かいご飯に比べて随分カロリーオフになるんだとか。
そして重要なのが「糖質オフ」
ご飯の糖質が、冷やご飯になると「レジスタントスターチ」という「吸収されにくい糖質」に変化するのだそうです。
最近、じわじわ話題になっているので、もうやってるよという方もいるかもしれませんね。
私もずっと気になってました。
このところずっと、パソコンを使うお仕事が続いているせいか、運動不足で体重増加が止まらんのです(笑)
そこで、冷やご飯を美味しく食べられるナイスな日用品「おひつ」を使ってみることに。

おひつなんてテレビでしか見たことない。
”おしん”でしか見たことない。
”大根めし”しか見たことない。
かもしれないけど、現代の暮らしでもぜ~んぜん使える暮らしの道具でした。
陶器のお皿や丼で冷ました冷やご飯だとべちゃっとしてるくせに表面カピカピ。
でもおひつならうっそーな美味しさだったんです。
あぁ~美味しくってますます食べちゃいそう。いかん、いかん(^-^;

#我が家の簡単おひつ生活。東屋のおひつ「木曽さわら」3合

やって来ました!あの季節。

今年こそ!と思っている方に朗報です。
あのLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のポケットショール、10月中旬に入荷予定です。
毎年、あっという間に売り切れる人気商品なので、待ってました!という方も多いかもしれません。
大丈夫、安心してください。今年は大幅に増量して入荷予定、そして新色も!

厚すぎず薄すぎず、さっと羽織るのにちょうどいいサイズ感。
なのにちゃんと温かいなんて。

一番人気は、こちらのMARIA。
さっと羽織る手軽さなのに、おしゃれに決めてくれるんですよね。

今年は、UNIも入荷。
新色のBlueberryは、鮮やかな色合いで顔色をよりよく見せてくれそう。
シンプルな着こなしにおすすめです。

それでもやっぱり人気のLAPUAN KANKURIT ポケットショールなので、なくなり次第ごめんなさいなのです。

下記リンクの公式サイトはもちろん。
お電話、SNS、メールでもご予約受付しています。
気になるかたはお早めに。

** 九州の片田舎にひっそり佇む小さなカフェ **
「ごはんとおやつと暮らしの道具店コケット」

大分県中津市 中津城から徒歩1分 市営無料P多数あり

電話:0979-22-8234
メールアドレス:shopmaster@kurashi-coquette.jp

ついに、夫がやらかしました。

ついに、マスター(夫)がやらかしました。

もしかしたら、いつかこんな日が来るんじゃないかと心配はしつつ、とはいえ100%避けられるものではないのかもと薄々覚悟していたことなのですが・・・。

とうとうやってしまいました。

ネット注文いただいた商品の在庫が、無かったのです!

しかも、その数日前に同じ商品の注文があり、在庫チェックをしたばかりだというのに。
在庫管理と梱包・発送は、夫の担当。
夫いわく「単純な数量確認ミス」

常々、在庫ミスだけは避けたいと在庫数の確認は合言葉のようになっていたのだが、とうとうやってしまいました。
現在、ネット注文に関してはほぼ夫婦ふたりだけでやっているので、あうんの呼吸というか、言わなくてもそれぞれが責任をもって自分の仕事を全うしている。
他人のスタッフなら経営者としての責任があるから、細かく指示も出すしチェックもする。

だけど、夫婦だとそこがちょっと難しい。
細かく口出しすると、逆にそれがストレスになるし、やりすぎると私生活にまで支障を及ぼしてしまう。

もう、そこは信頼の一言、それしかないのだ。

お互いの仕事の領域にはあまり口出しせず、それぞれが真摯に仕事に向かう。一番スムーズに円滑に仕事が進むやり方だった。でも今回は、逆に夫婦であることの弊害が出てしまったかもしれない。言わなくてもわかる。
それはいいことなんだけど、ミスが起きても、それも円滑にスルーしてしまう。やっぱり、分かっていてもお互いに声掛け合うって大事です。

「声出していこう!」
また新しい合言葉がうまれた。
部活みたいで楽しくなった(笑)

今回はメーカーに交渉してすぐ補充できて、お客様のお届け希望日にも間に合ったから良かったものの、こういうことは二度と起きないようにとしっかり話し合いました。
その中で、いくつかの改善策も見えました。
失敗を繰り返しちょっとずつホンモノに近づいていく。
そう信じて、また明日も頑張ろう。