由布院へ

 
カフェをオープンして以来、家族で出かけることが出来なくなった。
何かを始めるって大変なことだ。
それが、家族を支える仕事となると並たいていのことではない。
父親も母親も仕事に追われ、何かと我慢することが多い兄妹を不憫に思う。
せめてもの思いで、年に一度だけ家族旅行をすることに決めた。
今回は二年目の家族旅行。
旅行先は久住高原だったけど、その話はまた後日するとして、今回その帰り道に、久しぶりに家族で由布院に立ち寄った。
由布院へ行くと、必ず行くところがある。
いや、私たちにとって由布院へ行く理由はそこへ行くためであり、他のどこへも寄らない。
マスター(夫)が若い頃お世話になった亀の井別荘へ。
観光客でひしめき合う通りを抜けて、こんもりとした林の中へ。
橋を渡ると別世界だ。
茅葺屋根の建物や江戸時代から続く酒蔵が木立のなかに佇んでいる。
夫にとってここは、修行の場であり、男子から青年への時を刻んだ思い出の地だ。
九州に移住して以来、何度か訪れている。
馴染みの顔がだんだん少なくなっているのは少し寂しいけれど、夫にとってここは特別な場所。
カフェコケットにとっても、いろんな影響を頂いて、来るたびに勉強させてもらっている。
私(妻)は、ここに来ていつも思うことは、お客様の表情がとても素敵なこと。
カフェコケットとは、ステージ(舞台)の規模がまったく違うけれど、コケットのお客様にも同じような表情をしてもらえるように、日々努力を重ねています。
お客さまの笑顔のために・・・
なんて、なんだか嘘くさいキャッチコピーみたいだけど、でも正直、私にとってそれが一番の喜びなのです。
充電完了!さあ、明日からまた頑張るぞ!

変わるって悪いこと?

 

変わるって悪いこと?
いいや、変わるっていいことだ!
よりよくなろうとして変わることは、いいことだ。
コケットも開店してまだ2年もたたないけれど、いろいろ変わった。
それはもちろん、お客様にとってより良いと思うほうへ舵を切ったからだ。
けれど、大事な軸になる部分は変えていない。
「大人の女性がほっと安らげるオアシスのような優しい空間」
コケットは、空間を大事にしている。
そこは変えられないこだわり。
そして、「心と体に優しい」ということ。
それは、マクロビオティックだったり無添加無農薬だったり、と考えがちだけど、
そこもそんなにストイックではない。
そこをストイックにやるのは、必要な人が自分のためにやる分にはいいことだと思う。
けれど、コケットはカフェ。
多くの人々に楽しんでもらいたい場所だから、ストイックに体にいいものをというよりも、
心と体に悪いモノは取り入れない、ただそれだけ。
これからもコケットは変り続けます。
2015年秋、5種類のワッフルと数種類のドリンクだけのカフェからはじめました。
2017年、ワッフルは13種類、心と体に良い自家製ドリンクは18種類。
ランチもあります。(ランチは今ちょっとお休みしていますがもうすぐ再開します)
暮らしをちょっと楽しくしてくれる雑貨もあります。
雑貨はインターネットで購入もできます。
お客様により楽しんでいただけるお店へ。
変わっていく様を皆さんどうか楽しんでください。

OPA/オパのケトル

 

カフェコケットの愛用品で、オパのケトルというものがある。
マスター(夫)が「珈琲ドリップにも十分つかえるよ。」というのでやってみた。
たしかに、注ぎ口から出るお湯の分量を手元で調節しながら注ぐことで、ドリップポットとしても充分使える。
なにより、私がこのOPAのケトルを愛用している理由は、使い心地の良さ。
暮らしの道具って、毎日のように使うものだから、手なじみの良さだったり、使い勝手の良さが何より大切だと思う。
弘法大師ともなれば筆を選ばずでよいのだろうけど、凡人の私は道具に助けてもってやっと(笑)
このケトル、持ち手のところが四角くなっていて、握力の弱い私には滑りにくくて安心感がある。
持ち手もステンレスで出来ているのだけど、沸騰させたケトルでも素手で持てる。
それに、お湯を注いだときの注ぎ口から出るお湯の出方が、なんとも気持ちがいい。
言葉で表現するのは難しいけれど、お湯が可もなく不可もなくちょうどいい分量でストーンと出てくる様がなんとも気持ちがいい。
この「気持ちがいい」という感覚、私たちが暮らしの道具を選ぶときに大事にしている感覚です。
デザインの気持ちよさはもちろんだけど、道具だから使ってなんぼ。
使いごこちの良い道具って、使って行くうちに愛着もわくし、より大切に使うようになる。
良い道具に囲まれて暮らすと、暮らしそのものを大切に丁寧に暮らすようになる。
良い循環が生まれるのかなと思うのです。
丁寧な暮らし。
憧れでもあるし、心掛けているのだけど、ついつい流されたりもしちゃうんですよね。
そこを心地よい道具たちに支えられているかなあって、思います。

美容と健康のお手伝い

 

今日は、なぜかサワードリンクのことをよく聞かれる。
今日だけでなく、ここ最近とくにお問い合わせが多いです。
作り方とかいろいろ・・・。
なので今日はサワードリンクのことを少しだけ。
コケットでは、りんご酢に果実をたっぷり漬け込んで熟成させて、それをサワー酵素ドリンクとして提供しています。
この自家製サワードリンクのことを自家製サワー酵素ドリンクといっています。
なぜかっていうと、サワードリンクっていうと「お酒入ってるんですか?」って言葉か返ってくるから(笑)
焼酎割りとかのイメージが強いみたい。
この自家製ドリンク、ベースがりんご酢なので飲みやすいし、豆乳で割ると飲むヨーグルトみたいな感じで、逆に豆乳が苦手っていう人にも好評なんです。
おすすめは?ってよく聞かれるんですが、これが一番答えにくい質問。
ベタな答えなんだけど、ぜんぶおすすめです。
でもそれぞれに一応効果効能に違いはあるかなと思うので、効果効能で選ぶのが一番のおすすめかな。
それと、お通じが気になる人には特におすすめかもしれません。
西洋すもも&れもんの豆乳割りなんて、整腸作用とか美肌とか女性の気になるところにケアー満載ですから。
それに豆乳のおかげでりんご酢の酸味もまろやかになって、口当たりがいいんですよ~。
このドリンクはもともとお店をはじめる前から家族で作って飲んでいたドリンクなので、健康のベースを支えてもらっている我が家の食です。